クールビズの格好で再就職の面接にチャレンジするときには…

クールビズ(軽装)の格好で転職の面接会場に行こうとするときには、…

クールビズで再就職の面接場に出向く際には、やっぱりジャケットは着て行かなくても安心であるとはっきりとわかるのですが、ネクタイだけは着用しておいたほうが印象的には良いです。タイに関してもなくてもOKだと考えている企業も存在することはあると思いますが、ネクタイはクールビズだろうと着用するべきだと考えている会社がいくつか存在します。という訳で、例えクールビズの恰好ではネクタイだけはつけて面接した方が安心だということはわかっておいてください。

退職|この頃では、株式・不動産投資などの不労所得で収入を得た…

この頃では、株式・不動産投資の不労所得で稼いだり、個人経営 を目指す人も増えています。そういった社会的背景もあり、「起業はキケンだ」といった常識も変わってきています。高度経済成長の頃に関しては、先の見えない自営業という生き方よりも組織の一員として働くほうが大いに将来が安定していて、人生の正しい進路として、社会に認知されていました。しかし、そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、時代は変わって「成熟期」といった名称で呼ばれます。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。

このところ私は派遣の会社に登録しています。

このところ私は派遣で働いています。インターネットサイトでよさそうな仕事を発見し問い合わせてみると「その仕事はすでに別の方でお話が進んでいます」とお断りされ一時的にサイト上からも仕事の情報がなくなってしまうのですが、なぜか翌日にそのページを見るとまた載っています。これは要するに私ではダメだっていうことですよね。そういうことならばトラブルにならない程度に正直に伝えてくれれば助かるのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。それともまた客寄せのための実際には存在しない仕事なのでしょうか?

退職|世の中は変わっていてPCを使えばわかるけどインターネットの世界では、…

世の中は便利になったものでスマホを使えばインターネットの世界では、要するに「転職のためのサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらいいっぱい存在しています。そのいっぱいのサイトから自分自身の目的に合致した転職先と思えるのを見いだすには何よりも情報を収集することをしましょう。サイトを上手く使うことで、効率的かつ満足度の高い転職先探しが可能です。転職情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む優良なサイトがある一方で、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意が必要です。とりあえずは、信用できるサイトかどうかを見極めることが大切ですから類似サイトと比較しながらチェックしてみましょう。

仮にあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」におい…

あなたが転職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」において大都市から地方に移って再就職したいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。今のネット社会では求人情報サイトをうまく活用すれば、郊外や地方での求人情報にも閲覧できるようになっています。郊外や地方での求人情報は、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある会社が少ないのが事実、難点でもあります。そのため、転職サイトを利用するのは当然ですが、転職サイトと併せて、その地方の自治体や商工会議所のサイトもきちんとチェックしてみてください。そうした機関の転職サポートの有無も確認しておくとよいでしょう。

転職サイトは一度登録したあとに、電話やメール連絡が頻繁に入ります。

「転職エージェント」で登録したあとに、電話やメールで嫌になるぐらい連絡が入ってきます。これに関して「転職エージェント」の利用が初めての人は結構驚くケースが多々あります。転職エージェントは転職させることが目的だといえるので、本当に積極的にかまえています。その中でも大手のエージェントは、転職を成功させると企業側から報酬がもらえる仕組みであることから、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先させることが少なくありません。その上彼らは、契約数を増やしたいために、内定が出るとすかさず、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。自身の気持ちを明確にしておき、無理に転職しないように気をつけることが大事です。

楽しみを見出しながら再就職に向けての転職活動と付き合う事が出来れば・・

たのしい気持ちでいながら再就職に向けての転職活動をすることができれば、メンタルを脅かされることがないので、転職活動の間の堕落も避けられます。精神的な箇所が良好であれば、じきに転職先も見つかるはずです。そうするには、やはり、休職期間を作らずに新しい職場を見付けることが大事です。今の会社に勤務しながら、次の仕事を見つけるのが理想といえます。それに、休職期間をなくすことで、現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。そうすることで、職歴にも空白期間が無いので履歴への影響も回避できます。要するに、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。将来を踏まえながら、転職活動を進めていきましょう。

転職というものをしようと考えたとき、その職場の自分の給料について気にする・・

転職というものを考える際、転職後の給与を気にしすぎる人が意外と多くいるでしょう。たいていの方はですから生活費を給料としてもらうべく仕事すると思います。ですから年収は自身の価値を測る指標としての側面もありますから当然大切と感じるのは否定できません。しかしながら、必要以上にもらっている年収額ばかりを気にかけすぎるのもさみしい気がするでしょう。収入に直結しない仕事であっても精神的な充実を得られることが大いにあるものだからです。

