女性の転職に際して、一昔前と現在とは若干の変化が見受けられます。

女性が再就職する際、セクハラが社会的に問題になる前と今現在と…

  • 女性が転職する際、今と数年前では少なからず、状況に違いがあったりします。前は面接の際に、結婚観や出産後の考え方など、一般的なこととして質問していました。しかし、今現在の流れとしては、結婚などについては、セクハラに該当する恐れがあるとして、聞かれないことのほうが多くなってきています。また、名の知れた大企業ほど、かなり神経質になっているといいます。とはいえ実際、企業側は、はい・いいえ、だけでなく、その女性の生き方結婚後・出産後の細かい予定を知っておきたいとは思うはずです。自らの考えを知っておいてもらうためにも、自己PRや志望した動機と併せて表現することで、面接官にも考えが伝わり、安心できると思うわけです。ですから、たとえ、聞かれていない内容でも、あなたの側から積極的に話していくことを考えてみてください。

    転職を考えているなら、こまめにさまざまな企業の情報を日常的に調べたり比較したりしておく…

  • 再就職を念頭に置いているなら労を惜しまずにいろいろな会社の情報を定期的にチェックしておくと再就職先の判断がとてもしやすくなります。あなたが現在の仕事に何か不満や納得いかないことがあるケースでは、本格的に転職活動を開始した時に、どんな会社でもいいように思えてしまします。そんな状況に陥ってしまうと、どの会社に決めればよいのか判断できなくなり、判断を大きく間違える可能性もあります。その結果、最終的には短期間で退職の道に進んでしまうので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておいたほうが良いのです。良い方法は、企業の雇用面だけ見るのではなくその会社の「取引している会社」も気にしてみましょう。良い企業は、取引先を公開していますし、反対にそういった企業ではない場合、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、よく見ておきましょう。また、企業によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループの名前で中身をチェックしておくのも良いでしょう。

    再就職での面接などの時に名刺を差し出してきた場合、同じように自分も名刺を…

  • 転職の面接などにおいて担当者が名刺を手渡してきた場合、あなたも相手の方に名刺を差し出すべきであるのか?と対応の仕方に悩んだときは、一般的には差し出すことはないと考えておきましょう。転職のための面接においては仕事内ではなくて、職に就くための就職活動の一部であるわけですから、ほとんどの場合は名刺を交換する場とは違います。それに加えて、会社の者として出向いているのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。要するに、相手側から名刺を差し出されても、あなたは受け取るだけで問題なくて、面接担当者に相手の方にあげる必要性はないと考えられます。

    退職|仕事をするにあたって心的なダメージが蓄積され、職場を変えなくてはいけない状況となったな・・

  • 会社で何かあって心的に厳しくなって、転職せざるを得ない状況にまで悪化したなら、そのときは、相談するのは会社でなく家族などの近しい存在の人に話を聞いてもらい退職するかどうかを決めたほうがいいです。というのは、働くということは自身のためでもあります。が、しかし身内の問題が第一にあるからです。毎月、納得のいく給料が良いからといって、精神がダメージを負うほど仕事をすることは良いとは言えません。今の社会では、経済的なことよりも、働きやすさを大事にする生き方も徐々に認められつつあります。ですから、あなたの家族とともに、自身の心と体も大切にしましょう。

    転職候補に挙がっている会社で見学などがあると良い勉強になります。

  • 転職したい会社で見学しておけば、すごく勉強になります。とりわけ、「職人」がいる会社での見学は、職人技を間近で見られるので楽しみです。しかし、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ例外なく、普段の働き方を見せてはくれないものです。例を挙げるとずばり、ブルーワーカーなどの業種です。この分野では、癖の強い人が多いので働きだしてからでないと、実際の姿はわかりません。ですから、「見学現場=仕事現場」と決めつけないことが無難です。ましてや、会社見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社はとてもキケンですし、良い会社とは言えません。入社してもいない人には仮に問題が起きたとしても、保証が一切ないので、仮に、勧められても丁寧に断るようにしましょう。

    転職活動と今の仕事の同時進行を行っている人が多いです。

  • 転職活動を現職と並行している人は少なくありません。ですが、忙しく仕事を続けつつ求人を探しながら、その応募手続きをしたり、面接に行く、というのは消耗が激しいといえます。さらに転職活動時は、それを同僚や上司に隠さなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、仮に、そうした場合に書類選考が通りいざ面接というときに辞退すれば厄介な事態となるかもしれません。エージェントをあいだに入れていた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、他方自分でダイレクトに応募したとしても、応募した企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。いずれにせよ貴重な時間を失う結果になるおそれもあるので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と理解しておきましょう。

    退職|転職なら、当然仕事におけるやりがいのアップと共にそれだけでなく…

  • 転職をするならば、やりがいを考慮することも大切だけど加えて手取りが増えることも大切なので「年収比較サイト」に登録してあらかじめ研究をしています。全く同じ会社でそして同一の職種、経歴なのに人によって大きな違いがある場合も複数あり、ぶっちゃけて言えば面接で質問をしたことがあります。面接官もそのサイトをよく見ていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた人物も誰であるのかある程度予想はついているんですけどね、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方の年収だと考えておいてください」とのことでした。

