女性の転職に際して、数年前と現在と少し状況が変わりつつあります。

女性が転職するに当たり、今日と数年前では少なからず、違いがあります。

  • 女性の転職は、ここ最近とセクハラが問題視される前では多少の違いがあったりします。前までは面接のなかで会社側から、「結婚の予定」や「出産後の仕事」などについて、当たり前のように質問されることが珍しくありませんでした。しかし、近年では、結婚や出産などについては、「セクハラ」に該当しかねないために、聞かれないことのほうが多くなってきています。そして、名の知れた大きな会社ほど、NG質問として全面的に避ける傾向にあります。ただし、企業側としては、〇か×で返答するのではなく、その人の姿勢、結婚後は退職するのか、出産後の具体的な対応を知っておきたいと思うはずです。自分自身の考えを理解してもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と併せて伝えることで、会社側も考えがわかり、安心できると考えます。そういうわけで、聞かれていない箇所もあなたの側から気遣いながら答えてみることを考えてみてください。
  • 退職|転業を近いうちにするつもりなら、多くの会社の情報を調べたり比較したりしておくと…

  • 転業を予定しているのなら、こまめに多様な会社の採用情報の詳細を定期的に調べたり比較したりしておくと就職した後の見る目に役立ちます。今の職場に満足していないケースでは、実際に転職活動をする際に、どんな企業でもいいように見えます。そのような状況下では、どこを選択すべきか迷ってしまうので会社選びに失敗してしまいます。したがって、最終的には短期間で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、会社の良しあしを見極める目を養っておくべきなのです。方法としては、転職したい会社の雇用面だけを見るのではなく、その企業の「取引先」を見るのがオススメです。透明性ある会社は、取引している会社を公開していますし、そうでは無い会社は宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、その点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。また、企業によっては、個人でのグループに入っている会社があるので、グループ名を調べて内容を把握しておくのも良いと思います。
  • 退職|再就職における面接などに関して面接担当者に名刺を手渡された…

  • 再就職での面接などの時に面接担当者が名刺を手渡してきたら、こちらとしても名刺を相手側に渡す必要があるのか?ないのか?と迷った場合は、たいていの場合は渡さないもの、と覚えておいてください。面接というものは仕事内ではなくて、職に就くための就職活動内のことです。ですから普通一般的には名刺を交換する時とは異なります。合わせて、あなたは会社の人間としてその場にいるのではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。なので、もし相手の方から名刺を渡された時でも、あなたは、ただ受け取るだけで大丈夫で、相手側に渡す責任は必ずしもないと言えます。
  • 退職|仕事によって回復が難しいほど精神的に相当につらくなってしま…

  • 働く中で心的な負担が増え、会社を変えなければという気持ちになったなら、そのときは、会社(の関係者)と相談する以上に、身内などの近しい存在の人と相談しながら退職するかどうかの判断をしてみましょう。というのは、仕事をするということは自らのためでもありますが、身内の問題が第一にあるからです。毎月、どんなに給料が良くてもメンタル面がボロボロになるまで我慢して働くのは好ましくありません。今の時代は、経済的に豊かなことよりも、働きやすさを大事にする生き方も認められつつあります。ですからあまり気にせず、あなたの身内とあなた自らの心身をいたわりましょう。
  • 転職先の会社見学は、すごく参考になります。

  • 転職しようと考えている会社で見学などがあるとたいへん勉強になります。その中でも、技術を必要とされる業種なら、職人技を近くで見られるので楽しいものです。しかし、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には絶対、実際の仕事風景を見せてくれることはまずありません。例を挙げるとずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。個人のプライドが高めな業種なので、実際に入社するまで、実際の姿はみえないものです。そのため、仕事=見学で触れた内容と考えないことがとても大切です。また、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社は、倫理的にアウトですし、選択肢に入れるのはおすすめしません。雇用契約を結んでいない人間には、万が一何かトラブルが発生しても、それに対する保証などありません。スタッフから勧められても角が立たないように断るほうが良いでしょう。
  • 転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。

  • 転職活動を現職と並立して進行させる人は少なくありません。仕事を続けながら求人をチェックして、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは精神的にも肉体的にも負担がかかるといえます。加えて、転職活動中は、それを同僚や上司に隠さなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という方法を選ぶ人がいるのですが、仮に、そうした場合に書類選考が通りいざ面接というときに辞退すると面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを通して応募している場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、他方自分でダイレクトに応募したとしても、応募した企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにせよ自分の大事な時間をドブに捨てることとなるため、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると理解しなければいけません。
  • 退職|転職先を探すとき、仕事におけるやりがいアップも重要だけ…

  • 転職をするにあたって、むろん仕事のやりがいのアップと一緒にそれに加えて給料が増えることも大切なポイントになるので「年収サイト」に登録をしてあらかじめ調査をしています。同一の会社で加えて同一の職種、経歴なのに人によって無視できないほどの違いがある場合も複数あり、正直に言うと面接の時質問をしたことがあります。面接をした人もそのサイトを見たことがあるようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いたのは誰であるのかだいたい予測はついているんですけどね、多分見栄をはってるんですよ。低い方の給料だと思ってください」とのことでした。
  • 退職|転職サイトは大きなサイトの方が掲載される案件がたくさんあるため、…

