政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてです…

昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。

最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。今の安倍政権によって、アベノミクス「三本の矢」といった形で経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した経済政策共々日銀の金融政策との相乗効果によって、財界・民間企業側からも新しい社会的な変化が増えつつあります。それもあって企業サイドでも今度は労働人口減による「働き手が足りないこと」が社会問題として拡大しています。ちなみに「外国人労働者」の総数を高めていくつもりでいると現内閣は語っています。外国人労働者が増えることによって、雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって国内の雇用状況や転職事情も大きな影響が出てくるはずです。

新卒採用で入社しましたが、悩んだ結果、転職しました。

新卒採用で入った会社を辞めて、転職した経験があります。実際に行動する前は、かなり悩んでしまいました。ですが、会社を辞めて、中途採用の形式で働いている人が大半であると転職活動をしていく中で気づき、無意識のうちに将来の不安が解消していきました。なにより1回でも転職をするとなにか肩の荷が下りたような感じがして、「自分のやりたいこと」を考えるのが楽しくなっていきました。いまだ「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」といったような転職を否定する意見もありますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私のケースでは転職を決断して良かったです。

転職のための面接に転職したい会社へ向かいました。

転職の面接に転職希望の会社へ訪ねました。会社にある部屋が空きがないというわけで会社の外で面接官と待ち合わせて面接をし、その場で解散ということになり、面接をした方も会社に帰らずそのまま自宅に帰るとのことでしたが、ビックリしたのは自宅の最寄駅が一緒だったのです。それで電車の中においても一緒に話をしながら帰宅することになり、おかけで緊張がほぐれ面接の時よりも話が弾み、それがプラスになったのか何事もなく採用を獲得することができました。

自分自身の大好き、を仕事にしたいという風に思っている人は要注意です。

得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は注意した方が良いです。私が実際に経験したことなるのですが、私自身、食べることが好きだったのですが、過去には、料理店(レストラン)で勤務していた時期があります。そのお店での業務は、その飲食店で任されていた仕事内容は、盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌なこともなく楽しみながら仕事ができていました。しかし、人間関係のいざこざですごく嫌になりました。そのことが引き金になって、職場を離れたのですが、それと同時に、大好きだった食べること、そしてその飲食店で扱われていた食べ物さえも嫌になり、その系列の店にはしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事に就いた頃は、好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、実現できるのは本当にステキだと思います。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり問いただした上で行動するべきです。

退職と転職を度々しないための方法が一つだけあります。

転社を繰り返さないために、ひとつだけ対策が必要です。スキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返しません。現在はインターネットがいつでも使えるので、メンタル面を鍛えるコツは満載になっています。そんな、時に転職以外の行動によっても、メンタル面を鍛えさせてくれます。その最たる例はズバリ「外国に行くこと」ですね。海外に行くと、生活様式、言語、文化など、違うことばかりなので、どの瞬間も勉強になります。なので、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。帰国すると、己の視野の狭さを実感し、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。この状態のまま面接に向かえば、これまでとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはずです。ですが、退職して間もない頃はメンタルが弱気になりやすいので、よく休むようにしましょう。

『なるべく早く転職をしたい』とおもっている方、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるな・・

『転職をしたい!』と考えていて、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいという旨をすぐに上司に言うべきです。ただし、ここでは曖昧な表現をするともしかすると高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、スンナリと受理されずに結局、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職する旨をはじめて直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、結果的には数ヶ月働くことになり、辞められたのはその年の11月です。本当ならは仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めたかったのに、希望通りには進みませんでした。やはり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員のを要望を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、心底呆れてしまいました。

転職の際に欠かせない面接で勘違いしている人が多いのです…

転職活動中の面接では、してはいけないのは採用をされたいあまり露骨なまでの猫かぶりをすることです。するとそれがそのまま採用を勝ち取れないこともあり得ます。ですから、思い切って面接の際は「産休」などの、普通ならかなり質問しにくい内容を勇気を出し訊いておいた方が、間違いなくあなたのためになります。意外に思うかもしれませんが、「そのような無神経なそのような質問をすることで最終的に不利になるのではないか」と気にする人もいるかもしれませんが、しかし、意外と面接官に良い印象を持ってもらえることは最終的には少なくないようです。このような労働環境やお金に関する内容は、実のところ、多くの人が知りたい内容なはずです。けれども、面接に応募した人たちの多くは、なかなか聞きづらいのも事実です。けれど、勇気を出し一歩踏み込めば「勇気のある人だな」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。

退職|今現在のあなたの仕事や業務に関して、大半の人は不満を感じていると思います。

今現在のあなたの職場・業務内容について多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自分のスキルや能力を真摯に評価してくれない」したがって、「報酬のアップも、将来的な昇格もまったく期待できない」といった点が多くを占めるでしょう。でも、そのように思う人の一部には自分の本当の実力を「過大評価」していることが少なくありません。万が一、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための求人がない」と転職がうまくいかないことになりかねません。可能性も少なくありません。なので転職活動で良い成果をあげるためにも、自身のスキルや能力を把握することが大切です。

