安定した暮らしを送ろうと「正社員」になろうとしている人…

安定した生活基盤を手に入れるべく正規の雇用社員になろうとしている…

  • 安定的な生活を手に入れるべく正規の社員として働こうと思っている人は相当います。即戦力として働けるように資格を取得するなどして相当な努力をしていても、中々正社員として雇い入れてもらうことがうまくいかない可能性もあります。非正規雇用者の求人は充実しているのに、正規雇用の求人以外を見ないで時間を浪費している人が少なくないと言います。万一正社員として希望する仕事に転職できない場合は、契約社員や派遣社員の募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。会社によっては、働き手の能力によって数年で契約社員から正社員にステップアップを狙える可能性もあるからです。面接の最後にこうした可能性を聞いておくと将来設計が立ちやすいはずです。
  • 転職する時にネットでのエージェントを使うケースもあるでしょう…

  • 新しい職を探す際、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」すなわち斡旋をしてくれる会社が存在しますが、もしあなたがその種のエージェントに登録し職を得ることができたとしても、失業保険を受け取ることはできないので注意しましょう。ハローワーク以外の機関を利用して就業しても失業保険とは無関係なので後々、後悔しないようにしたいものです。これに対し、ハローワークにより斡旋された会社に就業した場合は、就職に備える準備金として、「一時金」を受け取れたりもします。ネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。これを押さえておかなければ、失業中にお金がもらえない事態になるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。
  • 転職の活動を成功させるには、最初に何よりも自身の心のうち…

  • 転職をするための活動を効率的にやっていくには、なにはともあれ必ず自身の心が慌てないということをとても重要視しましょう。会社で働きながら転職をする活動をする場合はそれほどそうでもありませんが、退職後にする場合にはどうしても心が焦燥感が出てしまいがちです。そのため、慎重に活動してみましょう。将来、自身でやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージを明瞭にしてみましょう。そして、実際の職場におけるそれらが合致しているかどうか、冷静になって見極めてみてください。しっかり考えることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。
  • もしあなたが転職したいと考えているなら、転職前に資格を取るとステップアップします。

  • 近い将来、転職するのなら、「資格」を取得しておくと有利になります。また、職場に籍をおいているあいだに、資格取得をしておくと、転職の際でそれを生かせるので、新しい仕事を探すのも容易になります。なので、在職期間中での資格取得がベストな時期といえます。再就職を考えているなら、このあと役立つ資格を持っておくと、今の職場を離れたあとも前向きに次に進めるはずです。それに加えて、資格取得後は面接で担当者に「即戦力」と好意的に捉えられ、待遇が良くなる可能性が高くなります。
  • 最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

  • 政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について、今の安倍内閣では「アベノミクス」や「三本の矢」といった新たな経済政策を次々に打ち出し、経済政策に連れ立って金融政策ともあいまって財界・民間企業側からも今までとは異なった社会的な変化が増加しつつあります。その作用もあって企業のあいだでも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による人手不足がかなり深刻な社会問題となっています。将来的に外国人の労働者も増やして人材確保に務めていくと安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こうした変化によって日本国内の雇用や転職事情にも、大きな影響が出てくるのは確実です。
  • 退職|新卒採用で入った会社にさよならをして思い切って転職を決意しました。

  • 新卒で入社した会社を離れ、思い切って転職を決意しました。退職したときは、とても転職できるか不安になりました。ですが、会社をわずか数年で辞めて、中途採用で働いている人ばかりであることを転職活動を通して理解し、無意識のうちに安心しました。また1度、転職を経験したことによってなにか精神的にも余裕がでてきて、自分に合った仕事見つけることが出来て嬉しくなっていきました。やはり「仕事を変えるのは良いことじゃない」というような意見も多々ありますが、必ずしも正しいのかなと感じました。私のケースでは転職を経験して良かったと思います。
  • 転職の採用面接に赴きました。偶然その会社の部屋が空きがないというわけ…

  • 転職における採用面接にとある会社に赴いたときのことです偶然社内の面接に使える部屋が空いておらず会社外で面接をする方と待ち合わせて採用面接が行われ、その場で解散、面接官も会社に帰らずそのまま自宅に帰るとのことでしたが、ところが自宅最寄駅が私と一緒。結局は電車の中においても面接担当者とずっとおしゃべりをしながらいっしょに帰宅することとなり、打ち解け面接しているよりも話が弾んで、それが功を奏したからなのか幸運にも採用を獲得することができました。
  • 趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は注意が必要です。

  • 自分の好きなことを仕事にしたいと思っている人は注意が必要です。私が実際に経験したことなのですが、私は、もともと食べることが好きだったのですが、それが高じて、以前は、飲食業界に勤めていた時期がありました。そのレストランでの業務は、そのお店で担当していた業務内容は、盛り付けやホール業務でした。この仕事内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。しかし、人間関係のいざこざでとても嫌になってしまいました。ということが原因で、仕事をやめることにしたのですが、それと同時に、あんなに好きだった食べること、そしてその飲食店で提供されていた食べ物すら苦手になり、似たような店にはしばらく経った現在も行くことができません。当時の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。仕事を始めたばかりの頃は、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分の得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと願い、実現できるのは本当に素敵なことですが、ですが、あなたの「好き」の度合いはどの程度のものか、改めて自分自身と向き合ってから行動するべきです。
  • 退職|退職と転職を繰り返す日々を止めるための打開策が一つだけあります。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための打開策が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返さなくなります。今ではインターネットを用いて精神面を強くするヒントはカンタンに知ることができます。加えて、転職とは関連性のないことでも、メンタル面を強くすることが可能です。それは、ズバリ海外への旅行です。外国は、生活習慣も文化も、そして言語も、違うことばかりなので、大きな刺激を常に得られます。ですから、帰国後変化があるのです。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」に驚き、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。この状態で面接を行えば、これまでとは比べようがないほどに自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。どうしても、退職後しばらくはメンタルが弱気になりやすいので、休暇も必要です。
  • 『転職をしたい!』と思っている人で自分の意志が本当に強いものであるな…

