再就職をスムーズに行いたい場合、相応の準備はしなければなりません。

転職活動を進めるには、相応の準備が必要となります。

再就職にあたって然るべき準備をしておく必要があります。そのなかでも、「ファッション」を気になるところだと思います。…が、今の採用面接では私服で大丈夫な会社があるので、「面接はスーツでなくては」と考えて面接に出向かなくても良いでしょう。とくに創業したての新規の会社などは、お堅いルールもないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手に好印象を与えられます。また、ざっくばらんに話が出来るのも魅力です。また、私服だと時には面接時に服装の事で話題が広がることがあります。ですから、もしかしたら面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。というワケで、今後、転職は会社の「創業年数」を確認し、(ベンチャー系企業の)面接の際は私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている…

転職を、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に注意してほしい点があります。一般的に派遣に対して、お茶出し、その他雑用等をといったものをなんとなく連想する人が多いかと思います。はじめは私もかつてはそう思っていました。現在働いている職場に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「電話対応が主な業務」と面接で説明を受けました。が、実際に入社してみると、なんと「電話対応」に加え、退職した正社員の穴埋め業務を要求されました。特別な知識もなく、入社前の説明とは異なる内容ばかりなので日々非常に困っています。今はただ派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、…

現在、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり、悪質な企業の場合は公表されるなど、厳しく罰する傾向にありますが、パーフェクトとは言い難いです。なので、面接時に「ブラック企業」かどうか、自身で判断してみましょう。はじめに、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それらの項目を一点ずついろいろと質問してみることです。「ブラック企業」と対峙している場合には、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。その場での回答を避けるなど逃げの姿勢に入ります。とりわけ「給与」「残業」「休日」においては、質問をしつこくしていると、渋い顔をするケースが多いです。それでも質問を止めずにいると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、何か違和感を感じたら、入社は止めるべきです。

退職|生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、何もしなくても受け取れると思っている人・・

生まれて初めて失業保険をもらうときに、何もしなくても受け取れると思っている人が極めて多いですが、それは間違いです。実は、失業保険の給付を受け取るためには、求職活動を続けていることが条件で、その上、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。月ごとにスタッフに求職活動の状況を報告して真剣に仕事を探していることを理解してもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。他方、真剣に仕事を探そうとしていないと判断されたり、毎月の職員との面談を欠席している場合は、当然問答無用で給付の一時停止となったり、ケースによっては以降の給与資格をなくしかねないので、それを防ぐために注意してください。

派遣の仕事が決まりました。仕事の最初の日に派遣会社の営業の担当の方…

派遣の仕事が決まりました。勤務1日目に派遣会社の営業の担当の方と就業場所付近のコンビニエンスストアで待ち合わせをしたら、どうしたことかコンビニエンスストアの前にいないから店内にいるのではないかと思って店内に入っていくと、彼はなんとまあ雑誌コーナーのところで座りいかがわしいグラビアページを開けて読んでいるところを発見!こんな担当者の仕事なんて我慢できないことと判断し、そこで声をかけずに気付かれないように店内から出てすぐに派遣会社へ辞退の連絡をしました。

転職先でそれまでに培ってきた資格やキャリアを活用できれば…

新しく就いた仕事で今までに身に付けたキャリアが生かせれば、即戦力として一目置かれ即、職場にも馴染めるはずです。同時に会社側としても、即戦力となる人材は常に欲しがるので、タイミングさえあえば、簡単だといえます。更に今までの仕事内容と同じような職種なら転職はとても楽となります。かと言って、まずまずのスキルがあるといっても大手の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)などは、時代・景気に関係なく中々の難関となることを覚悟しておきましょう。

雇用期間中なら、できれば周囲が気づかないように、(自身のと・・

雇用中はなるべく会社内の人に悟られないよう、(私の転職活動では)在職期間中に「転社するかも」という考えのみはじめのうちに社内で知らせたことがあります。ところが、その顎、求人サイトを散々見て回ったのですが、予想に反して働く先やタイミングも何も煮詰まっていないままズルズル時間だけが経過してしまいました。そして一方の会社の側は、退職に関わる諸々の手続き、自らの退職日などが続々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な展開を迎えました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経たあと、次の就業先を探すハメになりました。

転職活動をやっていると、必ず尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動で面接のときに高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち「志望動機」は、あなたの思ったことを正直に伝えて問題はありませんが、「転職理由」を、率直に伝えると問題があるかもしれません。給料の不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、面接担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。そして、「入社後、〇〇をしていくつもりです」、「5年先はこういったことをしているだろう」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

