政治によって変化の兆しが出始めている転職事情です…

政治によって変化の出始めている転職事情ですが、今の安倍政権では、…

昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。今の安倍政権では、アベノミクスや「三本の矢」といった経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した経済政策共々日銀の金融政策との相乗効果によって、財界や企業間では次世代の変化が現れ始めています。そういった変化が加わったせいか、民間企業の側でも労働人口減による「働き手が足りないこと」がとても大きな社会問題となっています。将来、外国人労働者を今よりも増やしていく、前提と安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こういった変化によって、国内の雇用や転職をとりまく事情も大きく変わっていくのは確実といえます。

新卒採用で入社した会社を辞め、悩みましたが、転職すると決めました。

新卒で入社した会社を退職し、転職を決意しました。最初は非常に不安で辛い時期もありました。しかし、数年で会社を辞めて、沢山の人が転職を経験していることを転職活動をしていく中で理解し、いつの間にか悩みが消えて、気持ちが楽になりました。また1度、転職を経験したことによって自然と肩の荷が下りたかのような気分になり、「本当に自分のしたいこと」を探すのが毎日が充実したものになりました。いまだに「仕事を途中でやめるなんてダメだ」といったような意見もありますが、それが正しいのかなと感じました。私自身、転職を経験して良かったと思います。

退職|転職の面接に希望先の会社へ訪ねました。

転職したい会社の採用面接に転職したい会社へ出向いたときのことです。たまたま会社で会議室が空きがないとのことで外の会場で面接担当者と待ち合わせて面接が行われ、その場所で解散し、面接を行った方もそのまま自宅直帰されるとのことだったのですが、ビックリしたのは下車する駅が私と一緒だったのです。それで電車の中においても彼と一緒におしゃべりをしながら帰ることになり、結果として緊張がほぐれ面接より話が弾んで、それが奏功したからなのか幸運にも採用を獲得することができました。

趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は注意が必要です。

自分の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと考えている人は気をつけた方が良いです。これは、私が経験したことなるのですが、私は、食べることが好きでそれが理由で、過去には、飲食の世界で働いていました。その飲食店での仕事内容は、そのレストランで担当していた仕事内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、嫌とかいったこともなく楽しんで仕事ができていました。しかし、人間関係にすごく疲れてしまいました。そのことが引き金になり、退職する羽目になったのですが、それと同時に、食べること、またそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物も嫌いになり、同ジャンルの飲食店にはしばらく経った今も行けていません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事に就いたばかりの頃は、好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思うのは素敵なことだとは思います。ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、じっくり自分に尋ねる必要がありそうです。

転職を繰り返さないために、ひとつだけ対策が必要です。

転社を繰り返さないための対策は至ってシンプルです。スキルを向上させることもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返さなくなります。インターネットでなんでも見られる今ではメンタル面を強くする自己啓発系の情報はとてもたくさんあります。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは関連性のないことでも、精神面を鍛えることが可能です。何かと言うと「外国に行くこと」です。外国は、生活様式・文化・言語など、違うことばかりなので、とにかく刺激が山ほどあるのです。ですから、帰国後変化があるのです。帰国すると、「自分の視野の狭さ」に驚き、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま、面接に向かうと、今までとは違って自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ですが、退職後しばらくは精神面が弱くなっているので、休業期間も必要です。

『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が本当に強いものであるなら…

『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、速やかに自分の上司にその旨を伝えましょう。そのときに曖昧な表現をしてしまうと、上司に言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、最終的に、退職までに半年ちかく掛かりました。辞職したいことをはじめて直属の上司へと相談したのが年度末で、いろいろあって数ヶ月働いて退職を受け入れられたのは同年11月です。本来、年度末を区切りにしたかったのに、思ったとおりにはいきませんでした。やはり会社側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、さすがに上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、非常に職場に対して愛想が尽きました。

転職のための企業の面接に関して、よく思い違いがあるのです・・

転職候補となる会社の面接に関して、やめておいたほうがよいのは採用をされたいあまりあからさまな猫かぶりすることは、はっきり言って不採用に直結してしまいます。そうなる前にその場を繕うのではなく面接時は、「報酬」など、多数の人がかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を持って率直に尋ねておくと、結果的に自身のためになります。信じがたいかもしれませんが、「そのような無神経なずけずけとそういった質問をすると面接結果に不採用になるのではないか」と危惧する人もいるかもしれません。ですが、意外と面接官からの印象もいいことは最終的には可能性が高いのです。こういった労働環境やお金に関連する疑問点は、実際には、多くの人が知りたい内容なはずです。その反面、面接応募者の多くは、普通は質問できません。けれども、あえて尋ねておくことで「ほかの人とは違うな」と面接官の記憶に残る可能性が高くなります。

現在のあなたの職場や業務内容について少なからず何かしらの不満があるはずです。

今現在の職場や仕事内容に対して、不満に思っていることの中に、「自身のスキルや仕事での能力を正当に評価してもらえない」そして、「給料は増えず、出世の見込みもない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。けれど、気持ちは理解できます。しかし、上記のような不満を持っている人のなかには自分自身の才能を実際よりも過大評価している事が少なくないのです。万が一、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、自分に合った企業や職種がないと、再就職先がまったく見つからないことになりかねません。可能性があるので、注意しなくてはいけません。転職で好結果を出すためには、自分のスキルや能力を客観的に分析することからはじめて見てください。

