もしもあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」のように…

あなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」におい・・

  • 転職をする場合、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に移って再就職したいと考えている方が、ここ最近増加しています。今では転職サイトを活用すれば、郊外や地方での求人情報にも容易に得ることができますが、しかしながら、郊外や地方での求人の場合、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある会社が少ないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。ですから、求人サイトを活用するのは当然ですが、求人サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもよく確認してみてください。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している就業サポートに関する情報も確認しておくとよいでしょう。

    退職|「転職エージェント」は一度登録したあとに、執拗に電話やメールをしてきます。

  • 転職エージェントに一旦登録すれば、何回も電話やメールをしてきます。何も知らずに利用しはじめた人は大変びっくりするケースがよくあります。転職エージェントは転職を後押しすることが仕事なため、大変積極的です。中でも特に大手のエージェントは、転職を完了させると企業側からお金が支払われる仕組みのため、転職活動される人の都合よりも企業側を優先的に考えることが珍しくありません。加えて、「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が取れると間髪入れずに、入社を積極的にすすめてくることがよくあります。防御策として自身の希望や意思を明確にしておき、安易な妥協をしないように心がけるようにしましょう。

    将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら再就職に向けての転職・・

  • 楽しみを見出しながら再就職に向けての転職活動と向き合うことで、メンタル面での負担が減るので、結果として転職期間中に堕落しないで済みます。おまけにメンタルにも健全な状態のままであれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。そのためには、やはり、休職によるブランクをつくらず新しい職場を見付けることが大事です。今の会社に勤務しながら、次の職場を探すのが良いでしょう。おまけに、ブランクをなくせば仕事を辞めた後も直ぐに働けます。そのようにしておけば、働いていない空白の期間がなく、履歴にもキズがつきません。すなわち、転職の際に不利になることがないということです。将来を踏まえながら、転職活動を進めていきましょう。

    転職をする場合、転職したあとの給与ばかりに気を取られる人が…

  • 転職というものを考えるとき、転職後の自分の給料ばかりを気にする人は、どうも多く見受けられます。誰もが仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を得るために励んでいるはず。だから年収がどれだけかは自分自身の価値を測る指標でもあるので大切なことは無理もありません。しかし、ひどく年収の額にとらわれすぎてしまう人生というのも考え気がします。この世には年収が期待できない業種でったもやりがいを感じられることが多々あるからです。

    再就職にあたって然るべき準備は不可欠です。

  • 転職活動にあたって然るべき準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、身だしなみ、に含まれる服装は気にしている人は多いはずです。でも、近年の採用面接については形式ばらない服装が多い会社があるので、ビジネススーツ(正装)で出向かなくても良いでしょう。とくに創業間もない企業などは、フレクシブルな考えをしていることが多く、私服で面接を受けたほうが、相手先に印象をあたえます。さらに、フランクに話をしやすい、というメリットもあります。そうして、私服ですと面接の間に、洋服の事で話題が広がることがありますから、もしかしたらポイントが残るでしょう。というわけで、今後、転職は企業の「創業年数」をチェックしてみて、(ベンチャー系の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

    転職を、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方・・

  • 転職を、派遣社員」で考えている人にぜひ覚えてほしい箇所が何点かあります。なんとなく派遣と聞くとデータの入力、お茶出しなどの雑務、雑用等をといった業務をぼんやりと想像した人が多いとは思います。かく言う私もそう勘違いしていました。今の職場に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「業務は電話対応になります」と直接説明を受けました。でも、実際に入社してみると、「電話対応」に加え、辞めた正社員の穴埋め業務を指示されました。いつも毎回振り回されますし、入社前の説明とは全く違うので毎日非常に困っています。現在は、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

    近頃は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようにな・・

  • 最近は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件での取り締まりが強化されていったり、悪質な企業の場合は公開されるなど、厳罰化の方向に動いていますが、まだ完全とはいえません。そのため、面接で見破る必要が生じます。最初に、求人票などで労働条件を見えておき、それらをもとに遠慮せずに質問してみることです。「ブラック企業」と対峙している場合には、求人票の記載が嘘の場合、返答に詰まったり、「その場ではちょっと答えられない」といった逃げるような姿勢になることが多くあります。特に給与と残業、休日に関しては、詳細について聞くと、困ったような顔をする場合も多くあります。それでも食い下がると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、会社の正体がわかります。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、少しでもおかしいと感じたら、入社を止めるのが無難でしょう。

    生まれて初めて失業保険をもらうときに、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている・・

  • 失業保険の給付を受けたことがない人は、じっとしていれば給付されると思っている人が極めて多いですが、それは誤解です。実際には、きちんと受け取り続けるためには、求職活動を行っていなければならず、その上で、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月間隔でハローワーク職員との面談を経て、真剣に仕事を探していることを理解してもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。これに対し、「この人は就職活動を本気で取り組んでいない」と見なされたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加なときは、情け無用で給付してもらえなかったり、ときには以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、注意しておきましょう。

