より安定した生活基盤を願って正規の社員を目指す人は少なくない、というのが現状です。

より安定した暮らしを手に入れるために「正社員」を狙っている…

  • 安定した暮らしを希望して「正社員」を目指す人は少なくないでしょう。だが、即戦力として働けるようにかなり努力していても、正社員としての転職活動そのものが実現しないこともあります。準社員の求人を見たとしても、正規雇用の求人募集以外は気にも留めず時間を空費している人が多いといいます。しかし、正規雇用での転職が厳しいのなら、非正規雇用者の募集も選択肢に加えてみましょう。会社のなかには、成果次第で数年で非正規雇用から正規雇用へのキャリアアップができる可能性もあるからです。ですので面接を受ける際に、「正社員登用」の可能性を聞いておくと将来のプランも組みやすくなります。
  • 仕事を探すにあたっては、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント・・

  • 求職活動においおいて、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント」に頼る場合もありますが、仮にそのような業者に登録して転職先が決まった場合でも、失業保険を受け取ることはできません。ハローワーク以外の機関を使って就業しても失業保険は給付されないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。これに対し、「ハローワーク」を経由して斡旋された会社に就職した場合は、就業の準備金として「一時金」を支給してもらえることになります。インターネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険などの手続きはしてもらえません。この点について理解していないと、失業中にお金が入ってこなくなるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。
  • 退職|転職をするための活動をしているときは、まず必ずあなた…

  • 転職の活動を行う際は、なにはともあれ必ずあなたの内心が沈着であることを大切にしたいものです。在職中に転職をする活動される場合は、それほどには気にする必要はありませんが、退職後に行うのだったら、人というものは内心が焦燥感が出るものです。であるので、冷静になりつつ、活動するように意識しましょう。今後、自分がやってみたい業務や、理想と思える職場のイメージを具体的にしてみてください。そして、実際の職場におけるそれらが合致しているか、落ち着いてしっかりと見極めることが重要なのです。この手間を掛けることで満足いく転職が実現します。
  • 退職|もしも転職を考えているのなら、あらかじめ資格を取得しておくことをお勧めします。

  • 転職したいと考えているなら、転職前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格取得しておくのがお勧めです。転職時に有効に使えるので、新しい仕事を探すのも簡単になります。そのため、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階で資格取得をするのがベストな時期といえます。もしあなたが未来を考え、是非とも在職中に目指したい仕事の資格を取ると現在の職を辞めた後も前向きに次に進めるはずです。それにプラスして、資格を手に入れることで転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の際、担当者に即戦力になる人材だと認められ、以前より待遇が良くなる可能性が高くなります。
  • 退職|最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

  • 最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。今の安倍内閣では「アベノミクス」「三本の矢」といった経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策ともに日銀の金融政策ともミックスされて、財界や企業間においても新たな社会的な変化が増えつつあります。その変化を受け、企業伸長とともに若い世代の減少と現役世代の大量退職による人手不足がかなり深刻化しています。なお、「外国人の労働者」の数を今よりも増やしていく、であると現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、こうした政治の流れによって、日本国内の雇用・転職状況も大きな影響を及ぼすことは間違いありません。
  • 退職|新卒採用で入った会社を辞めて、思い切って転職しました。

  • 新卒採用で入った会社にさよならをして悩んだ結果、転職すると決意しました。実際に行動する前は、非常に不安な気持ちになりました。社会人となって数年あとに仕事を辞め、大半の人が転職を経験していることを転職活動をしていく中で理解し、いつの間にか不安な気持ちは解消されていきました。1度、転職をするとふしぎなことに肩の荷が下りるような気分になり、自分のしたい仕事を見つけることが毎日が充実したものになりました。いまだに「一通り経験してから」といったような転職に対してマイナスな意見もありますが、それが正しいとは限らないと感じました。私自身、転職をやって良かったと思っています。
  • 転職の面接に転職希望の会社へ出向きました。

  • 転職時の採用面接に転職希望の会社へ伺ったときのことです。その日に限って会社内の面接ができる部屋が空いていないというわけで会社外部で会社の人と待ち合わせて採用面接が行われて、当該会場で解散をして、面接を行った方もそのまま自宅直帰されるとのことでしたが、奇遇にも下車する駅が私と一緒だったのです。ですから電車内においても面接官と一緒にお話をしながら帰ることになり、打ち解けて面接の時よりも話が弾み、それが良かったのかなんとか採用を勝ち取りました。
  • 自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は気をつけた方が良いです。

  • 自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は注意した方が良いです。私が実際に経験したことなるのですが、私は、食べることが好きだったのですが、それが理由で飲食の世界で勤務していた期間があります。そのお店での業務は、そのお店で任されていた業務内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しんでいたのですが、職場の人間関係ですごく嫌になりました。ということが引き金になって、仕事をやめましたが、そのせいで、あんなに大好きだった食べることやその店で提供されていた食べ物も苦手になってしまい、類似の飲食店は現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事に就いた頃は、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。得意なことや好きなことを仕事にしたいと夢をみるのは本当に素敵ですよね。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、じっくり自分自身に問いただした上で行動するべきです。
  • 転社を繰り返さないための打開策が一つだけあります。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるためには、コツが要ります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的に成長すると、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。今現在は、インターネットがあるので精神面を鍛えるための自己啓発系の情報は容易に知ることができます。さらには、転職とは関係のない行動をすることもメンタル面を強化することができます。たとえば「海外旅行」です。海外旅行に行くと、文化も言葉も違うので、目につくすべてが刺激となります。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。帰国すると、「自分の視野の狭さ」に驚き、こんなにも世間は狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちのまま面接に向かえば、これまでの面接とは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。ただ、退職後しばらくは精神面が弱くなっているので、心の回復のために休みも必要です。
  • 『転職したい!』という願望があって、その意志が強いのであれ…

