シフトの仕事についてです。特定の曜日に仕事できる人を募集する求…

これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。

「シフト制」のある仕事についてです。毎週、一定の曜日に仕事できる人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もしも応募しようと考えているなら休む方法やシフトの提出方法については確認しておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私自身、出産のため抜けた人の代わりに正社員の仕事についたのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員は現場にいませんでした。前任の方が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私も同じタイプと思われていたようです。なので「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、職場の先輩方に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自分で連絡を入れなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。冷静に考えると、よく我慢してやってこれたと思います。

今がんばっている転職する活動時、「自分はこれまでずっ…

転職活動をしているときに、「私は経験としてこういう職場の仕事に尽力してきました」「過去の会社の仕事によって、こういった技術を得られました」と過去の自分自身の経歴をよく伝わるようにアピールしなくちゃと考える人は頻繁に目にします。ところが、希望する1から始める環境下で「させてもらえるのならばこのようなことをしてみたい」「斯くの如き内容の仕事をするのなら積極的に貢献できるはず」と未来の展望を話して自分自身をアピールしていったほうがよっぽど効果があります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

このように現在の会社や企業の労働背景が慌ただしく変わってきたこと…

ここ数年の雇用事情の激しい変移をを、34歳ぐらいまでの若者たちは敏感に感じ取って十中八九自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。従って、就業者といった人たちの労働力の流動化が進んでいるようで、輪をかけて将来、若い世代以外の層にも転職の注目が増加していくと思います。労働力の「流動化」が進んでいく結果、勤め先を変えることは誰しもが身近な事柄として認識すようになります。「終身雇用制度」が実在したしたかつては、「転職」にはそれだけで悪いイメージがあり、転職が思うようにいかず、困っていた人もありました。社会が変化し現在の仕事だけに執着する必要が段々と薄れてきています。

新しい職を探すのに、まずは今の会社を退職してからといった方法もありますが・・

転職活動をスタートするときに、まずは現在働いている会社を完全に辞めてからという方もいますが、そのような場合にはボーナスの支給時期を前もって調べておきましょう。社員にボーナスを出す企業はいくらでも存在しますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスをゲットできる時期まで少ししかないのなら、ボーナスが支給されてから辞める意向を伝えるという方法も得策です。ボーナスは少々多くの額が入るはずなので、絶対もらったほうが良いと明白ですから、職場を変えようと思い始めたらいつ頃ボーナスが手に入るのかをまず第一に確かめておくと損をしません。

退職|就職のため仕事探しをする場合に気を付けるすべき求人内容…

転職活動をするときに気を付けるすべき求人は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高めで、拘束時間が長いというものです。このような案件は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースがたいへん多いです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間・45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記されているものです。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、あらかじめ給料形態に残業代を組み込む、といったシステムになります。仮に『みなし残業代20時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、この給料です」というワケです。ただし、悪質な求人情報では記載しておくべき『みなし』という言葉がないことも少なくないので要注意です。

友人からの紹介を通じて転職先を見付ける人がいます。

知っている人からの紹介を通じて転職先を見付ける人がいます。しかしながら、転職先の労働環境や労働条件などを友人知人からの口コミだけを判断してしまうとあとで問題になることが多いです。そういうわけはある特定の人の口コミはどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。それ故に紹介した人の立場では心地よい職場に思えても、、自身にとってはまったくそう思えない環境かもしれません。またその逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミを過剰に信用しないように、最後は自分自身の目で確かめておくことも大切です。

退職|転職前、今勤めている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと、…

転職する前には、今勤めている会社の同僚たちがあなたの転職を知ると職場の空気が一変するかもしれません。周囲との付き合い方によっては、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。さらには、残業時間を意図的に増やされる仕打ちも考えられるので、むやみに「転職します」と周囲に言うのはあまり良いとは言えません。上記のトラブルを回避するために、現在の職場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうすることで、良い状態のまま会社を退職できます。しかも、何の問題もなく円満退職になれば、辞めた会社に困った際には相談できるはずです。業界や規模に関係なく、何処の会社も人とのつながりが重視されるので、仕事を辞める際のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。

転職のための活動は企業とのやりとりよりも具体的には「担当面接官」・・

転職活動で重要なことは希望する企業そのもの、というよりもどちらかと言えば面接係員とのやり取りが重要といってもいいでしょう。面接係員に良い印象を与えるために、はじめに面接だからといって焦らずに対応しましょう。お見合いをする姿勢で望むと良いと思います。また面接内ではまず第一にあなたの雰囲気や人間性を観てもらうわけですから、悪い評価になるような行動は注意しやめましょう。常識的な社会人らしく整った服装を意識してください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。面接官に良い印象を残せれば、きっと自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