    退職|派遣の仕事が決定しました。勤務初日に派遣会社で営業を担当している…

  • 派遣の仕事が決まりました。就業の初日に営業を担当している方と派遣先の会社近くのコンビニエンスストアで待ち合わせたら、彼が約束したお店の前にいないので店の中にいるのかもしれないと思ってコンビニの中に入ってみたら雑誌の所に座り込んでいかがわしいグラビアのところを開いて見ているところを発見!こんな担当の人の仕事なんて勘弁してと考えて、そこで声をかけずこっそりとコンビニを出て即刻派遣会社に辞退する旨の連絡をしました。

    再就職先でこれまでに培ってきた能力を活用できれば、即戦力として活躍で・・

  • 新しい勤め先で、今までに培ってきたキャリア・スキルを生かせたとしたら、即戦力として仕事を任してもらえ、割と早く職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。同時に会社サイドしても、そういった即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえあえば、難なく採用されるでしょう。更にかつての仕事内容と同じような職種なら見込みはおおいにあります。けれども、即戦力になれるとはいっても大手企業の事務系の業務や、公職については、今も昔も中々の難関になる可能性が高いと見ておきましょう。

    就労期間中は、なるべく周りの人にバレないように(自身の経験談で・・

  • 在職中はできればバレないよう(自身の場合)在職中に「転職するかも」という意思表示だけを活動初期に同僚に話して、反応を見たことがあります。しかし、それから、求人を見て回ったのですが、結局転職先のあても、転職時期も無鉄砲に決まらないまま、ズルズル時間が過ぎてしまいました。そしてその一方で、会社の方も業務の引き継ぎや手続き、私の退職日などが決定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験したのち、次の就職先を探すことになりました。

    転職活動をやっていると、面接において高い確率で聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしている際に、間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これとは違い「転職理由」は、現職の不満をそのまま伝えたとしたら問題があります。転職理由でよくある待遇に納得できないことや、人間関係の問題など、面接担当者に悪い印象を与えるものです。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、慎重に質問をしてきます。現職の不満を相手に言わないためには、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。そして、この会社に入社してこんなことを実現したい、5年後はこうなっていたい、その希望が叶うのは御社しかありません、とうまく話をすり替えましょう。

    転職する時に行われる面接を受ける時につけていく腕時計の事ですが・・

  • 再就職する際に行われる面接で着用する腕時計のことなのですが、目立つタイプの時計はつけて行かない方が悪い印象にはなりません。目立つ腕時計とは有名ブランドの腕時計であるとか、といったことだけではありません。真逆で完全に安物である腕時計の印象を与えるとか、そういった意味であって真反対の目を惹くのだと理解しておいてください。転職の面接のときに着用する腕時計においてもネクタイやスーツのようにとらえて、面接するにふさわしい無難なものを選択した方がベストです。けれども、自身の年齢に適しているということも必要な条件であり、新卒の就活の頃に買った腕時計よりはわずかでも高いものにした方が好ましいとはっきりといえます。

    これは兄の友達から聞いた話です。

  • このような話は兄の友達の話です。就職活動を始めて新卒採用としてなにがなんでも勤めたかった憧れていたA社で行われた最終の面接で不採用になり、後に違う会社に就労しました。そのあと2年経過した頃に派遣の求人サイトを閲覧していて奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけ、どうにかしたくなって当時の会社をすぐさま辞めて、A社で派遣勤務を開始、勇気がありますね。死ぬ気で頑張ってそれから先無事にA社で正社員になり、今は仕事のやりがいを感じつつ明るく仕事しています。

    退職|日本には「石の上にも三年」という格言があります。

  • 古来より日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。その背景を裏付けるかのように定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。ですが、誰もが簡単に転職できる簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。再就職したいなら、適したを図る必要があります。ますはじめに、現在の職場・や仕事内容について、不服を感じる点を約10項目探しておきましょう。そうしておくと、転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、将来の進路が自身で見いだせたら、手早く、良い職を手に入れられるように自分なりに努力してみてください。

    新しい企業に入りたいと転職を希望する場合には「1日でもはやく・・

  • 今と違った職場がいいと転職をする活動中の場合には「ほんの少しでもはやく、内定を手に入れたい」と思ってしまうものです。しかし、吉報ほしさのあまり、自分の能力について、嘘の申告をしたり、あるいはその逆に過小評価につながる言動は可能な限りしないでください。そうではなくて、焦る気持ちは抑え、落ちついて自分にピッタリな職場を探すことに専心しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を賢く見極めていきましょう。