  • 『今すぐ転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいということを速やかに上司に伝えましょう。相談という形で話せば高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、結局、半年以上にわたり辞められませんでした。退職する旨を当初、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、数ヶ月働いて退職が認められたのは同年の11月です。本音を言うと、仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。やっぱり企業側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、さすがに心の底から困ってしまいました。
  • 転職候補となる面接で勘違いしている人が多いのですが良い印象を与えたいとあからさま…

  • 転職の際に外せない面接でのよく思い違いがあるのですが採用をされたいあまり必要以上に猫かぶりは、はっきり言って不採用となる可能性が高いです。ですから、猫をかぶるよりも面接の際は「有給取得率」といったような、普通ならかなり聞きづらいことも勇気を出し訊いておいた方が、絶対にあなたのためにもなります。実際には「採用前の段階で、そのような質問をすることで面接結果に採用されないのではないか」と危惧する人もいるかもしれませんが、ところが、かえって良い結果をもたらすことは結果的にはいい場合が多いようです。この手のお金や労働環境に対する内容は、実際には、誰もが聞きたい事項ではあるのに、それなのに、面接結果に影響するのを恐れ、不採用を恐れて質問できないのが普通です。しかしながら、逆手に取って、「勇気のある人だな」ということで面接官の記憶に残る可能性が高くなります。
  • 今の自分の勤め先や仕事内容に対して、ほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 現在の自身の職場や仕事に対するほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。「自身の持っている資格やスキルを正しく評価してもらえない」あるいは、「年収は増えず、将来的な出世も期待できない」と言う不服を漏らす人もいます。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、そんな不満を持つ人の中には自分自身の能力を過大評価していることが少なくありません。仮に、そのような人が転職活動をした場合、「自分を生かせる求人がない」と就職するまでの期間が長くなるおそれがあります。という事態に陥りがちです。なので再就職をスムーズに行うためにも、「本来の自分の能力」を知る事が大切です。
  • 女性の転職は、数年前と近年とでは多少の変化が見受けられます。

  • 女性の再就職は、現在と数年前では若干の違いがあるようです。前は面接の場で会社側から、「結婚の予定」や「出産後の仕事」などについて、質問されることがほとんどでした。でも、現在はその手のデリケートな内容は、セクハラと会社側が捉え、聞かない企業、が増加傾向にあります。そしてまた、特に大きな会社の場合は、タブーとして神経質になっているといいます。とはいえ実際、会社側は、YES・NO、といった形ではなく、その女性の価値観、結婚後は退職するのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、知っておきたいと思っているものです。自身の将来設計をわかっておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望動機と併せて言い表すことで、相手方にも考えが伝わり、安心できると考えられます。なので、質問されていない内容でも、あなたの方から積極的に答えてみると良いでしょう。
  • 再就職を近いうちにするつもりなら、多様な企業の情報の詳細…

  • 転業を検討しているのなら、こまめに多様な企業を日常的に調べたり比較したりしておくと転業先を大いに選びやすくなります。現在の仕事に不満足だと、いざ転職活動をする際、どの企業もいいように思えてしまします。そんな状況に陥ると、どこを選択していいのか選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、選択を間違える可能性も高くなります。すると、最終的には早々に退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておいたほうが良いのです。良い方法は、会社の雇用面だけ見るのではなくその転職したい会社の「取引先」も気にしてみましょう。透明性ある会社は、取引している会社を公表していますし、そうでは無い会社は広告宣伝ばかりに注力しがちなので、チェックをする目安になります。さらに、企業によっては、個人グループに入っていたりもするので、グループ名を調べ、詳細に目を通してみてください。
  • 再就職の面接などの場面でもし名刺を渡された場合、こちら側も名刺を相・・

  • 転職での面接などの時にもし担当者に名刺を手渡されたら、あなたも同様に名刺を渡すべきであるのか?と対応の仕方に迷ったら、たいていは差し出す必要はないと考えておいてください。転職のための面接は仕事の延長上のことではなくて、採用活動内のことなのです。ですから基本的には名刺をやりとりする時とは違います。合わせて、あなたは立場上会社の者としてその場にいるのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。したがって、相手の方から名刺を渡された時でも、あなた自身は、ただもらうだけでよくて、相手側に渡す義務はまったくないと判断できるのです。
  • 会社で何かあって回復が難しいほど心的に苦痛を感じてしまい、…

  • 職場環境のせいで回復が難しいほど精神的にとても苦しくなってしまい、転職せざるを得ない状況に至ったなら、会社(の関係者)と相談をするより家族と話して、その後の進退を判断した方が良いです。というのは、働くのはあなた自身のためでもありますが、家族の問題でもあります。毎月、どんなに高い給料を得られたとしても、精神面がボロボロになるまで仕事を続けることは良いとは思えません。近年は、物質的なことよりも、働きやすさを重視する生き方が尊重される社会です。ですからあまり気にせず、あなたの家族や、あなた自身の心と体のケアを忘れないようにしましょう。