安定した生活基盤を手にするべく正規の雇用社員になりたいと考えている・・

退職|安定した人生を手にするべく正社員として働こうと考えている人・・

  • 安定的な生活を求めて「正社員」になろうとしている人は相当数います。ただ、即戦力として働けるように資格を取得するなどして頑張っていても、中々正社員としての転身が難しいこともあるでしょう。準社員の求人募集があるのに正社員の求人以外は気にも留めず時間を無駄にしてしまっているようです。万が一、正規雇用での転職が厳しいのなら、非正規雇用者の求人募集もチェックしてみましょう。会社によっては、働き手の活躍の度合いによって2,3年で契約社員から正社員への転身を狙えることもあるんです。ですので面接時にこういった可能性をヒアリングするようにしておけば人生設計にも役立ちます。

  • 転職活動をするとき、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェン…

  • 新しい職を探すとき、ネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)つまり斡旋を行う会社が存在しますが、もしあなたがその業者に登録し、幸運にも就職先が決まった場合でも、失業保険とは何の関係もないので注意が必要です。ハローワーク以外の機関を利用して就職しても給付を受けられないので注意する必要があります。これに対し、ハローワーク経由で斡旋された会社に就職した場合は、就職用の準備金として、「一時金」を得られたりもします。インターネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。単に斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険とは何の関係もありません。このことについて押さえていなければ、失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、注意が必要です。

  • 退職|転職のための活動をしているときは、まず何よりもあなたの…

  • 転職活動を成功させるには、最初にゼッタイにあなたの心が落ち着いているということをとても忘れないようにしましょう。会社で働きながら転職活動をする場合はそれほど気にしなくても良いとは思いますが、退職後に行う場合にはかなり心のうちが焦りが出てしまいます。そういった点を理解し、気持ちを抑えつつ、転職活動を続けるのを忘れてはなりません。将来、自分がやってみたい仕事や、自分が働いてみたい職場のイメージを明瞭化しておきましょう。候補の職場と比較してみて、それらが合致しているか、再度、冷静になって見極めることが重要なのです。この手間を掛けることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

  • 将来、転職したいと考えているなら、転職する前に「資格」取得は考えておいて損はありません。

  • もし転職される場合は、あらかじめ「資格」を取得しておくと有利になります。とくに、仕事を続けているうちに、資格を取得しておけば、転職活動の際にあたって幅が広がるので、転職先の候補が増えるのです。といったわけで、資格取得は、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階がもっとも最適です。あなたが未来を見据えて、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、今の職場を離れたあとも後悔なく次に進めます。それにプラスして、資格を保有することで転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接時に即戦力になる人材だと判断され、以前の職場より待遇アップも期待できます。

  • 退職|転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。

  • 昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。安倍総理による現政権によって、「アベノミクス」や「三本の矢」といった経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀による「金融政策」と相まって、財界や民間企業間では新しい変化が増加しつつあります。そういった変化が加わったせいか、民間企業では、労働人口減による人手不足が社会的な問題として取り上げられています。将来的に「外国人の労働者」の総数を現状以上に高めていくつもりでいると現政権は語っています。外国人労働者が増えることによって、国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。

  • 新卒で入った会社を辞め、転職した経験があります。

  • 新卒として入った会社を辞めて、転職した経験があります。最初は人生でもっとも将来が不安でした。でも、新卒で入った会社を数年で辞めて、中途採用で働いている人がほとんどだということを転職活動を通して知り、いつの間にか悩みは消えていきました。なにより転職を経験したことにより何か、体が軽くなり、「本当に自分のしたいこと」を優先できることに毎日が見違えるように変化しました。やはり「辞めずに続けることが普通」という考えの方も、もちろんいますが、必ずしも正しいとは限らないと思いました。私の場合、転職を経験して良かったと思います。

  • 転職における採用面接にとある会社に赴いたときのこと・・

  • 転職の面接を受けるためとある会社に赴きました。その日に限ってその会社で会議室が空きがないということで外部のとある場所で面接担当の人と待ち合わせて面接が行われ、当該会場で解散をして、面接官も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、偶然にも自宅からの最寄駅が同じ。そのため電車内でも面接担当者と一緒に会話をしながら帰ることになって、その結果緊張がほぐれ面接より話が弾んで、それが原因か問題なく採用も獲得することができました。

  • 自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は注意した方が良いです。

  • 自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は気をつけた方が良いです。これは、私が体験したことなのですが、私は、食べることが本当に大好きだったのですが、それが理由で、前に、料理店で働いていた時期があります。その飲食店での仕事内容は、その飲食店で担当していた業務は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務でした。この仕事内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。しかし、人間関係にとても疲れてしまったのです。ということが引き金となり、職場を離れることになったのですが、それと同時に、食べること、そしてその店で扱われていた食べ物すら苦手になってしまい、似たような店にはしばらく経った今も行けません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事に就いた当初、好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、それを実現させることは本当にステキだと思います。ですが、あなたの「好き」の度合いはどの程度のものか、真面目に自分に尋ねる必要がありそうです。

  • 退職|転職を繰り返さないために、ひとつだけ対策が必要です。

  • 転職を繰り返さないためにすることは一つだけです。スキルを向上させることもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。現在は、インターネットを使って精神面を鍛えるための自己啓発系の情報はカンタンに知ることができます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全然違う行動でも、メンタル面は強化できます。たとえば「海外旅行」です。外国は、日本との違いがたくさんあったりと、刺激が山ほどあります。なので、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。日本に戻ってくると、己の視野の狭さを実感し、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。この状態で(転職のための)面接に行けば、これまでの面接とは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。ただし、退職間もないあいだは、メンタルが弱気になりやすいので、その後のために休みも必要です。