派遣として就業しています。労働契約法が原因で不本意ですが…

派遣として働いています。派遣法とか労働契約法の関連で不本意にも長期間働いた就業先での仕事を終わらせなければなりません。同じ派遣である人の中には、派遣で働いている会社で直接雇用の待遇を獲得した方もいるのですが採用された理由としてはぶっちゃけ仕事の実力というよりは派遣先の上司へのあしらいがうまい方でそれが採用の決め手となった感じ。仕事の能力よりも上司に媚びる能力の方が大切なんだねーと抜擢されなかった別の派遣仲間と勤務先で愚痴を言う毎日です。

退職|とある古物商のお店で、書類審査を通過しました。すぐ・・

ある古物商の会社で書類審査に受かりました。すぐに面接の日時について担当者から連絡をもらい、けれど、面接日当日、指定場所まで行ってみると、なぜなのか相手が面接準備を全くしていませんでした。しばらく待つと、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、たいへんにけだるい表情を見せ、なんとか面接が終了しました。しかし、予定日になっても結果連絡が一切来ず、もう待ちきれなくなり、自ら問い合わせてみると、「郵送で今日、送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、結局届かず、仕方がないのでまた問い合わせたところどういったわけか、「残念ですが不採用とします」、と有無を言わせずに電話を切られてしまいました。呆れ返ってしまいましたが、ハッキリ言って、採用されなくて良かったと感じています。

退職|転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を必ず用意しなければいけません。

転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を用意することが必須といえるでしょう。多くの会社は履歴書と職務経歴書に記載されている内容を考慮して面接するかどうかを決めるため、ともかくこの2枚の書類の作成が大事といえます。単に穴埋めするだけでなく、記載内容を魅力的なものにすることも大事です。「職務経歴書」では、これまで経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を書きます。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。例をあげれば残業を何時間減らして売上は何%増やした、などわかりやすく記載しましょう。もしも、作成に行き詰まったのなら、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、上手な文章を引き出したりして自分のブランディングのために転職エージェントを活用してみるのも満足のいく転職をするための選択肢として考えておきましょう。

退職|求人関連の広告には、大部分の企業では月の収入の記載に目が行きますよね。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、たいていの株式会社では月にもらえるお金がしっかりと記載されていますよね。しかしこの月収の箇所を確認する時には、注意深く確認する事が欠かせないです。その数値だけで納得しないほうが無難です。場合によっては、月収の額の内訳に「毎月30時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。つまり残業代を入れることで良い案件に見せて、人材を募集している場合もあります。それ以外にも、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている可能性も考えられたりします。その手の「不誠実」極まりない案件は、近づかないほうが良いでしょう。

転職活動しているとき、良いと思える求人(業種)があったら、…

転職活動の際に、良いと思う求人(職種)を見つけたときに逐一、「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索しておきましょう。求人票や転職エージェントでは、その業界に関するマイナス要素について、知らせてもらえません。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、ネット検索を通じていとも簡単におおまかな実態を理解できます。そのような検索をしないまま、入社した場合、あとになって痛い目に合うおそれがあります。だいたい求人が出ている理由が「仕事がキツイから入っても続かない」という場合も多くあります。興味をもった案件や業種については、しっかりチェックしてから応募することを心がけましょう。

退職|転職期間では、自分の好きなことに打ち込むほか、体力を損なわない生活をしておく…

転職先を探している期間は、自分の好きなことに時間を使ったり、体力を損なわない様にすると良いと思います。再就職先が決まり、いざ仕事を再開したときに、趣味に夢中になっていたことで気付かないうちに集中する力が高められます。加えて、体力アップが図れていることで、その場の社員たちと比べると疲れない体になっているということを認識することができます。なので、休職中は自分が興味のあるなことに打ち込むことと、体力アップをしておくことをしておくのがベストです。また、働き出した会社で同じ趣味を持つ人と知り合えたなら、すぐに仲良くなれるので、時間がなくてできなかったことに挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

大半は大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですか・・

たいてい大手企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職で入りたい場合は、タイミングを考慮しなくてはいけません。そればかりか、市外地でとなると転職のチャンスがずっと少なくなります。例外的に、製造業の企業においては、地方の工業団地界隈に製造工場を構えていることが少なくありません。さらに、そういう地方工場では事業拡大に伴って「中途採用」を行っているので、そういったタイミングに転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場での転職をされる場合は、希望する企業についての予備知識を把握し、ホームページをチェックし、求人予定の有無など、しょっちゅうチェックしておくと間違いがありません。

退職|前の求人情報では、募集条件の中に「性別」について、当たり前のように記載されていました。

一昔前の求人情報では、募集条件の中に「性別」まで、書かれているのがほとんどでした。しかしながら、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、雇用する際、男女差別があってはならないとして、求人情報の条件に「性別」を明記できなくなりました。そういった変化があるものの、募集する企業側には男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。ですから、実際は男性希望の案件に募集に女性がやってきたり、女手が必要な案件に男性が応募してきたり、というような問題に悩まされるないとは言い切れません。求人で女性活躍等と記載される案件の場合は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と捉えておいたほうが良いです。