クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接場に出向くときには、…

退職|クールビズの格好で再就職の面接場に出向くときには、ジャケットにおいてはやは…

クールビズ(軽装)の格好で転職の面接場に出向く際には、いくらなんでジャケットまでは着込んでいく必要はないと間違いなく言い切れます。ですが、ネクタイは面接では着用しているほうが間違いありません。タイもする必要ないとする企業も存在するケースもなくはないですが、ことネクタイだけは例えクールビズが推奨されていても必ずするべきだと思っているところが一定数存在するわけです。そういった訳で、クールビズ(軽装)と言われていたとしてもネクタイだけはつけて面接した方が良いということをお知らせしておきます。

退職|今のご時世では、株・不動産投資などの不労所得、ま・・

近年では、株・不動産投資の不労所得で収入を得たり、自営業、起業等、そういったような変化に伴い、「自営業は不安定だし危険」といった常識も変わりつつあります。高度経済成長の頃には、どうなるかわからない株式投資や自営業者よりも組織の一員のほうが安定していてました。人のあるべき形として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認知されてはいました。そういった時代は過ぎ去り、現代では「成熟期」という名が付けられています。将来的には、機械化、自動化が進んで仕事で人が要らなくなる社会になっていく、とも言われます。

派遣会社に登録しています。ウェブサイトの中で何の気な…

このところ私は派遣の会社に登録しています。インターネットサイトで気の向くままによさそうな仕事を見つけ出して確認したところ「その仕事はもう他の方の採用が内定しています」と断られてしまい一時的にウェブサイト内からお仕事情報が消えるのですが、その翌日になるともう一度載っています。ということは結局は私だとよくないのって意味ですよね。そうであるならばカドが立たない程ではっきりと教えてくれるといいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいはまた客寄せのための偽のお仕事なのでしょうか?

ネットで見られる世界では要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるも・・

今ではPCやスマホを使えばわかるけどネットの世界では、「転職サイト」に類するものが無数に存在します。その多くて困るくらいのサイトから自身が求めている転職先を探すためにも、まず、情報を収集することをする必要があります。「転職サイト」をうまく利用することで効率的に転職先探しができます。更新頻度が高く、さらには頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される優良なサイトがある一方で、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから安易に信じるのは考えものです。利用して間もない頃は、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながらチェックしてみましょう。

退職|もしもあなたが再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」において…

もしあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、都市部から地方に移住した上で再就職したい、と考える方も少なくありません。今のネット社会では求人情報サイトを使用することで国内のあらゆる場所の求人もいつでも容易にアクセスできます。しかしながら、地方での求人の場合、大都会ような選択肢がないのが事実、痛いところでもあります。そのため、求人情報サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。求人サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもよくチェックしておきましょう。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している就業サポートの有無も見ておくと、良い出会いが期待できます。

退職|「転職エージェント」は、一度登録すると、電話やメールで呆れるくらい連絡が入ってきます。

転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメールで何回も連絡が入ってきます。これに対して何も知らずに利用しはじめた人はかなりびっくりするケースがよくあります。転職エージェントは転職をサポートすることが仕事なので、本当に積極的です。その中でも大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業からお金がもらえる仕組みであることから、転職希望者の都合うんぬんよりも企業側を優先的に考えることが多かったりします。その上「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定が出たその日に、入社を強くすすめてくることが多いです。防御策として自身の希望や意思を明確にしておき、転職に妥協しないように注意を払っておきましょう。

退職|将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職活動ができれば・・

将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、再就職ができれば、メンタル的にも転職期間に堕落はしないですみます。それに精神的な箇所が健全な状態であれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。一番の理想は、休職によるブランクをつくらず転職先を見付けることです。現在の仕事を辞めずに次の仕事を見つけるのが良いでしょう。また、休職期間をなくすことで、今現在の仕事を辞めても、すぐに始動できます。そうすることで、働いていない期間はできませんから、将来に響くこともありません。すなわち、転職の時に不利になることがないということです。今後のことを考えつつ、転職活動を進めていきましょう。

転職というものをする場合、転職先での年収について気にしすぎる・・

転職しようと考えたとき、転職先での給料を気にしすぎる人がわりといるでしょう。もちろん誰しもだから生活費をもらうために仕事を選択するのはずです。だから年収がどれだけかは自分の価値を測る指標という側面もあるから、大切なことは至極当然です。とはいえ、愚かにももらっている年収額に異常にこだわりすぎるのも人生を損してしまうものです。よく見れば年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な充実を得られることがゼロではないからです。

