政治による影響がでつつある転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理による現政権によっ・・

退職|最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

  • 近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。今の安倍政権では、アベノミクス「三本の矢」といった新たな経済政策を次々に打ち出し、内閣が打ち出した新たな経済政策ともに日銀による「金融政策」と相まって、財界・企業ともに今までにない変化が具現化されてきています。そういった変化が加わったことで、民間企業のあいだでも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「働き手が足りないこと」が社会では大きな問題となっています。また最近では、「外国人の労働者」の割合を現状よりも増やしていく、であると現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、こういった変化によって、国内の雇用や転職状況にも、大きく変わっていくはずです。

    新卒採用で入った会社にさよならをして悩んだ結果、転職しました。

  • 新卒で入社した会社を辞めて、思い切って転職すると決めました。退職したときは、1人で悩み、辛い気持ちでした。社会人になって数年後には仕事を辞めて、中途採用で働いている人が大多数だと転職活動を通して知り、自然と悩みが消え、気が楽になりました。転職を経験したことにより不思議と肩の荷が下りたかのような気分になり、「自分のやりたいこと」を見つけることが毎日が見違えるように変化しました。いまだに「続けてこその仕事」というような転職を否定する意見もありますが、それが正しいのかなと感じました。私自身、転職を決断して後悔はありません。

    転職のための面接に転職したい会社へ訪ねました。

  • 転職のための面接を受けに希望先の会社へ赴きました。会社内の面接をする部屋がすべて他の客でつまっているということで社外で面接をする方と待ち合わせて面接が行われ、当該会場で解散し、面接担当者も会社に寄ることなく自宅直帰されるとのことだったわけですが、偶然にも自宅最寄駅が私と同じ。ですから電車の中においても面接官とずっとお話をしながら帰宅することになり、打ち解け面接より話が弾み、それが功を奏したからなのか運良く採用を勝ち取りました。

    大好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意です。

  • 大好き、を仕事にしたいと思っている方は注意した方が良いです。これは、私の体験に基づいたことなるのですが、私は、食べることが好きだったのですが、それが高じて料理店に勤めていたことがあります。その飲食店での業務内容は、そのレストランで私が担当していた業務内容は、盛り付け作業やホール業務です。この業務内容に関しては、嫌なこともなく楽しかったのですが、人間関係のいざこざですごく嫌になってしまいました。そのことが引き金になって、退職する羽目になったのですが、同時に、大好きだった食べることやそのレストランで提供されていた食べ物さえも嫌になってしまい、同ジャンルの飲食店にはしばらく経った現在も行くことができません。当時の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。仕事に就いた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、実現させることは本当に素敵なことだとは思います。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり自分と向き合う必要があります。

    退職と転職を繰り返す日々を止めるためにすることは一つだけです。

  • 退職と転職を度々しないための対策が一つだけあります。スキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。現在はネットもあるので、メンタル面を鍛えるのには良い情報は容易に知ることができます。また、転職とは全然違う行動でも、精神面は強化できます。何かと言うとズバリ「海外旅行」です。外国は、生活様式、言語、文化など、違うことばかりなので、とにかく刺激が山ほどあるのです。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。帰国すると、己の視野の狭さを実感し、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。この状態のまま(転職のための)面接に向かえば、これまでとは違って自信満々に自己アピールができるはず。ただ、退職して間もない頃は精神的にまいっている人も多いのでよく休むようにしましょう。

    『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自身の意志が抑えられないくらい強いものであるな・・

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人で自身の意志が固いならば辞職したいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜかというと、そのときに曖昧な表現をしていると、言いくるめられる可能性が高いので要注意です。実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、結果的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞職することを最初に直属に上司に話した時は年度末、実際では数ヶ月働くことになり、退職出来たのはこの年の11月です。本音は仕事の落ち着いた年度末を退職のタイミングと考えていたのに、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。職場側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、心底以前にも増して失望しました。

    転職の際に欠かせない採用面接でのしてはいけないのは採用を勝ち取りたいあまり過度に…

  • 転職のための会社の面接に関して、よく思い違いがあるのですが採用を勝ち取りたいあまり露骨なまでの猫をかぶることは予想に反して逆効果になる可能性があります。ですから、思い切って面接時は、「ボーナス」など、多くの人がかなり質問しづらい内容を勇気を持って尋ねておくと、最終的に自身のためにもなります。意外に思うかもしれませんが、「面接の段階でずけずけと質問をすると、面接結果に落とされてしまうのでは?」と気にする人もいるかもしれません。けれど、意外なことに、マイナスの結果をもたらす場合が多いようです。このような「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、実のところ、多くの人が知りたいと思っています。しかしながら、多数の人が気を遣い大半の人が質問を躊躇しています。しかしながら、あなたが勇気を出して質問をすることで、「こいつは他と違う」ということで自己アピールになるのです。

    今現在の自らの職場や仕事内容に対して、不服に思っていることの中に、…

  • 現在の自身の職場・業務内容について何かしらの不満を感じることがあるはずです。「自身のスキルや仕事での能力を正当に評価されていない」または、「報酬アップもないし、将来的な昇進もまったく期待できない」といった内容が多いように見受けられます。ですが、その手の不満を持っている人の一部には、本人が自分自身の持っている力量を実際よりも過大評価していることが多かったりします。仮に、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と就職するまでの期間が長くなることになりかねません。おそれがあるので、注意が必要です。ですから再就職を円滑に行うためには、実際の自分のキャパシティを多少厳しい目で自己分析してみてください。