退職|再就職する場合、然るべき準備は必要です。

再就職にあたって相応の準備は必要です。そんな中でも目に見える「服装」は注意している人は多いでしょう。けれど、最近の企業面接については私服を許可している企業もあるので、スーツを着込んで面接に行く必要がないケースもあります。とくに会社の創立してすぐの歴史のない会社ほど、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、スーツでいかないほうが良いイメージを持ってもらえます。また、正装ではないので、ざっくばらんに会話がしやすくなります。さらに私服であれば、面接のなかで、ファッションの話題に発展しやすいので、うまくいけば面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ですので、今後、転職にトライするなら創業年数で決めることが、(ベンチャー系企業の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

これから転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方に…

転職を、派遣社員」で考えている人にぜひ注意してもらいたい箇所があります。まず派遣社員という言葉を聞くと、お茶出し、データの入力などの雑務、雑用等をといった仕事をぼんやりとイメージする方が多いとは思います。実は私自身もかつてはそう思っていました。今、働いている職場に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、「お願いしたい業務は電話対応になります」と派遣会社から伝えてもらっていました。が、仕事に就くと、まさか「電話対応」とともに、辞めた正社員の業務の穴埋め役となるよう、任されてしまいました。とくに特別な知識もなく、はじめに説明された内容とは全く違うので毎日非常に困っています。とにかく、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

近時は、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり…

近時は、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件違反の取り締まりが強くなったり、社名が公表されるなど厳しく罰する傾向にありますが、完全とは言い難いです。そこで、面接で見破る必要があります。まずは求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それらをもとにいろいろと質問をぶつけましょう。相手がブラック企業であれば、記載内容にウソがあったときは、返答が不自然になります。その場では答えられないなど逃げようとすることがよくあります。とりわけ「給与」「残業」「休日」については、詳細について尋ねると、困った表情で切り抜けようとしてくるでしょう。それでも質問を続けると、ふてくされたような態度を見せ始めるため、会社の正体がわかります。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、変だと思ったら、他の会社をあたったほうが良いと思います。

生まれて初めて失業保険を受けるときに、何もしなくても受け取れると思っている人が…

生まれて初めて失業保険を受ける際に、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人が非常に多いですが、それは間違いです。実際は、失業保険をきちんと受け続けるためには、職探しを行っている必要があり、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。月ごとにスタッフに求職活動の状況をきちんと説明して真剣に仕事を探していることを理解してもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。その真逆に、「この人は就職活動を全くしていないぞ」と判断されたり、毎月の職員との面談を避けている場合は、アッサリと給付を一時的に止められたり、ケースによってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそれを防ぐために十分気を付けましょう。

退職|派遣として働く会社が決まりました。

派遣での仕事が決定しました。勤務の初日に派遣会社で営業を担当している人と就業先の会社近くのコンビニで合流することになっていたのですが、なぜか約束のお店の前にいないから店内にいるのではないかと思いお店の中に入ってみたら、営業担当者は大胆にも雑誌売り場でしゃがみ込んで成人向けのグラビアページを開いて見ているのを発見しました。こんな担当の人の仕事なんて勘弁してだと感じて、挨拶もせず店を出て直ちに派遣会社へ辞退の連絡を入れました。

退職|新しく就いた仕事で今までに培われてきたキャリア・スキルを生かせたとしたら・・

転職先で今までの実力を活用できれば、即戦力として周囲から高く評価されて、早々に仕事場にも馴染めるはずです。雇用した側としても即戦力は常に必要なので、時期さえあえば、そんなに難易度は高くありません。しかも、過去の働いていた仕事と似ている業務内容なら転職は楽になります。ですが、即戦力となる基準があなたにあっても一流企業の事務職系や公務員(国家・地方ともに)などは、いつの時代も、相当な競争率となるのは違いないでしょう。

雇用期間中は、できるだけ会社内の人にバレないよう(自身の経験談ですが…

雇用期間にあるときは、可能ならば、周囲が気づかないように、(自身の場合)雇用期間中に転身の考えだけを活動初期に会社内で仄めかしたことがあります。ところが、その後転職情報を必死に見て回ったのですが、悲しいことに就職先や転職時期も何も進めていたので、ダラダラ時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てにはその一方で、会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、自身の退職予定日などが段々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な展開を迎えました。そして、予定は思うようにはいかず、失職期間を経たあと、次の就職先を探すことになりました。

退職|転職活動をしていれば、必ず尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動を行っていて面接時に必ず聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機については、正直に話してもOKですが、これとは違い転職理由について正直に話すのはよくありません。例をあげれば待遇に納得できないことや、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、面接官に悪い印象を与えるものです。おそらく、自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、転職先となる企業は、往々にしてそういったマイナス点に関心を払う傾向があるため、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。そしてさらに、この企業に入社してこういうことをしたい、「5年先はこういったことをしているだろう」、そのために御社を選びました、と未来志向な志望動機に変えていきましょう。