女性の転職については、今とセクハラが問題視される前で・・

女性の転職については、今日と数年前では多少の変化が見受けられます。

  • 女性が転職する時、今現在と数年前では若干、違ってきている点があります。前までは、結婚と出産についての考え方など、質問されることが珍しくありませんでした。ですが、今現在の流れとしては、そういった内容は「セクハラ」と捉えられ、質問されないこと、が増加傾向にあります。名の知れた大企業ほど、あからさまに避けるようになっています。けれども実際、会社側としては、はい・いいえ、で返答するのではなく、その人の姿勢結婚後・出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、知っておきたいとは思っています。あなたの人生設計を理解しておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望動機の中に織り交ぜながら言い表すことで、面接官にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると思うわけです。なので、質問されていない箇所も先にあなたから気遣いながら話をしておくのが良いです。
  • 転職を念頭に置いているなら労を惜しまずにいろいろな企業…

  • 転職を念頭に置いているなら労を惜しまずに多種多様な会社の採用情報を普段からチェックしておけば転職した後の見る目にかなり役立ちます。あなたが今の仕事に満足感がないケースでは、いざ転職活動をする時にどんな会社でもいいように映ってしまいます。そういった状況下では、どこを選択するべきか、迷ってしまい、どんな企業でも飛びついてしまうのです。雑な行動を取ると、最終的には短い期間で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、会社の良しあしを見極める目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、転職したい会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、転職したい会社の取引先を見る事です。透明性を重んじる会社は取引先を公開していますし、反対にそういった会社ではない場合、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、求人チェック時に見ておきましょう。そのうえ、会社によって個人グループに入ってることもあるので、グループの名前で中身を調べておくのも良いでしょう。
  • 再就職の時の面接などの際に名刺を差し出してきた場合、…

  • 転職における面接などに関してもし名刺を差し出されたとしたら、自分も相手の方に名刺を渡すべきか?渡さないべきか?と対応の仕方に迷ったら、大方は差し出さなくても良いと理解しておくと良いですね。転職のための面接は仕事の内ではなくて、仕事を得るための採用活動の一環です。ですから普通に考えれば名刺をやりとりする時間ではないのです。それに加えて、会社の人間としてではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。そういった訳で、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、あなたは受け取るだけで問題なくて、担当者に相手に渡す必要性は少しもないと判断できるのです。
  • 退職|仕事によって回復が難しいほど精神的にかなり厳しくな…

  • 会社が原因で回復が難しいほど精神的にとてもつらくなってしまい、転職せざるを得ない状況になったのなら、職場の人と相談していくより身内などの近しい存在の人に相談したうえで、退職するかどうかの判断をした方が良いです。なぜかというと、仕事をするということはあなたのためでもあります。が、しかし同時に、家族の問題ともいえるのです。毎月、納得のいく報酬がいいとしても精神がボロボロになるほど我慢して仕事をすることは良くありません。現在では、物質的な豊かさよりも、仕事のしやすさを大事にしていっても良いはずです。あなたの家族、自分の心身をいたわりましょう。
  • 転職先の会社見学ができれば、すごく勉強になります。

  • 転職先の会社見学は、かなり参考になります。とりわけ、職人さんのいる会社ではスキルを間近で見られるので楽しくなります。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほぼ見学者には、本当の働き方を見せないのが特徴です。その最たるものが、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。この分野では、個人のプライドが強いので実際に仕事を始めてみるまでは、本当の働き方が出ません。ですから、仕事=見学内容と考えないことがとても賢明です。加えて、会社見学時に仕事体験させてくれる会社は、問題があるのでハッキリ言うと「論外」です。正規雇用が結ばれていない場合、仮に何かしらのトラブルが起こっても、保障もないので、仮に、勧められても角が立たないように断るのが無難です。
  • 転職活動を現職と並行している人が多いです。

  • 今の仕事をしながら、同時に転職活動を行う人は多いです。とはいっても、忙しく仕事を行いつつ求人情報を調べて、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは心身ともに大変です。転職活動を行っている間は、今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。深く考えずに応募する、という人がいますが、仮に、書類選考をパスし、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントにサポートしてもらって応募していた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、自分で直接、応募したとしても相手企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。どちらにせよ自分自身の貴重な時間を空費するおそれもあるので、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると理解しておく必要があります。
  • 退職|転職先を選ぶにあたって、むろんやりがいのある仕事か考えることも重要だけ・・

  • 転職にあたっては、仕事のやりがいアップと共にそれだけでなく給料が増えることも大きなポイントになるから「年収サイト」に登録をして事前に研究しています。全く同じ会社でそして同一の職種、社歴であるにも関わらずすごく人によって違いがある場合も多数あり、正直なところ面接で質問をしたことがあります。面接官もそのサイトをよく見ていたみたいで「ああ、高収入で書かれているのは、書いたのは誰かそこそこ見通しがついているんですけどね、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方の給料だと考えておいてください」とのことでした。
  • 「転職サイト」は、大手が運営しているものほど多くの転職情報が掲載されているため…

  • 転職サイトは大きなサイトの方が掲載される会社も豊富なので、気に入った2,3の会社を、転職サイトに登録しておいて、希望する勤務地や年収について条件を設定しておき、条件に合う案件が自動的に通知されるように設定しておくと転職活動がかなり楽になります。しかしながら、はじめは登録するのに本当に時間がかかるので、サイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。初めの登録のときは少し時間がかかりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、次回以降は、は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、後の応募を考えれば、初めの準備をしっかり行うことを心がけるのが得策です。
  • 退職|転職活動における最後の難関として、今勤務している会社の退職があげられます。

