就職活動において、年収はとても重要な要素です。

退職|転職活動では、「年収」が話題に上がります。

  • 就職活動において、年収は絶対に無視できません。ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。実際の年収を多く偽って、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出することになるので、一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげれば、年収400万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえば通常あり得ません。たとえば、年収が400万なのであれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくべきでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのをすぐに退職せざるを得なくなるかもしれません。
  • その昔は看護婦ですが看護師は務めとして歴史的にも女性比率が大きい…

  • 昔は看護婦と呼んでいた看護師というのは資格として歴史的背景から女性の割合がとても高い職場です。そして、気力・体力の大きく消耗が激しい傾向にあります。したがって人間関係にトラブルを抱えやすく、自分の結婚や出産などのイベントでそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立が難しい職業です。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、職場を替える人がとても多いのが現実です。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に困っています。というワケで、各病院は、看護師を必要とする「売り手市場」であり、さらに転職に拍車を掛ける原因の一つなのかもしれません。
  • 退職|職場を変えたいと思っているのなら、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

  • 新しい仕事についてすぐは「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。とりわけ転職1年目の段階では、ほとんど「試用期間」が入っている場合が多いものです。私のケースでは、なんとか転職したというのに、前の職場での年間報酬とあんまり同じ額で変わりませんでした。そして、業務内容はきつくかなり責任を伴い初年度を越すのも本当に状態でした。そういった経験から、転職1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、できる限り転職する前から貯金をして備えておくべき、と痛感します。
  • 失業保険の給付に関して、職を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。

  • 失業保険の給付に関して、仕事を探していることが条件になります。しかし、現実は「会社を辞めしばらくは働かずにゆっくりしたい」と思うのが現実でしょう。そこで、真剣に次の仕事先を探しているように見せかける方法があるので紹介します。毎月の「ハローワーク」での面談は必須ですが、その場で求人票の閲覧は最低限しておきましょう。本腰を入れて探す気持ちがないときは、「求人票」を軽く見て、ハローワークスタッフとの面談の際に、「続けられそうな仕事が残念ながら見つけられませんでした」と告げて次の機会を探すというやり方もあります。
  • 可能性を広げたいと考え、転職サイトで自身の働き方に近い条件…

  • あなたがもしも、「転職サイト」であなたの希望条件にマッチした働いてみたいと思えるような企業を探しているならば、絶対に「転職エージェント」も利用しましょう。どうしてかというと、登録は簡単です。エージェントサービスに登録したあと、エージェントが紹介してくれる仕事は、誰しもが見られる公開求人とは違ってどう比べても、比較にならないほどたいへん質が高いといえます。さらに、あなたに合ったものをピックアップし、調査した上で紹介してくれます。そういうわけで、かなりの精度で希望する求人に巡り会えるので試してみる価値があります。もし、同じ求人を発見するとしても、あなたが独自に最初から探していくよりも何倍も効率がいいです。ですから使ってみる価値は大いにあります。
  • 求人情報を見る際、例えば、オフィス系の仕事が希望だからと、…

  • 求人を見る場合、例えば、「デスクワークがしたい」と思っている人ほど製造業に目を通さない人がいますが、そのような人は、「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と早合点しているこ可能性が高いです。実際に、製造業の求人募集でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務などの人材募集から、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される職も結構多くあります。とはいえ、製造業の勤務場所自体、オフィス街から遠いのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。でも、自分のエゴをなくすことで仕事の幅を広げることができ、よりスキルアップにつながることも考えられます。
  • 近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、…

  • 近年、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティング会社も増加しています。特許を取った経歴のある人は、コンタクトを受けやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人に加えて、「研究開発」の論文を出した人、テレビをはじめとするマスメディアで話題になった人など、何らかの業績を残したと思われる人をターゲットに電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングの連絡を受けたなら、そうなったキッカケを思い出してみましょう。めったにないことですが、ヘッドハンディングを装って、「そのために登録料を払ってほしい」と依頼してくる業者もあるようですが、完全な詐欺といえるのできっぱりと断るようにしましょう。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者がお金を支払う必要はありません。
  • 退職|転職にも何もかもがうまく進行するという確証はありません。

  • 転職を目指そうとしても、すべての人が思ったとおりの成果をあげられるという保証はどこにもありません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならどう転んでも転職をしなくてはならないなら若い間にできるだけ早く変えるべきです。傾向としては、20代の若いうちは良い希望を見出しやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に入ってからの転職結果は、相当に厳しいといえます。もしも、管理職など、重要な役職に就いているのなら、転職したいと思い立っても、今の会社に残ることも選択肢から外さないほうが良いです。つまり、退社してから転職活動を開始するよりも、現在の会社をやめないまま、転職活動されるのが堅実です。
  • 退職|派遣社員として働く人が徐々に増える傾向にあります。