    退職|転職サイトはメジャーなサイトの方が豊富な量の求人情報が掲載されているた・・

  • 転職サイトは、大手であるほど掲載される企業も多いため、2~3社程度、とりあえずはメンバー登録した上で、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、さらに条件に合う求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと楽に転職についての情報収集を行うことが可能になります。しかし、最初だけは登録するのが本当に大変なので、サイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録を行う初日は、時間がやや必要ですし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、次回以降は、新着情報だけチェックすれば良いので、次回以降の応募を楽にするめにも、最初の準備を怠らないことを心がけてください。

    転職活動を行う上での最後に残る厄介な難問として、現在勤務している企業からの退職があります。

  • 転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない問題として、「今の会社の退職」があげられます。転職先の企業から採用の内定を得たとしても、今いる会社があなたを手放したくないとして引き留めようとするはずです。仮にそうなったとしても、「ゼッタイに退職する」という強固な気持ちでいることを重要です。もしも会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、遅かれ早かれ関係が終わることになります。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきます。そうして、決定権を持つ上司と直接話し、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」とハッキリと伝えましょう。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動の大事なポイントです。

    転職時に重要となるのが「面接」である。

  • 再就職をするときに要となるのが「面接」になります。大半、面接の際は、面接担当者が応募してきた人に対し、転職を決めた経緯や退職理由などいろんな質問が飛んできますが、そして、一通りの質問が終わると、転職希望者から、面接担当の人へ疑問点などを質問できます。面接担当のスタッフから「なにか弊社についての疑問に感じることはありませんか?」と聞いてくれるわけです。そういった質問が来たときは、面接者本人が対応できず、アタフタしてしまう可能性があるかもしれません。こんな場面に備えて、予め面接官からの問いに際し、答えを用意しておくのがベストです。すべてを把握していない職場ですし、よく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

    再就職の際の面接は、規模の小さい企業だったらおおよそは、その社内の「人事」担当者が面接官ですが…

  • 転職の際の面接では、零細企業だったらほとんどは「人事」が面接担当になりますが、それ以外の場合もあるようです。例を挙げるとしたら、共に仕事をする現場の担当者、要は部長や課長などが担当することもあります。とりわけ事務・営業に転職する場合は資格などという人の判断をするのが難しいですから、やはり自分自身を売り込んでいくことで好印象を与えられます。面接担当者たちから「この候補者は、堂々と自己アピールしてるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大切です。

    これまでの私は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」で仕事を探していました。

  • かつての私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」を活用していました。なぜなら、大手の転職サイトはなぜか都心部にある企業の求人がほとんどだからです。このため、求人を探す際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。掲載されているいくらか給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、昔から地域ある企業が多く、安心できます。ですが、「ハローワークって地味な雰囲気がある」と思われている人も多いとは思います。でも、転職サイトには掲載されていない求人があるので、近いうちに退職後にすぐ転職活動したい方は、ハローワークへ1度行ってみるのも手です。人気の転職サイトのように執拗な電話やメールもありません。

    転職で面接で決まっているかのように尋ねられることが辞・・

  • 再就職をする時に面接でだいたい追求されることが前職を退職した原因のことですが、このような質問になった場合には話題を辞めた会社のことにしない方が賢明です。辞めるに至った経緯を的にしてしまうと必然的に良くない面を伴った内容になってしまいますから。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、どうして以前働いていた会社を退職したのかという事をこの職場にどうしても入社したかった理由があるという話に進めていくということで、自分が入りたい会社に焦点を向けていくと良いでしょう。こういった話ならば、悪い面ではなくプラス面を印象づける前職を辞めた事情にすることが可能です。

    仕事を探しているときに閲覧することになる求人内容について…

  • 転職を考えている時に閲覧することになる募集要項については、おおまかなものとして書かれている、という確率も少なくはありません。ですから、記載内容がすべて正しい情報だとは迂闊に信じないほうが最適でしょう。その中でも特に生活に大きくかかわってくる給与面に関しては、社員を平均した額なのか?最低保証の金額であるのか?最高の給料であるのか?というようなジャッジができない人はたくさんいて自分勝手に決め込んでしまうと、悔しい思いをする事もあるでしょう。したがって、そんな風にならないためにも、求人内容に関しては、おおまかなものだと思って、そういったようなとても大事な事は会社側に直に確認した方が適切でしょう。

    退職|全くの初挑戦となる業界などに転職を行う際は、自分が前の業…

  • 経験のない分野などに転業したいときには、自分が以前の職で培ってきた腕前やこれまでやってきたことを生かすことができるという内容の訴えが必要です。働いたことのない業種の場合、経験のない分その業種で勤務したことがある方よりも実際のところ、不足することはありますが、自らが保持している力がそこでも生きるということをしっかりと相手に伝えることができれば、勝負になる場合も十分に考えられるのです。ですので、経験が全くないジャンルに挑むときには、その分野と自分が今までやってきた職務とのつながりを必ず見付けましょう。

    一昨日転職先を探すために人材紹介会社へ登録に向かいました。

  • 先週新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。カウンセリングの時に出てきた担当の人が見たところ新入社員じゃないかと思う人で、私が説明していることの2分の1もわかっていない感じでした。おまけに「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを明確化することが大切です」等、ベテランのように偉そうに話すのでとても不快でした。カウンセリングをする人はいくらか仕事を経験している人にするべきだと思います。