  • 『転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が本当に強いものであるなら、辞職したいということを速やかに自分の上司に伝えましょう。このときに相談といった形で話を持ちかけると、場合によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。また、実際に私もそういった経験があり、退職を引き伸ばされてしまい、結果的に、半年以上にわたり辞められませんでした。辞職したいことをはじめて直属の上司に相談したのが年度末で、いろいろあって退職届けを出せたのは同年の11月です。希望ではちょうど年度末いっぱいで辞めたかったのに、希望通りにはいきませんでした。会社サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、その会社に対してのなんだか失望しました。
  • 退職|転職時の採用面接では、やめておいたほうがよいのは採用をされたいあまり度を超え…

  • 転職先での採用面接では、やめておいたほうがよいのは良い印象を与えたいと必要以上に猫かぶりすることは、思いのほか逆効果になる可能性があります。ですから、例に挙げるならば面接時は、「ボーナス」などの、普通であればかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を思い切って訊いておくと、最終的に間違いなく自分のためになります。信じがたいかもしれませんが、「面接の段階でずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、結果が良い結果が期待できないのではないか」と不安がるかもしれません。ですが、意外と良い結果になることは結果的にはいい場合が多いようです。こうしたお金・労働環境に関する内容は、多くの人が知りたいと思っています。それなのに、面接応募者の多くは、はっきりと聞けないものです。しかし、勇気を出して質問をすることで、「こいつは他と違う」と面接担当者へのアピールとなるのです。
  • 退職|現在のあなたの職場や業務に対する不満に思っていることの中・・

  • 今の自分の職場や仕事の中身について何かしらの不満に思うことがあるはずです。「自身のスキルや仕事での能力をきちんと評価してもらえない」そのため、「報酬は増えないし、将来昇格する見込みもない」と言う不満を漏らす人もいます。でも、そういった悩みを持っている人の中には、自分自身の本来の才能を実際よりも過剰評価しているケースが多いものです。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と休職期間が伸びるおそれがあります。可能性が少なからずあります。なので転職を効率的にしていくためにも、自身のスキルや能力を今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。
  • 退職|女性の転職は、セクハラが社会的に問題になる前と今日とで・・

  • 女性の転職に際して、今日と一昔前では若干、違ってきている点があります。前は面接の場で、結婚観や出産後の考え方に関して、ごく当たり前に女性に質問していました。ところが、今の社会では、結婚などについては、「セクハラ」の恐れがあるとして、聞かない企業、の方が増加傾向にあります。そして、世間に名の知れた大きな会社の場合は、神経質になっているといいます。ですが、企業側は、〇か×ではなく、その人の姿勢、結婚した後は退職するのか、出産後は時短で働きたいなどを当然、把握しておきたいとは思うはずです。自分自身の将来設計をわかってもらうためにも、自己PRや志望した動機と併せて話すことで会社側のモヤモヤも解消できると考えられます。ですから、質問されてない箇所についても、先にあなたの側から率先して話を進めていきましょう。
  • 転業を考えているなら、多くの会社の採用情報の詳細を調べたり比較したりしておくと…

  • 転身を検討しているのなら、労を惜しまずに多様な会社の採用情報の詳細を日頃からチェックしておくと転職先の労働環境の見極めがしやすくなります。現在の職場に不満足だと感じているケースでは、本腰を入れて転職活動をする際にどんな企業でも魅力的に思えてしまいます。そんな状況になってしまうと、どの会社を選択するべきか、選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、選択をしくじりかねません。よって、短い期間で転職しなくてはいけなくなるかもしれないので見る力を養っておいたほうが良いのです。企業の雇用面だけを見るのではなく、転職したい会社の取引している会社にも目を向けてみましょう。透明性ある良い企業は、取引している会社を公開していますし、そういった会社でない場合、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、よく見ておきましょう。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っていたりもするので、グループ名で中身をチェックしておくのも良いでしょう。
  • 退職|転職の時の面接などの際に担当者に名刺を渡された場合・・

  • 再就職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を渡された場合、こちら側も名刺を相手に差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と対応の仕方に悩んだときは、大方は渡すことはないと頭に入れておいてください。面接は仕事の一部ではなく、仕事を得るための就職活動の一部であるわけですから、普通に考えれば名刺を交換する場ではありません。そのうえ、あなたは立場上会社の人として出向いているのではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。そういった訳で、もし相手から名刺を渡さても、こちらは受け取るだけで大丈夫で、担当者に相手に渡す義務は少しもないと言えます。
  • 仕事によって精神的にとてもつらくなってしまい、転職しなくてはいけない状況になったのな・・

  • 働く中で精神的に苦痛を感じてしまい、職場を変えなくてはいけない状況になったのなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談していくより自身の家族と相談して、会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。というのは、仕事をするのは当事者である自分ではありますが、同時に家族の問題でもあるのです。毎月、納得のいく高い報酬を得られたからといって、メンタル面がボロボロになるまで仕事を続けることは良い状態とは言えません。昨今は、金銭的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを優先する生き方が尊重される社会です。あなたの身内や、あなた自身の心も大切にしましょう。