仮にあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」のように・・

仮にあなたが転職を考える場合に「Uターン」「Iターン」といった形で、…

再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方へと移住したうえで再就職してみたいと考えている方が、ここ最近増加しています。一昔前とは違い転職サイトの地域指定をするだけで、地方・郊外の求人も容易にアクセスできます。しかしながら、郊外や地方での求人情報では、どうしても大都市よりも少ないので、それがマイナスといえます。といった性質上の問題があるので、転職サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。「地方自治体・商工会議所」のサイトなども確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する就業サポートの有無も注視しておきましょう。

退職|転職エージェントは一度登録すると、嫌になるぐらい電話やメールをしてきます。

「転職エージェント」は一度登録したあとに、電話やメール連絡が何度も入ります。「転職エージェント」の初心者の方は、かなりビックリするはずです。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが役割だと考えられるので、非常に積極的にアプローチしてきます。大手のエージェントは、転職を成就させると企業から報酬が支払われる仕組みであることから、転職希望者の都合よりも企業側を優先的に考えるケースが目立ちます。その上「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定が出るとすかさず、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。防御策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、転職にしくじらないように注意しておきましょう。

楽しんで再就職に向けての転職活動と向き合っていけば…

将来に目を向け、楽しみながら転職をすることができたら、メンタルに重荷を感じることもないので、転職活動の間の堕落も避けられます。おまけに精神的な部分が元気なままでいれば、直ぐに転職が出来るでしょう。もっとも良いのは、休職期間を作らずに新しい職場に飛び込むことが重要です。今ある仕事をしながら、新たな仕事を探すのが理想です。それに、間をおかなければ仕事を辞めたあとすぐに、働けます。このようにしておくと、職歴の空白期間がなくなるので、履歴も傷がつきません。要するに、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを考えつつ、転職活動を考えてみてください。

退職|転職を考えるとき、転職後の自身の給与を過剰に気にする人・・

転職というものについて考えた場合、その職場の給料ばかりに気を取られる人がどうもいるようです。大多数は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活するために働いているのでしょう。ですから自分の価値を測る指標でもあるので大切なものとして扱うのは当然なのですが、しかしながら、年収額ばかりを気にかけすぎる生き方というのも考えものです。この世には年収が期待できない業種でったも精神的な充足感を得られることは少なくないからです。

転職活動を進めるには、準備はしなければなりません。

再就職にあたって然るべき準備はしなければなりません。とくに、目に見えるファッションは気になっても仕方がないと思います。ただ、ここ最近の、企業面接では形式ばらない服装がOKな企業も多いので、ガッチリとビジネススーツで決めて赴く必要がないケースもあります。とくに創業して間もない企業などは、厳しい規則も作られてないことが多く、私服で面接を受けたほうが、相手先に印象をあたえます。さらに、フランクに会話がしやすい、というメリットもあります。そして私服なら、面接時に、服装の話題で盛り上がる可能性もあります。ですから、担当者と仲良くなれる期待ができます。というわけで、これから転職活動をするつもりなら、企業の「創立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

退職|これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている…

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひ注意してもらいたいことがいくつかあります。一般的に派遣に関しては、データの入力、その他雑用等をなどの業務内容を考えてしまった方がいるはずです。はじめは私も今、働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、「電話対応がメインです」と面接で派遣会社から伝えてもらっていました。が、実際に働き始めると、「電話対応」以外に、足りない正社員の業務の穴埋めを要求されました。とくに何をしていいのかもよくわからず、入社前の説明と大きな食い違いがあるので日々全くわからないような内容でしたので、今は、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

近時は、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして…

今日では、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件による取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公表されたりするなど、厳罰化の流れが続いていますが、完璧とは言い難いというのが現状です。そのため、面接で見破る必要が生じます。ともかく、求人票などで労働条件をチェックし、それらの項目を一点ずつ遠慮せずに質問してみることです。おおよそブラック企業であれば、記載内容にウソがあったときは、返答が不自然になります。「その場ではちょっと答えられない」といった逃げようとすることが多いです。特に「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問を続けていく中で、渋い表情を見せる場合が多いです。それでも迫ると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、会社の正体がわかります。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、何か違和感を感じたら、その会社は選択肢から除外しておきましょう。

生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、じっとしていれば受け取れると考えている人…

生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人が多数派ですが、それは誤解です。本当は、希望通りに受け続けるためには、求職活動を行っている必要があり、その上で、月に一度はハローワークに行く必要があります。毎月職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、真面目に就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月、保険が給付されるシステムです。もしも、真剣に就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、毎月の職員との面談欠席したときは、問答無用で給付してもらえなかったり、場合によってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそれを防ぐために注意してください。