転職する時に行われる面接につけていく腕時計に関して…

転職の面接でつける腕時計は、どう見ても目立つタイプの時計はやめた方が最善といえます。この場合の目立つという意味は高そうなデザインだったり、それとは真逆でチープに見える腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういう意味であって両極端な意味で目を惹く、と覚えておいてください。再就職の面接のときの腕時計においてもポジション的にはスーツやネクタイと同じように考えて、ビジネスの場にふさわしい安全なものを選んだ方が確実だと言えます。とはいえ、自身の年齢に見合った腕時計であるということも必要な条件であり、新卒で受けた面接のときに着けていた腕時計よりはわずかでも値段が高いものにした方が間違いないということははっきりといえます。

退職|こういう転職というのは兄の友人から聞いた話です。

友人から聞いた話です。新卒採用で入社することを強く希望していた目標であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら不採用になり、そのため別の会社に就労しました。そのあと1年経ったぐらいに派遣の求人サイトをチェックしていた時A社の紹介予定派遣の仕事を発見して、いてもたってもいられなくなってその時の会社をすぐに辞めて、A社での派遣就業を開始、思い切った行動ですね。死ぬ気で頑張ってそれから学生時代に憧れていたA社で正社員として採用され、今となっては仕事のやりがいを持ちながら楽しそうに働いています。

昔から日本には「石の上にも三年」という格言があります。

古来より日本には「石の上にも三年」という格言があります。現在、「終身雇用制度」が死語となりつつある現代では「転職」を経験するのが当たり前の世の中になってまいりました。でも、「転職」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、やたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。実際に再就職するには大切なのは適した時期といえます。はじめに、現在の職場・具体的に、例えば仕事内容や待遇面について何が不満なのか、何が不適なのかをおよそ10個、探してみてください。そうしておくと、転職に役立ちます。そして、将来の進路が自身で見いだせたら、できるだけ手早く、今より良い職を手に入れるべくトライしてみましょう。

退職|いい職場がいいと転職希望者のとき、「一刻もはやく内定(採用通知)が手にしたい・・

もっと良い会社に入りたいと転職活動をする大半は、「1秒でもはやく、採用通知が手に入れたい」と考えるものです。ですが、それで吉報を欲しいばかりに、自分自身の能力を高く偽ったり、あるいは反対に自分を過小評価につながる売り込みは出来るだけ避けておきましょう。焦る気持ちはガマンして、冷静に客観的に考えながら自分の能力にあった職場を探すことに集中しましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、さらには、今後のキャリアアップが実現できる職場を見極めましょう。

今ある自分のスキルや資格を武器に就職活動を考える場合に、…

自身のスキルをふまえて転職を検討する場合は、再就職しやすい業界と、そのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を理解しておきましょう。転職が容易な業界としては、常に人手不足になっている医療や介護系の業種がとても有名ですね。医療・介護系の仕事は看護師、介護士の資格が必要で、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、仕事に対しての不満によって、他の業界へ転職したいと思っているのなら、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の業界は、人材の流動性は少なくなります。ですので、安易に考えない事が必要です。転職を希望するなら、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけておきましょう。

退職|将来、労働力という観点においてぐっとシンプルな作…

将来的に、私たちの社会的環境において考えなくてもできる仕事は機械によって当然のことながらそういう仕事をする労働人口は少なからず減っていきます。どうしてかというと、単純労働は人よりも機械でやったほうが数段に分があるからです。数をカウントしたり、同じ作業をずっと繰り返すことは機械では当然問題ありません。もちろん人と違って愚痴も言わず、疲れもしない、ズルもしないし、何より正確ですし、均一化できるのも魅力です。付け加えて、「人件費」も発生しません。こういった点から、生身の人間を使う意味がまったくなさすぎます。ですから機械化されるのは無理もありません。

自らが求職中のころかなり何社かの人材紹介会社に登録していのだ・・

私は以前ずいぶん多くの人材紹介会社に登録していました。転職のアドバイザーのレベルにおいても本当に多様でほぼ満足のいく対応をしてくれない人ばかり。こっちは人生の大事な事なのにもっと真摯に向き合ってほしいという考えがいっぱいになってしまいました。それがきっかけとなり自らキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。資格取得にはお金もいりましたし勉強面もかなりヘビーでしたが、就活中の人に信頼されるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。

退職|転職をする際に用意しないといけない履歴書は、ほとんど・・

転職をする時に絶対に必要となってくる履歴書や職務経歴書などに関してですが、原則的にはパソコンを活用して作るのが一般的となっています。日本国内では履歴書については自筆で書くのが一般的だと思われていることも多いですが、それは新卒に関する就職活動やアルバイトやパートの時であって、転職に関しては履歴書は絶対に手書きでないといけないとはっきり言うことはできないのです。自筆の履歴書や職務経歴書を高く買うところもありますけど、違う会社がどんどん多くなってきているので、パソコンで作成した履歴書でもよろしい会社は多くあるのです。