    女性の転職については、数年前と今日とでは若干、変化が見受けられます。

  • 女性が再就職する際、今現在と一昔前では若干、違いがあります。前は面接の際に会社側から、結婚の予定や出産後の考え方などについて、普通に女性に質問していました。ところが、今現在の流れとしては、そういった内容は「セクハラ」に該当しかねないために、質問をしない会社が一般化しつつあります。また、世間に名の知れた大企業の場合は、タブーとして露骨に避けるようになっています。が実際、企業側は、〇か×ではなく、その人の人生観、結婚した後も働きたい、出産後の具体的な予定を知っておきたいとは思っているものです。自分の考えを伝えるためにも、自己ピーアールや志望した動機と併せて話すことで相手側の疑問も解消できると考えます。ですから、たとえ、聞かれていない箇所についても、こちらから会社にとっては必要な情報と捉え、答えてみると良いでしょう。

    転身したいなら、労を惜しまずに様々な会社の募集案内を定期的にチェックしておけば…

  • 転身しようと思っているならこまめに多様な会社の情報を調べたり比較したりしておくと転身先の選択をするときに役立ちます。現在の仕事にやりがいを感じられないと思っているケースでは、いざ転職活動を開始した時、どこの会社も魅力的に思えてしまいます。そうなると、どこに決めればいいのか、選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、会社選びに失敗してしまいます。それゆえに、短期間で不満が募ってしまうこともあるので前もって会社を見る目を養っておくべきなのです。転職したい会社の雇用面だけを見るのではなく、転職したい会社の取引している会社を見るのがオススメです。透明性を重んじる会社は取引している会社の情報を公開していますし、逆にそういった会社ではない場合、宣伝ばかりなので覚えておきましょう。また、企業によっては、個人グループに入っているものもあるので、グループ名をチェックをすると細かい所もチェックできます。

    退職|再就職における面接などに関して面接担当者に名刺を差し出された場…

  • 再就職の時の面接などの際にもし名刺を渡された時、こちらとしても名刺を相手側に渡した方が良いのか?と悩んだら、大方は差し出す必要はないと思っておきましょう。転職のための面接においては仕事ではなく、採用活動内のことなのです。ですから大方は名刺をやりとりする時間ではありません。加えて、会社の者としてその場にいるのではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。ですから、もしも相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちら側はもらうだけでよくて、面接担当者に相手側にあげることはまったくないと考えます。

    会社が原因で回復が難しいほど心的にとても苦しくなってしまい、…

  • 仕事のなかで精神的な負担が増え、転職を考えざるを得ない状況となったなら、そんな時は、職場の人に相談するよりも身内などの近しい存在の人と相談しながら退職するかどうか判断した方が良いです。それは、仕事をするのは当事者であるあなた自身ではありますが、同時に家族の問題でもあるのです。毎月、納得のいく給料がいいとしても、精神面がボロボロになるまで延々と働くのは良い状況とはいえません。近年は、働きやすさが優先で前提にする生き方が尊重される社会です。あなたの身内や、あなたの心と体も大切にしましょう。

    退職|転職しようと考えている会社で見学などがあるととても勉強になります。

  • 転職候補に挙がっている会社で会社見学などがあるとたいへん勉強になります。その中でも、「職人」のいる会社なら、スキルを近くで見られるため、楽しめます。しかし、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者にはほとんどの場合、本来の働き方を見せてくれないのが特徴です。もっとも顕著なのは、ずばり、ブルーワーカーなどの業種です。この分野では、個人のプライドが強いので実際に入社しないと、本来の姿はみえません。そのため、会社見学で見たものを仕事内容だと解釈しないことがたいへん重要なのです。ましてや、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社は、問題があるので注意しておいた方が良いです。入社すらしてない人には仮にケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保証はありません。仕事体験を勧められても丁寧に断るとこが大切です。

    転職活動を現在の仕事と並行している人は少なくありません。

  • 転職活動を現在の仕事と同時に行っている人が多いです。しかしながら、仕事を行いながら求人情報を調べながら応募したり、面接に臨むのは心身ともに負担がかかるといえるでしょう。それを同僚や上司に隠す必要があります。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、仮に、書類選考が通ってしまい、いざ面接というときに辞退すると面倒な事になるかもしれません。エージェントを使っていた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、そうではなく自身でダイレクトに応募した場合も相手企業から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにしても自分の貴重な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と理解しておく必要があります。

    転職をするなら、もちろん仕事におけるやりがいのアップと共に…

  • 転職先を探すとき、仕事におけるやりがいのアップと共にそれにとどまらず収入が上がることも大事なポイントになるので「年収比較サイト」に登録して事前に研究しています。全く同一の会社でしかも全く一緒の職種、経歴であるのに人によってずいぶんと違いがある場合も複数あり、正直に言えば面接の際質問したことがあります。面接をした人もそのサイトをチェックしていたようで「その高い年収で書いてるのは、書いた人物について誰だかだいたい予想できるのですが、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の収入だと覚悟しておいてください」とのことでした。

    転職サイトは知名度の高いサイトであるほど掲載量も多くなるため、…

  • 転職サイトは、大手であるほど掲載される案件が豊富なため、感じがよさそうな2つか3つの会社を、とりあえずウェブサイトに登録し、勤務地と年収条件程度の条件一致でさらに条件に合う求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと転職に関する情報収集が簡単になります。だとしても、最初だけは登録するのに少々労力を要するので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録を行う初回時、時間が少し掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は、新着案件のみ確認するだけで大丈夫なので、後のことを考えれば、最初の準備をきちんと行うことを心がけてください。