  • 転職活動の最後の難関として、今勤務している企業からの退職があります。転職先の会社から採用の内定をゲットしても、現在勤務している会社があなたを慰留するというのもよくあることです。そうなってしまった場合、「ゼッタイに退職する」という強固な信念を持つことが重要です。たとえ引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。会社の規定を確認し、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意しましょう。それから、決定権を持つ上司と相談し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、遠慮せずに伝えましょう。円満退職をすること、これも転職活動の大事なポイントです。
  • 再就職する際、比較的重要視されるのが「面接」です。

  • 再就職をするときに比較的要となるのが間違いなく「面接」になります。よくある面接の際は応募者に対して、転職するに至った理由や退職理由など色々なことを質問されると思います。面白いことに面接の終わり頃になりますと、次は、転職希望者から面接担当の人に疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。面接担当者から「何か我が社についての疑問点はありませんか?」と尋ねてくれるわけです。この手の質問が来たときは、面接者本人が対応できず、何も聞けなくなる可能性があるかもしれません。こういった場面に備えて、面接の前には面接官からの問いに対し、(あなたからの質問を)いくつか考えておくのもいいかもしれません。冷静に考えてみればいくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • 転職のための面接では、小企業であれば、おおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官です…

  • 転職のための採用面接では、小企業であれば、大体が「人事」が面接官ですが、それ以外にも実際に今後共に仕事をする一番偉い人、一言でいえば部長や課長などの管理職が面接する可能性も考えられます。とくに事務系・営業系に転職する場合は資格などという人の良し悪しを判断しづらいので結局のところ自分自身を売り込んでいくことが重要になります。面接官から「この人はハッキリ主張できるし、頼りになりそうだ」と思わせ、印象付けることがとても大事になります。
  • 退職|前は職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」に通っていました。

  • 以前は、求人情報は「転職サイト」ではなく、私はハローワーク派でした。というのも大手「転職サイト」は、なぜか都心部での求人情報がメインになっているためです。これまでの求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」のみ使っていました。やっぱり、掲載される企業や給料といった条件は見劣りしますが、昔から地域に根ざした企業もあり、安心できます。また、「ハローワークって地味な雰囲気がある」と誤解している方も多くいるかもしれません。以外にも、理想に近い企業が掲載されているかもしれないので、これから転職しようと考え中の方は、お近くのハローワークに1度行って様子を見ておくのも良いと思います。「転職サイト」みたいに多くのニュースレターが来ることもありません。
  • 転職で面接でほぼ確実に聞かれるのは会社を辞めた原因についてですが…

  • 再就職をする際で絶対に聞きだされることが以前勤務していたところを退職した原因なわけですが、この質問に回答する場合には話題を辞めた会社にしない方が良いです。会社を辞めた経緯を中心に話をすると言うまでもなく悪い印象を与える要素を取り込んだ話になってしまいます。どのように話せばいいかと言えば、どうして前の職場を退職したかという点をこちらの会社に必ず入社したいという考えがあったからという話に向けていくということで、自己アピールもかねて今面接に来ている会社にスポットを当てるべきなのです。転職理由でも、今面接をしている会社のことであれば悪い面ではなくプラス面を印象づける前の職場を去った理由になります。
  • 再就職をする際にチェックすることになる募集事項の情報というのは…

  • 転職を考えている時にチェックすることになる求人情報については、参考程度に記載されている、ということもあり得ます。なので、そこに掲載されている情報はすべて正しい情報だとは思い込まない方がよろしいでしょう。そのなかでも生活に大きくかかわってくる給与の額などにおいては、社員を平均した値なのか?最低限なのか?最高値なのか?というような評価ができる人は少なく、自分で適当に判断してしまうと、後になって嫌な思いをする可能性も少なくはないのです。なので、そんな風にならないためにも、求人に掲載されている情報は一般的なものだと思って、そういったたいへん大切な事は会社に直接確認を取ってみた方が好ましいです。
  • 初挑戦の分野などに転業したいと考えている場合には、以前の業界で、自分・・

  • 全く経験したことのない分野とかに転職するときには、以前の会社で、自分が養われた能力やこれまでの経験が生きるといった内容の訴えが必要です。経験をしたことのない業界の場合、その分だけその分野で今まで働いてきた人たちよりも正直、不利な状態になりますけど、自らの持っているスキルがそこでも生かすことができるということをしっかりと伝えれば、勝負になることも多々出てきます。という訳で、未経験である業種に挑む場合は、その業種とこれまで自分が働いてきた仕事との関係性を必ず探しましょう。
  • 退職|昨日転職先を見つけるために人材会社に登録に向かいました。

  • 転職先の会社を探すために人材バンクへ登録に向かいました。そのとき登録するときのカウンセリングに現れた担当の方が見た感じ新入社員じゃないかと思う人で、こちら側が説明をしていることの50%も彼はわかっていない様子。さらに「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと強みを明確にしていくことが必要です」等、経験豊富なベテランのように横柄に言うので非常にイラつきました。カウンセリングを担当する人はそれなりにカウンセリングのスキルがある方にしてほしいものです。