派遣で働く会社が決まりました。

派遣として働く会社が決まりました。最初の出勤日に営業の担当の人と就業場所の近くにあるコンビニで待ち合わせをしたところ、担当者がどういうわけか約束のお店の前にいないから店内にいるのではないかと考え店の中に入ってみたところ、営業担当者は驚くことに雑誌コーナーにしゃがみ込んでいかがわしいグラビアページを開いて読んでいるのを発見!こんな担当の方のお仕事なんて勘弁してと判断し、声をかけることもなくこっそりとコンビニの外へ出てすぐに派遣会社へ辞退する旨の連絡をしました。

新たな勤め先で過去の能力を活かせられれば、即戦力として一目置か…

新しく就いた職場でそれまでに身に付けた実力を活用できれば、即戦力として仕事を任してもらえ、早々に職場で存在感を得られるでしょう。それはつまり雇用した側としてもそのような即戦力は常に必要なので、時期さえ良ければ、難なく採用されるでしょう。しかも、以前の仕事と同じような仕事なら確率は十分にあります。けれども、即戦力となる実力があったとしても一流企業の事務職、公務員(国家・地方ともに)は時代に関係なく、中々の難関を突破しないと就職自体が難しくなります。

雇用中には、可能ならば、周囲に気づかれないように、…

雇用期間中なら、できれば会社内の人に悟られないよう、(私の例ですが)雇用期間中に転業したいという意図だけ、はじめのうちに社内で仄めかしたことがあります。だが、その顎、求人サイトを必死に色々と探してみたものの、悲しいことに就職する転職時期も無鉄砲に決まらずズルズルと時間を空費する結果に。そしてその傍ら、会社のほうは、仕事の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが決定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験したあとで、次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。

退職|転職活動を行っていると面接時に絶対に質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職のための活動を行っていて例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。「志望動機」は、思ったとおりの内容で構いませんが、これとは異なり転職理由について隠さずに話すのはよくありません。例をあげれば給与に関する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、面接官に悪いイメージを持たれやすいものです。おそらく、自分の得にならないことをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持ちやすいので、遠回しに聞き出そうとしてきます。悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。そして、「入社したなら、〇〇をしたいです」、3年後にはこうなっていたい、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。

再就職の面接で着用する腕時計について申し上げますが、…

再就職時の面接につけていく腕時計に関しては、明らかに目を惹くようなものは着用は避けたほうが良いと言えます。目立つというのはブランドの腕時計であるとか、といったことだけではありません。真逆でチープなものに見えるとか、そういった目を惹くという意味であって真逆で目を惹く、と考えておいてください。転職の面接の際に着用するべき腕時計においてもポジションとしてはスーツやネクタイと同じように、安全なものを身に付けるほうが賢明です。ただ、自分の年齢にあった腕時計というのも条件の1つで、新卒の時に面接でしていたものよりは多少なりとも値段が高い腕時計にした方が好ましいとはっきりといえます。

こういう転職という話は知り合いの話です。

この話は友人から聞いた話です。始めに新卒の際にどうしても働きたかった憧れの対象であるA社で行われた最終面接で不採用になって、それから先嫌々ながら違う会社に就職しました。それから数年経過した頃に派遣の求人サイトを見ていた際偶然A社の紹介予定派遣の仕事を発見して、いてもたってもいられずその時の会社を直ちに辞めて、A社での派遣の勤務を開始、やったな、と思った行動です。真面目に頑張ってそれから予定通りにA社で正社員登用されて、現在では仕事に生きがいを感じながら明るく仕事しています。

日本には古来より”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。現在、ないものと同然である「終身雇用制度」。転職というのは自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。ただ、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。転職を検討する際は、適したを的確に捉える必要があります。まず第一に、今やっている職場、仕事について具体的に、不服を強く感じていることを10個、少なくても最低5個は探しておきましょう。こうした作業をしておくことによって、転職活動がスムーズになるはずです。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、迅速に、良い仕事を手に入れられるように努めることも大切です。

今と違った会社につきたいと転職で活動している人の大半・・

もっと良い会社につきたいと転職をする活動をしている中のときの場合は「早く、内定(採用通知)が手に入れたい」と思っているはずです。しかし、吉報を欲しいあまり、自分の能力を高く偽ったり、またその反対に過小評価につながる行動をするのはなるべく避けておきましょう。焦る気持ちをぐっと抑えて、落ちついて自分にピッタリな職場を探すことに専念しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる職場を賢く見極めていきましょう。