  • 転職サイトはメジャーなサイトの方が豊富な量の求人情報が掲載されているため、関心のある2~3社を、まずはウェブサイト登録しておき、勤務地や年収にチェックマークをいれておき、次に条件に合う案件が自動的に通知されるように設定しておくと楽に情報収集を行うことが可能になります。ですが、初回は登録するのに幾分か労力を要するので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をしっかり準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。初めの登録のときは多少時間がかかりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、新着情報だけ確認すれば良いので、後々のためにも、初めにしっかり準備することをお勧めします。
  • 退職|転職活動を行う際の最後に残る厄介な難問として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

  • 転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問として、現在勤務している会社の退職があります。転職先の会社が決定したとしても、現在勤務中の企業があなたを引き留めに掛かるかもしれません。そのような場合は、何があっても退職をあきらめない、という強固な信念を持つことが大切でしょう。会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を手元に用意しましょう。それから、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と(毅然とした態度で)伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において大切な要素となってきます。
  • 転職活動において、重視されるのが間違いなく「面接」です。

  • 再就職する際、比較的重要となるのが間違いなく「面接」になります。多くの場合面接の際は、応募してきた人に対し、転職に至った動機や退職理由などいろいろな質問が飛んできますが、そして必ず、面接の終盤になると、次は、転職希望者から、面接担当の人へ逆質問というのがされるのが普通です。面接担当のスタッフから「何か弊社について疑問に思うことはありませんか?」と。この手の質問が来たときは、面接者本人が緊張のあまり、急なことなので戸惑う事もありまよすね。こういった場面に備えて、事前に面接官からの問いに際し、答えを用意しておくと良いかもしれません。冷静になれば何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 転職のための採用面接では、中堅企業であればほとんど、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、…

  • 再就職のための面接では、中小企業であれば大体が人事担当者ですが、別の場合もあります。直接、これから職場でかかわりの深くなる現場の責任者、一言でいえば課長や部長などの管理職クラスが面接を担当することも少なくありません。とりわけ営業系や事務系といった部署に転職する場合は、資格を介した見極めが難しいですから、堂々と自分自身をアピールしていくことで好印象を与えられます。担当者から「この候補者はしっかり自己主張するし、頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大事です。
  • 退職|これまでは求人情報は「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」で探していました。

  • これまでは新たな仕事を探す時はいつも「ハローワーク」で探していました。その理由は、大抵の転職サイトは、特性上、都会や大手の求人がほとんどだからです。であったため、求人情報を探す時は、「ハローワーク」のみ使っていました。求人募集をするいくらか企業や給料といった条件は見劣りしますが、古くから地域に密着した企業も多くあり、自分に適した職が探しやすくなります。しかし、ハローワークというと、なんだか地味な感じがすると先入観を持っている人もいるかもしれません。思いのほか、魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、転職しようと思うのなら、お近くのハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。転職サイトのように多くのお知らせやメールが送られてくることもありません。
  • 退職|再就職の面接でかなり高確率で尋ねられることが前職を辞…

  • 再就職の面接で必ず質問されるのが職場を辞めたわけです。このような質問が出た時には退職した会社を話題にしないほうが最善です。会社を退職した経緯が中心となり話が進むとどうしてもマイナス要素を伴った面接に進んでしまいます。どのように話せばいいかと言えば、なぜ前の職場を辞めたのかという事をこの会社にぜひとも入りたい理由があったからという話の中身に進めていくということで、自己アピールもかねて今面接に来ている会社に焦点をもっていくべきなのです。転職理由でも、その会社の話であれば、悪い面ではなく好印象の前の職場を去った理由に聞こえます。
  • 仕事を探しているときに目を光らせる求人情報に関しては・・

  • 仕事を探しているときに注意を向ける募集要項に関しては、参考程度に、アバウトに載せていることもあり得ますので、書いてある内容はすべて間違いのないものだとあてにするのはやめておいたほうが最善だと思います。なかでも生活に大きくかかわってくる給料の金額などにおいては、平均的な額なのか?最低額なのか?それとも最高値の金額であるのか?という評価ができないケースが多く、勝手な判断で理解したつもりでいると、今後、嫌な思いをすることになりかねません。という訳で、嫌な思いをすることになる前に、募集事項に関しては、うのみにせずに、そういったたいへん大事な事は会社の方に直に連絡を取ってみた方が好ましいでしょう。
  • これまで経験したことがない分野などに転職したい場合には、…

  • 全くの未経験の業界などに転業する際には、自分が以前の職場で養われた能力や今までの経験値が生かせるといった内容の自己アピールがいるようになります。働いたことのない業界の場合、それだけその分野の経験者よりも正直、損にはなりますが、自分が保持しているスキルがその業種でも生かせるということをしっかりと相手に伝えることができれば、戦える場合も出てきます。そのような訳で、経験のないジャンルにチャレンジする際には、その業種とこれまで自分が働いてきた仕事内容とのつながりを徹底的に探しましょう。
  • 先日新しい仕事先を見つけようと人材会社に登録に向かいました。

  • 人材会社へ登録に向かいました。そこでカウンセリングに出てきた担当者の雰囲気がどうも会社に入って間もない社員のようで、私が説明した話の5割も彼は理解していないように見えました。おまけに「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「もっと強みをはっきりとさせるべきでしょう」とか、上から目線で横柄に話すので非常にイラつきました。カウンセリングを担当させるのはいくらか仕事の経験がある社員にしてほしいです。