これはシフト制の仕事についての話なのですが、決まった曜・・

これはシフト制の仕事に関する話なのですが、毎週、一定の曜・・

  • これはシフトの業務についてです。毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集する求人を頻繁に目にしますが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方について、面接時にチェックしておきましょう。それはなぜかというと、以前わたしは産休で休む人の代わりにと正社員として勤めることになったのですが、私のシフトが土曜、日曜が固定シフトだったのですが、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。前任の方が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私自身もそう思われていたみたいです。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の先輩方に「日曜日に休みたいのです」と自ら交渉しないといけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日は一人だけなんて・・・。振り返ると本当によく我慢してやってこれたと思います。
  • 今励んでいる転職活動で「自分はこれまでずっとこのような内容・・

  • 今励んでいる転職活動で「自分はこれまでこういった職場の仕事に尽力してきました」「過去の仕事によって、こういった技術を得られました」とそれまでの自分自身の経歴を強めにアピールする人はよく目にします。ただし、転職先の再スタートを図る場所で「させてもらえるのならばこういうような仕事をしたい」「私が話したような内容の事ならできれば貢献したい」と将来のプランで自身をアピールしていくほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。
  • 退職|ここ最近の会社や企業の雇用形態が大きく変わったことにおいて、…

  • 今現在の労働背景の激変ぶりに際して、全世代の中で若い世代が特に関心を持って見ているようです。おそらくは、将来のキャリアアップのために、色々と考えているのでしょう。このため、サラリーマンや労働者といった労働市場の流動化が進行しているようで、さらに今後、益々若い世代の転職への関心度が高まると考えられます。労働力の流動化」の影響により、労働者の転職は一般的に当たり前となりつつあります。「終身雇用制度」が普通に存在した頃には、「転職」は、それだけでややネガティブに捉えられる傾向が強く、事実、転職が難しい時代でもありました。ところが、社会的な変化とともに現在の仕事のみに執着する必要も段々と薄れてきています。
  • 転職活動を行う際に、まず現在働いている会社を完全に辞めてか・・

  • 転職活動を行うのに、とにかく今勤務している会社を辞職した後でとする人たちもいますが、辞めてから転職活動をする際には会社がいつボーナスを支給するかを事前に確認しておくのが無難です。ボーナスが支給される会社は多いですが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスが支給されるのがあとわずかだったら、ボーナスが支給されてから退職届を提出するという方法も賢い方法です。ボーナスは結構たくさんもらえると思うので、もらわないと損ということも分かりますから、この職場を辞めようと思ったら会社がボーナスを支給する時期について確認するのを怠らないようにするのがボーナスをもらい損ねないと思います。
  • 転職するため職探しをするときに注意すべき募集内容は…

  • 就職するため仕事探しをする際に注意が必要な募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料がよく、拘束時間が長いものです。このような求人内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースがたいへん多いです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間や45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間が書いてあります。毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、あらかじめ給料に残業代を組み込んでおくというものになります。(ちなみに、これは違法ではありません)もしも『みなし残業代35時間込』というのは、「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料です」というワケです。が、悪質な求人は、記載しておくべき『みなし』をわざと記載していない可能性もあるので気を付けてください。
  • 人の紹介をキッカケにして転職先を探すこともあるでしょう。

  • 知人による紹介で転職の先を見つける人もいます。…が、その場の労働環境、その他の労働条件などを知っている人からの口コミ情報を判断してしまうとあとで問題になるかもしれません。当然ながら、そういう口コミというのはどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。それ故に知人から見たら今よりずっとベターな職場に映っても、あなたには、ストレスだらけの環境、、、という環境なのかもしれません。またその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけに頼らずに、最終的には自分自身の目でチェックしておくようにしましょう。
  • 退職|もしも転職することを、今働いている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと・・

  • 再就職の前に、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ると状況が悪くなる可能性があります。今までの周囲との関係によっては、問題はないこともありますが、意地悪される可能性もあります。ひどいケースでは、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、転職のことを周囲に言うのは充分に注意が必要です。そういった状態を回避するため、今所属している仕事場では、真面目に仕事をしておきましょう。誠実な態度を見せることで、良い空気をギリギリまで維持したまま、最高の形で仕事を辞めることが出来ます。また、円満退職に至れば、転職後も、あなたが困ったときにアドバイスをもらえる機会も出来ます。規模や業種に関係なく、どこの会社も、人とのつながりはとても大切なので、仕事を辞める際のトラブルは、できるだけ回避してください。
  • 退職|転職活動では、希望している企業そのものよりも、採用担当の面接官との…

  • 転職活動で重要なことは企業そのものよりも、人事や採用担当の面接官とのやり取りが大事です。面接官に良い印象を与えるために、第一歩として面接が始まるときに焦らずに対応することを心がけましょう。女性とお見合いをするような意識で望むと問題はありません。また面接官に対してはもっとも最初にあなたの内面的な部分を判定されるのでマイナス評価となるような見た目や言動は気をつけてやめましょう。なおかつ社会人らしく面接に適した服装で向かいましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、自然と良い結果も出やすくなるでしょう。
  • 派遣で就業しています。派遣法と労働契約法により否応なく…