女性の転職は、数年前と今現在とは若干、変化があるといいます。

女性が再就職する時、近年と一昔前では多少の違いがあったりします。前は面接の際に会社側から、結婚観や出産後の方針など、ごく一般的なこととして女性たちに質問していました。ですが、今は「セクハラ」として扱われるのを恐れ、聞かない企業、が増加傾向にあります。そしてまた、世間に名の知れた大きな会社の場合は、NG質問として神経質になっているといいます。でも、会社側は、はい・いいえ、といった形ではなく、その女性の姿勢結婚後も働きたい、出産後の具体的な予定を把握しておきたいとは思うはずです。あなたの将来設計をわかっておいてもらうためにも、志望した動機や自己PRの中に織り交ぜながら話すことで、企業側も考えがわかり、判断してもらいやすくなると考えられます。そういうわけで、聞かれてない箇所についても、こちらが先んじて気遣いつつ、答えておくとよいでしょう。

転身するつもりなら、労を惜しまずに多くの企業の情報を日常的に調べたり比較したりしてお・・

転職を予定しているのなら、小まめに色々な企業の募集案内を日頃からチェックしておくと再就職時の選択に役立ちます。あなたが今の仕事にやりがいを感じられないと思っている場合、転職活動する際に、どこの会社も魅力的に思えてしまいます。そうなったら、どの企業に決めればよいのか、判断できなくなり、判断を誤る可能性が高くなります。結果的にはごく短期間で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、どんな会社か見極める目を養っておくのがベストです。方法としては、転職したい会社の雇用面だけを見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」を見るのがオススメです。透明性ある良い企業は、取引している会社情報を開示していますし、逆にそういった企業ではない場合、広告宣伝ばかりに注力しがちなので、その点もチェックしてみましょう。また、会社によって個人グループに入っているものもあるので、グループの名前で中身を調べておくのも良いでしょう。

退職|転職の時の面接などの際に名刺を渡してきた時、こちら側も名刺を相・・

転職の時の面接などの際に面接担当者が名刺を渡してきた場合、同じように自分も名刺を差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と対応の仕方に悩んだときは、大体は渡す必要はないと覚えておきましょう。面接とは仕事の一環ではなく、職を得るための採用活動の一環なので、大体は名刺をやりとりする場ではありません。また、あなたは立場上会社の人としてその場にいるのではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。そういった訳で、もしも相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらとしては名刺を受け取るだけで問題なくて、担当者に相手にあげる必要性はまったくないと推測できるのです。

仕事のせいで回復が難しいほど精神的に厳しくなって、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、…

会社で何かあって回復が難しいほど心的な負担が大きくなり、転職しなくてはいけない状況となったなら、会社(の関係者)と相談していくより自身の家族に相談したうえで、会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。というのは、仕事をするということは自らのためでもありますがしかし。家族の問題ともいえます。毎月、納得のいく高い給料を得られたとしても、心的ダメージを負ってしまうほど、働くことは、良い状態とは言えません。昨今は、経済的に豊かなことよりも、働く当人が働きやすいことを優先する生き方も認められつつあります。ですから、あなた自身の家族や、あなた自身の心のケアを忘れないようにしましょう。

退職|転職候補先で会社見学などがあれば、とても参考になります。

転職したいと考えている会社の見学ができれば、たいへん参考になります。その中でも、「職人」さんがいる会社では、スキルを近くで見られるため、楽しみです。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者には例外なく、日常の仕事現場を見せてくれることはありません。典型的なのは、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。個人のクセが強い業種であるため、入社してみないと、本来の姿はみえないものです。ですから、仕事=見学で知った内容と思わないことがたいへん大切です。それに加えて、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社はかなり問題がありますから良い会社とは言えません。雇用契約を結んでない人には仮に問題が発生したとしても、それに対する保障もないので、仕事体験を勧められても角が立たないように断ることが大事です。

転職活動を今の仕事と並行している人が多いです。

転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。しかし、忙しく仕事を続けつつ求人情報を見つけて応募したり、面接を受けるのは精神的だけでなく肉体的にもきついものがありますよね。また、転職活動時は、現在の職場の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。深く考えずに応募する、という人がいますが、もしも、書類選考が通ってしまい、面接前にキャンセルすれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントにサポートしてもらって応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、そうではなく自分で直接応募した場合も相手企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにせよ自分の大事な時間をドブに捨てることとなるため、行く気のない案件は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると覚えておきましょう。

転職先を探す際、むろんやりがいのある仕事か考えることも重要だけ・・

転職するならば、言うまでもなく仕事におけるやりがいのアップと共にそれだけでなく収入のアップも大きなポイントですから「年収サイト」に登録して事前に調べています。同一の会社で全く同一の職種、経歴なのに人によってとても違いがある場合も多くあって、ぶっちゃけた話面接の時質問をしたことがあります。面接をした方もそのサイトをよく見ていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いた人について誰かそこそこ察しがついてるのですが、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方の収入だと思ってください」とのことでした。

転職サイトは大規模なサイトの方が多くの会社が掲載されているため…

転職サイトは、大手であるほどたくさんの会社が掲載されているため、2~3社あまりをとりあえずはサイトに登録しておいて、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、さらに条件に適合する案件が自動的に通知されるように設定しておくと情報収集が容易になります。ですが、最初だけは登録するのが本当に大変なので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録を行う初日は、少々時間がかかりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、後々のためにも、初回にきちんと準備することをお勧めします。