  • 退職|『今すぐ転職をしたい』とおもっている方、自分の意志が強いのであれ・・

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、退職したいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜならばそのときに曖昧な表現をしてしまうと、上司に言いくるめられる可能性が高いので要注意です。そして、実際にわたしが転職をすると話した時には手を変え人を変え、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞職したいことをはじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、結果的には数ヶ月働いて退職出来たのはこの年の11月です。予定では、年度末を契機にやめようとおもったのに、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。職場側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かないまま、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、かなり心の底からガッカリしました。

  • 転職の際に外せない面接に関して、勘違いしている人が多いのですが…

  • 転職の際に外せない面接に関して、勘違いしている人が多いのですがあからさまな猫かぶりをすることです。すると正直に言って採用を逃してしまいます。ですから、猫をかぶるよりも面接の際は「休暇」といったような、通常はかなり質問しにくい内容を勇気を出し訊いておくと、最終的に間違いなくあなたのためになります。信じがたいかもしれませんが、「入社前の段階でそういった内容を無神経に尋ねたら、面接で良い結果が期待できないのではないか」と懸念するかもしれません。ところが、かえってプラスに作用することは結果的には少なくないようです。これらのお金・労働環境に関する内容は、多くの人が知りたい内容なはずです。ついつい不採用を恐れるあまり、なかなか聞きづらいのも事実です。しかし、あえてそんな状況で踏み込んでおくと、「こいつは他と違う」ということで面接官に印象づけられるのです。

  • 現在の自分の職場や業務内容についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。

  • 現在のあなたの職場・仕事内容についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。「自身の資格やスキルをきちんと評価されていない」あるいは、「報酬はアップしないし、将来的な昇格も期待できない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。でも、気持ちは分かりますが、そういった不満を持った人のなかには本人が自分自身の力量を実際よりも過大評価し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。仮に、そのような人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの企業や職種にはない」と仕事をしないブランク期間が長引くので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。可能性も少なくありません。そういうわけで転職活動で良い結果を出すためにも、自分のキャパシティを客観的に見つめることが大切です。

  • 女性が再就職する場合、現在と数年前では少なからず、変化があるといいます。

  • 女性が再就職するに当たり、一昔前と近年とでは少なからず、違ってきている点があります。以前は面接の場で会社側から、結婚観や出産後の仕事など、一般的なこととして質問されることが多くありました。ところが、近年では、こういった内容は、「セクハラ」の恐れがあるとして、質問しない企業、の方が増加傾向にあります。世間に名の知れた大きな会社の場合は、NG質問として神経質になっているといいます。けれど実際、企業側は、YES・NO、で返答するのではなく、その人の価値観「結婚後も働きたいのか」出産後は時短で働きたいなどを当然、把握しておきたいとは思っています。自分の人生設計を知っておいてもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールと一緒に伝えることで、面接官にもしっかり伝わり、また、疑問も解消できると考えられます。ですから、質問されていない部分も、先にあなたの側から積極的に答えてみると良いでしょう。

  • 退職|転業を考えているなら、まめに色々な企業の情報の詳細を定期的にチェックすることが…

  • 再就職を予定しているのなら、こまめに多様な企業の募集案内を日常的に調べておくと転業した後の見る目に大いに役立ちます。今現在の仕事に満足感がないと、本格的に転職活動を開始した時に、どこの会社も魅力的です。そんな状況に陥ってしまうと、どの企業に決めればよいのか、判断できなくなり、選択を間違える可能性も高くなります。よって、短期間で退職しなくてはならなくなるので、前もって会社を見る目を養っておいたほうが良いのです。会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」も要チェックです。透明性を重んじる会社は取引している会社の情報を公開していますし、反対にそういった企業ではない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、求人チェック時に見ておきましょう。また、企業によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループの名前をチェックし、詳細に目を通してみてください。

  • 退職|転職の時の面接などの際に面接担当者に名刺を渡された場合、…

  • 再就職での面接などの時に面接担当者に名刺を渡された場合、あなたも名刺を相手に渡した方が良いのか?と対応の仕方に悩んだときは、おおむね差し出す必要はないと知っておくと良いですね。面接に関して言えば仕事内のことではなくて、採用活動の一環なので、ほとんどの場合は名刺をやりとりする場ではないのです。かつ、あなたは会社の人間としてその場にいるのではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。要するに、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらにおいては名刺をもらうだけで大丈夫で、担当者に相手側に渡すことは少しもないと言えます。

  • 退職|会社で何かあって回復が難しいほど心的にまいってし・・

  • 仕事のために精神的にとても苦しくなってしまい、転職しなくてはいけない状況となったなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談していくより自分の家族と話し合い、会社を辞めるか決めるといいでしょう。なぜそのほうが良いのかというと、仕事をするのはあなた自身のためでもあります。が、しかし同時に身内の問題でもあるのです。どんなに高い給料をもらっていたとしても、メンタル面がダメージを負うほど我慢して仕事をすることは健全とはいえません。現在では、物質的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを大事にしていく生き方も認められつつあります。あなたの家族とあなた自身の心身を大切にしていきましょう。