  • 派遣社員として働いています。派遣法や労働契約法の関連でやむを得ず、長く務めてきた派遣先での仕事がもうすぐ終わります。同じ派遣である方の中には、派遣で勤務している会社で直接雇用の位置をつかんだ方もいるのですが採用された理由としてはぶっちゃけた話仕事ができるわけではなく派遣先の上司の扱い方がうまくて引き立てがあった模様。テクニカルスキルよりおじさん転がしの能力がいるんだねーと派遣仲間達と派遣先の職場で文句を言ってます。
  • ある古物商の人員募集にて、書類選考に合格しました。その後…

  • とある古物商の求人に応募し、書類審査に合格したので、先方から、面接日時を教えてもらいました。それなのに、当日、時間通りに指定された場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。しばらく待って、所長らしき人が面接担当をしてくれましたが、終始だらしない態度を見せられ、面接は終わりました。ところが、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、もどかしくなり、自ら問い合わせると、「郵送で今日送った」と言われましたがしばらく待ちましたが、ですが、これも届かずまた電話した結果、「残念ですが不採用とします」、とそう言われてすぐ、電話を切ってしまいました。あまりのことに呆れ返ってしまいましたが、とりあえず採用されなくて良かったと思っています。
  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必須です。

  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だとされています。会社の多くは履歴書及び職務経歴書に記載されている内容を元に面接するかどうかを決めるため、とにかくこれらの書類の作成が大切になってきます。必要事項を埋めるだけでなく、記載内容が魅力的であることも大事です。「職務経歴書」は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり記入してみましょう。また、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、などわかりやすく書くのが得策です。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、より良い内容に改善していきましょう。自分の価値が高まるように、転職エージェントを利用することもよい転職をするための有効な手段だといえます。
  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合…

  • 求人情報にはほとんどの場合、まともな企業では月の給料が明記されています。しかしこのポイントを確認する際は、注意して確認する事が大事です。数字だけを見て納得しないほうが良いです。実は案件によっては、月収の金額の中身が「毎月15時間分の残業」が条件になっているかもしれません。要するに残業代を含めて計算することで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしている所があるからです。そのほか、基本給プラス歩合給で、その歩合を過大に計算に織り込んでいる可能性が考えられます。そういうわけで、そうやって可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は注意が必要と言えるかも知れませんね。
  • あなたが転職活動をしているなら、気になる求人(OR 職種…

  • 転職活動しているとき、気になった求人(OR 職種)を見るたびにきちんと「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索しておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、その業界のデメリットなどは、知ることができる確率は低いです。ネットで調べればインターネット検索を通じて瞬時に実態を知ることができます。そうした手間を惜しんで入社した場合、直後にガッカリしてしまうおそれがあります。そもそも求人募集が出ている理由が「内容がキツイから入っても続かない」というケースがかなり多いため、目に留まった業種について、下調べをした上で応募しましょう。
  • 転職期間中には、自分の好きなことに時間を費やすほか・・

  • 転職期間では、自分の好きなことに打ち込んだり、体力の低下を招かないようにしておくと良いです。勤め口が見つかり、いざ仕事を始めた時に、趣味に打ち込んでいたことによって気付かないうちに集中する力が高められます。そしてまた、体力アップが図れていることで、他の社員さんよりも疲れにくい身体になっているということを認識することができます。というワケで、退職したら自分の好きなことに没頭することと、体力をアップさせる努力をしておいて損することはありません。また、その会社であなたと同様の趣味の人と巡り会えれば、話が盛り上がります。ですからこれまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。
  • たいてい大きな会社では、「定期採用」で人材募集することが普通なの・・

  • 大半は一流企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから、転職で入る事は中々難しいものです。それに、都会以外だとその見込みがずっと低くなります。しかし製造業の企業の場合においては、都市部でない地方の工業団地の近所に製造工場を持っていることも多々あります。また、そういった場所では、事業分野の拡大をする際に「人員募集」を積極的に行うので、そういったタイミングを見逃さないようにするのです。そのためには、地方の工場での転職をされる場合は、希望する企業についての情報をはじめましょう。ホームページに訪問し、人員募集の有無など、時々チェックすると良いでしょう。
  • 退職|何年か前までは求人情報には、雇用側が求める人材の「性別」・・

  • 一昔前の求人誌に募集条件の中に「性別」について、もれなく明記されていました。しかし、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、男女差別が採用時にあってはならないという決まりになり、求人情報のなかに「性別」の表記ができなくなりました。けれども、募集する企業側には実際はどちらが希望と言う想いがあるはずです。ですので、本当は男性を必要としている業種に、募集に女性がやってきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が応募してきたり、といったトラブルは誰にも起こり得ます。たとえば、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールする案件では、雇用側が「女性」を必要としている、と読むのが無難です。