  • 派遣会社を介して仕事をする人が近頃は増えています。派遣先の会社が派遣会社にいくら支払い、どのくらいの金額(割合)、自分のもとに入ってくるかをなるべく面接のときに聞いておいた方がいいでしょう。派遣会社は、社員を必要な企業に派遣してその見返りに手数料を徴収するシステムといえますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが少なくありません。50%以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、あまり情報開示をしない業者が多く、酷い派遣会社では、2割しか支払われていなかった場合もあり得ます。面接の際にあいまいな返答しかしない会社は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いので極力そこを利用するのを止めておくのが賢明です。
  • もしもあなたが、現職からの転職を決断したのであれば・・

  • 仮にあなたが、現職からの転職の決意したなら、あくまで周りにはこっそりとその気持ちを教えないように活動を進めていき、現職期間中には、可能な限り社内の人間に知られないようにいつもと同じように業務をこなすのが堅実です。働いている間、その点を心にとめておけば、もしも希望通りの働き先が見付けることができなくても、転身の予定を見送りながら現職を残っても心配がありません。でも軽率に、「転職するつもりでいる」と話してしまうと、周りはその言葉に合わせた行動を取るようになります。そして周囲に「辞めるつもりです」と言ったが最後、会社内では「あの人は辞める人」という位置付けになります。そういった状況のあとで、転職する気持ちが薄れ、「やっぱり退職しないことにしました」と釈明しても、会社内の人たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見るので、在籍中、立場が悪くなると感じるでしょう。
  • 20代に転職を2度行い、現在、資格をゲットするべく「派遣社員」で勤務しています。

  • 20代前半に転職を2度経験して、いまは資格取得のため、「派遣社員」で勤務しています。常勤の勤務とは異なるため、どうしても手取りが以前よりも少なくなりました。ですが、前よりも心と時間的な余裕ができました。たまに、学生時にいくつか資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。やはり、実際にそのような人を見てしまうと自分もこうなりたかったと見えたりもします。今までは、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、何度か劣等感を感じることもありました。今は結婚を経験し、過去と比べ生活環境もかなり変わり、明確な目標ができて自分の人生に満足できるようになりました。
  • 転職して職場を新しく換えるということは、自分自身に合う…

  • 再就職することで職場を新しく換えるということは、自身に見合った理想に近い場所を探したいものです。勤務先を変えることによって、適職に有りつけることも可能です。しかしながら、実際に行動するともなると、相応の努力やスキルが必要不可欠です。違う言い方をすると、自分自身が価値ある人材になれば、「天職」にありつく可能性も高くなる、ということです。今のご時世では、職業選択の自由が社会通念上として認められていて、転職して転職を選んでも偏見を持たれるなどの危険も殆どありません。終身雇用制度が死語となりつつある今は、「役に立つ人材が欲しい」と願う企業も増加していますので、このチャンスに転職を考えてみるのもアリだと思います。
  • 退職|看護師という職の人の他の職業に転職に至る理由は、人それぞれです。

  • ほかの職業に「転職しよう」と思う原因は人によりけりです。さまざまな理由がありますが、看護師からの転職には「職場の中に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚することで一人とは変わって出産それと子育てなど、仕事環境のいろいろな変化など、今までのようには働き方ができなくなった」「現在の給料に不満がある」など多種多様の理由があり決して他人ごとではないはずです。しかしながら、転職を決める前に「どうして、転職しないとダメなのか?」と、改めて静かに客観視してみることもしてみてください。「本当に転職する意味があるのか?」と再考したのち、決断してみましょう。
  • 今からでも転職しようと思うのなら、現在の業務での不満に思う部分・・

  • 転職活動しようと思うのなら、今いる仕事で感じている不満点を洗い出しておきましょう。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々不満があるから転職しようと思っているはずです。が、「現状である業務や業務の客観的にみた問題なことを挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。そのあとに、もしも転職した場合、「今より何が不便になるか」を明確にイメージしてみましょう。なぜなら、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職してからのモチベーションの低下は防ぐ事が可能なはずです。
  • 退職|転職の時の面接で着用するスーツの色合いは、新卒の就職活・・

  • 転職時の面接でいるビジネススーツの色は、新卒の就職活動の際に準じた色合いが無難です。言い換えると、黒系や紺系といった暗めの色味になります。それは再就職の面接でも、ビジネススーツの色というのはこういったような暗い感じの落ち着いたカラーがほとんどで、黒や紺以外の色の転職者は少数です。それ以外だと、たまにグレー系の人がわずかにいるくらいで、全体的には黒や紺色が多く、面接を行う人事担当の方からもそういった色であるほうが自然に見えます。ですから、見た目の印象という点ではおすすめです。
  • 退職|2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、少ししか仕事もしてない・・

  • 少し前に転職したばかりだというのに、早期に退職してしまう人というのも思いの外多いといいます。それは私の考えをいうと心機一転、新しい仕事を見つけたものの、「自分自身の期待していた仕事とおかしいと思うほどかけ離れていた」「ルールに慣れなかった」といったことで別の仕事を探すみたいです。でもこのような失敗をしないためには、初歩として、事前の情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内のルール、通勤にかかる時間、などいろいろチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。