退職|転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は不可欠です。

転職活動にあたって然るべき準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、なかでも、身だしなみ、に含まれる服装は誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。ですが、ここ最近の、面接に関しては、私服がOKなところも多いので、スーツ(正装)で面接に行く必要はありません。会社の創設してすぐの企業などは、厳格なマニュアルもないことが多く、私服の方が良いイメージを持ってもらえます。さらに、正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすいのもメリットといえます。そして私服なら、面接時に、洋服の話題に発展しやすいので、もしかしたら面接担当の人から気に入られる期待もできます。今後、転職は会社の「設立した年」で選択し、(ベンチャー系企業の)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

転職を、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひチェックしてほし…

転職の際、派遣社員」で考えている人にぜひ注意して欲しいことがいくつかあります。一般的に派遣社員というと、「データ入力」「電話対応」「その他雑用」のようなものを考える人が少なくないとは思います。本音を言うと私自身もまさにそう思っていました。現在勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の求人を見て応募したときには「電話対応が主な業務」と面接で派遣会社から伝えてもらっていました。しかし、実際に入社してみると、まさか「電話対応」とともに、辞めた正社員の業務の穴埋め役となるよう、頼まれました。毎回振り回されますし、面接のときの説明と大きな食い違いがあるのでとても困惑しています。現在は、ひたすら「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。

退職|今日では、ブラック企業がニュースで取り上げられたりし・・

現在、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件についての取り締まりが強化されたり、社名の公表がなされるなど厳罰化の方向に動いていますが、完全には至っていないと考えられます。なので、面接時に「ブラック企業」かどうかを自身で確認してみましょう。まずは求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、それぞれの項目について遠慮せずに質問しましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、求人票の記載が嘘の場合、答え方が不自然になったり、回答を避けるなど逃げ腰になります。とりわけ「給与」「残業」「休日」の3つに関しては、質問してみると、渋い顔をする場合が多いです。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、何か違和感を感じたら、他の面接を受けたほうが良いと思います。

生涯初の失業保険をもらう場合、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人・・

生まれて初めて失業保険をもらう際に、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人が極めて多いですが、それは正しくありません。実は、失業保険の給付を希望通りに受け取るためには、求職活動を行う必要があり、それとは別に、毎月一回はハローワークに通う必要がある。一か月おきにハローワーク職員との面談を経て、真剣に仕事を探していることを理解してもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。他方、きちんと就職活動をしていないと思われたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しないときは、問答無用で給付が一時停止となったり、酷い場合は以降の給与資格をなくしかねないので、充分に気をつけてください。

派遣で働く会社が決まりました。

派遣社員として働くことになりました。最初の出勤日に営業を担当している方と派遣先の会社近くのコンビニで待ち合わせをしたところ、彼がどうしたことか店の前にいなかったので中にいるのかもしれないと考え店の中に入っていったら、担当者は大胆にも雑誌コーナーの前に座り込んで女性の裸が載ったグラビアページを開いて読んでいるのを発見!こんな人に担当されるなんて絶対に無理だと感じ、その場で声をかけずこっそりと店の中から出てすぐさま派遣会社へ辞退すると連絡をしました。

新しい職場で、自身のこれまでの能力を発揮できれば、即戦力として迎えられ…

再就職先で今までに身に付けた能力を最大限に活用できれば、即戦力として高く評価されて、直ぐ職場にも馴染めるし、人を募集している会社側も即戦力は常に必要なので、雇用側が判断しても即戦力となる転職はそんなに難易度は高くありません。加えて今までの業務内容と近い業務内容なら見通しは十分にあります。しかし、そこそこスキルがあるといっても大手企業の事務職系や公務員(国家・地方ともに)の募集などは、いつの世でもかなりの競争率になる可能性が高いと見ておきましょう。

在職期間中なら、極力周囲に悟られないよう、(私の例です・・

就労中には、状況が許す限り、周りの人間にバレないように(自身の経験談ですが)在職中に転身する考えのみ早い時期に社内でほのめかしたことがありました。とはいえ、その後に求人情報をあれこれ見ていったものの、就職先も仕事を変えるタイミングさえも何も進めていたので、ズルズル時間を空費する結果に。その傍ら、当時所属していた会社の方は、退職に関わる諸々の手続き、私自身の退職予定日などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経験したのち、次の就業先を探すハメになりました。

転職活動をやっていると、面接時に必ず尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていると、面接のときに必ず質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、率直に話してもかまいませんが、これと違って転職理由について隠さずに話すのはよくありません。転職理由でよくある給与の不満、上司や同僚との人間関係など面接担当者に悪いイメージを与えやすいものです。自分にとってマイナスになると予想されることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、転職先の企業の多くは、そういったマイナス箇所に関心を持っているため、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対抗して不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。加えて、この会社に入ってこんな仕事をしたい、5年後、10年後はこんなことがしたい、そのために御社を選びました、と志望動機にすり替えてしまうのです。