女性が再就職する時、セクハラが社会的に問題になる前と今現在と…

女性の転職は、今とセクハラが問題視される前では若干の変化が見受けられます。一昔前は面接の場で、結婚観や結婚後の予定などについて、ごく普通に質問されることが多々ありました。しかし、現在はそのようなデリケートな内容は、「セクハラ」と捉えられ、質問を避ける会社が増えています。そしてまた、名の知れた大きな会社ほど、あからさまに避ける傾向にあります。けれど実際、面接する側としては、はい・いいえ、の2択ではなく、その人の生き方結婚後・育休の取得が必要なのかどうかなどを当然、知っておきたいとは思っているものです。自分の価値観を知ってもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機と一緒に表現することで、会社側も考えがわかり、判断してもらいやすくなると思うのです。なので、たとえ、聞かれていないことでも、あなた自身から会社にとっては必要な情報と捉え、答えてみると良いでしょう。

退職|再就職を考えているなら、労を惜しまずに色々な企業の情・・

転職しようと思っているならたくさんの会社の採用情報を普段からチェックしておけば転身時の選択にとても役立ちます。あなたが現在の職場に満足していないと、本格的に転職活動を始めたときに、どこの会社もいいように映ってしまいます。そのような状況下では、どこを選べばいいのか迷ってしまうので判断を大きく間違えてしまう可能性もあります。その結果、短期間で退職の道に進んでしまうので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくべきなのです。会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、その会社の「取引している会社」も要チェックです。透明性を重んじる企業は取引先の情報を公開していますし、そうでない企業は、宣伝ばかりなのでよく見ておきましょう。さらに、企業によっては、個人グループに入っているケースもあるので、グループの名前を調べ、詳細に目を通してみてください。

転職の面接などの場面でもし名刺を手渡されとしたら、こちらとしても名刺を相手側に…

再就職での面接などの時に担当者が名刺を差し出してきたら、自分も相手の方に名刺を差し出すべきであるのかどうかと対応の仕方に悩んだときは、たいがいは渡す必要はないと考えておいてください。転職のための面接に関して言えば仕事の内ではなくて、職に就くための採用活動内のことなので、一般的に名刺をやりとりする時間とは違います。それに加えて、あなたは立場上会社の人間としてではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。という事で、もしも相手から名刺を渡さても、あなたのほうは、ただ受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手側に渡す必要性は少しもないと思われます。

退職|会社が原因で心的にかなり厳しくなり、職場を変えなくては、という気持ちになったな…

職場環境が原因で回復が難しいほど心的に厳しくなって、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、職場の人に相談するよりも家族と話し合い、退職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜそのほうが良いのかというと、働くことは自身のことでもあります。が、しかし身内の問題でもあります。毎月、どれだけ高給をとったからといって、精神的ダメージを負ってしまうまで我慢して働きつづけるのは、良くありません。現在では、働きやすいことを優先で前提にする生き方も認められつつあります。ですからあまり気にせず、あなたの身内や、自身の心も大切にしましょう。

退職|転職したい会社の会社見学ができれば、かなり勉強になります。

転職候補に挙がっている会社の会社見学ができれば、たいへん参考になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」さんがいる会社では、職人技を近くで見られるので楽しいものです。が、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ、本当の現場を見せることはまずありません。もっとも顕著なのは、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。この業種では、癖の強い人が多いので実際に入社しないと、実際の姿はみえません。なので、会社見学で見たものをすべてだと解釈しないことが大切です。ましてや、見学の時に仕事体験させてくれる会社はかなり問題がありますから正直言って、気を付けるべきです。雇用契約を結んでない人には万が一万が一何かしらのトラブルが起こっても、保障がないため、仮に、勧められたとしてもやんわりと断ることが大事です。

退職|転職活動を今の仕事と同時進行させる人が多いです。

転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。ですが、仕事を続けながら求人を見つけて、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神面も肉体面も苦しいものがあります。転職活動を行っている間は、現在の職場の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、書類選考をパスし、面接前にキャンセルすると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを介していた場合は、エージェントに悪いイメージを与えてしまいますし、他方自分で直接、応募した場合でも、相手企業からしつこく電話やメールがあることもあります。いずれにせよ貴重な時間を失う結果になるおそれもあるので、行くつもりがない会社は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と意識を持つことが大切です。

転職先を選ぶのに、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップも重要だけ…

転職先を選ぶにあたって、当然やりがいのある仕事か考えることも大切だけど加えて手取りのアップも大事なポイントなので「年収サイト」というサイトに登録をして前もって研究しています。全く同じ会社で全く同一の職種、社歴なのに人によって大きく幅があることも多くあって、正直に言うと面接の時質問をしたことがあります。面接をした方も一緒のサイトを見ていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いたのは誰であるのかだいたい予想がついているのですが、多分格好をつけているのでしょう。低い方の給料だと考えておいてください」とのことでした。

転職サイトは有名なサイトであるほど多くの会社が掲載されているた・・

転職サイトは、大手が運営しているものであるほど掲載数も豊富なため、2~3社程度、サイトに登録した上で、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、さらに条件に合う求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと楽に情報を集めることが可能です。だとしても、最初は登録するのに幾分か手間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をしっかり準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録する初日は、多少時間がかかりますし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、新着情報だけチェックすれば良いので、後々のためにも、最初の準備に手を抜かないことを推奨します。