これはシフト制のある仕事についての話なのですが、決まった・・

退職|これはシフト制の仕事についての話なのですが、決まった・・

シフトの仕事に関する話なのですが、毎週、決まった曜日に勤務できる人を募集している求人をよく目にするのですが、休み方やシフトの出し方については前もって聞いておいたほうが良いでしょう。それはなぜかというと、私は過去、出産のため抜けた人の代理として正社員としての仕事をはじめたのですが、私のシフトが「土日」固定となるシフトだったのですが、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任の女性が土曜、日曜に必ず出勤できる人だったので、私自身も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。なので「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変更してもらう必要があり、上の人に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自分で交渉しないといけませんでした。立場は同じなのに、土日は一人だけなんて・・・。振り返ると「本当によく耐えたな」と。

励んでいる転職する活動時、「私は今までずっとこのような種…

今がんばっている転職する活動の際に「私はかつて、こういった職場の仕事を長く続けてきました」「過去の会社の仕事によって、こういった経験を得られました」と自身の成功体験やセールスポイントを強くアピールする人はときどき見かけます。でも、転職先の新たな職場で「近いうちにこういうような仕事をしたい」「斯くの如き内容の業務をするのなら貢献したい」と将来のプランでアピールを狙ったほうがよっぽど効果があります。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

今の時代の労働背景が大きく変化したことについて、働きざかりの世代の中…

このようにここ数年の会社や企業の労働背景の変移に当たって、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若年層が特にチェックし、気にかけているようです。多分、将来を見据えた動きなのでしょう。ですので、サラリーマン・労働者の流動化が進んでいるようで、それに応じて後々世代に関わらず転職について考える機会が増えると予想されます。労働力の流動化」の影響により、労働者の転職は身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」があった時代には、転職者は、そのことでややネガティブに捉えられる傾向が強く、事実、転職が難しい時代でもありました。ところが、社会的な変化とともに現在の仕事に固執する意味があまりなくなったように思います。

転職において、とにかく勤務中の会社を辞職してからという人もいます・・

職を変える際に、現在働いている会社を完全に辞めてからと思っている人もいるでしょうが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときには会社がいつボーナスを支給するかを気にしておきましょう。ボーナスが出る会社は星の数ほどありますが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスが入る時期が近いときには、その後で辞めるという方法も得策です。ボーナスだとそこそこたくさん入るので、もらい損ねたら損ということも言えるでしょうから、職場を変えようと思い始めたらボーナスが支払われる時期について確認するのを忘れないようにするのがもったいない思いをしません。

転職活動する場合に注意すべき求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高め・・

就職するため仕事探しをするときに注意して欲しい求人情報は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、拘束される時間が長いというものです。このような求人内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合が多いのです。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、例えばですが、30時間とか45時間という感じで求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、最初から給料形態に残業代を組み込むというシステムになります。(ちなみに、これは違法ではありません)例えば求人に『みなし残業代25時間込』というのは、「書かれた時間分の残業代を含めると、これだけの給料になります」という求人になるわけです。ただし、悪質な求人には記載しておくべき『みなし』を意図的に表記してない場合もありますのでよく注意をしておきましょう。

人による紹介で転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。

友人や知人の紹介をキッカケにして転職先を見つける人もいます。ですが、そこでの労働環境や、それから労働条件などを友人知人からの口コミ情報のみであまり信用しすぎると後々トラブルになるかもしれません。というのはそういう口コミというのは客観的な要素が排除されやすく、誤解・齟齬が多くなってしまいます。つまり知人にとって、かなり良い職場環境に映っても、あなた自身の価値観に照らし合わせたときには、ストレスだらけの環境、、、という環境だってあるのです。その逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミを過剰に信用しないように、最終的には自分自身の目で確かめておくことも大切です。

もしも転職前、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知・・

もし転職することが、現在の会社の人たちがそのことを知ってしまうと、その状況が悪くなる可能性があります。周りとの付き合い方によっては、意地悪される可能性もあります。また、残業時間を意図的に増やされてしまう事があるので、軽はずみに転職のことを周囲に言うのは考えものです。上記のような状態を回避するため、今の仕事場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうすれば、良い状態のまま会社を辞めることが出来ます。そして、何の問題もなく円満に退職できたなら、転職後にも、相談にのってもらえるチャンスも手に入るはずです。業種や規模に関係なく、どういった企業であっても、繋がりなので、辞める前のトラブルはしっかり回避しておきましょう。

スムーズに転職したい時は、希望している企業そのものより・・

転職のための活動は企業とのやりとりよりも人事や採用担当の面接官とのやり取りが重要といえます。しっかりと採用してもらうために、はじめに面接が始まるときに冷静に対応しましょう。たとえばお見合いをする気持ちで望むと緊張がとけるかもしれません。更に大事なことは面接官に対してはまず第一にあなたの内面的な素質を判定してもらうので悪い評価になるような態度は気をつけて避けましょう。なおかつ社会人らしい面接に適した服装で向かいましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、きっと良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

退職|派遣社員として働いています。派遣法や労働契約法のせいで…

派遣で就業しています。労働契約法のおかげで残念ながら長く務めてきた会社での仕事を終了しなければなりません。同じ派遣である人の中には、派遣先で直接雇用の条件を得た人もいるのですが抜擢された理由としては実際のところ仕事ができるわけではなく派遣先上司の扱いがうまい人でそれで採用された様子。業務上のスキルより上司にゴマをする能力の方が重要なんだねーと抜擢されなかった派遣仲間の友人と職場でいつも不満をたれています。

とある古物商の求人に応募し、書類審査に合格しました。す…

とある古物商の求人にて、書類審査を通過しました。2、3日して先方から面接日時を告げられました。面接日当日、指定された場所へ行ってみると、なぜなのか相手が面接準備を一切していないことに気づきました。待たされたのち、所長らしい人が面接担当をしてくれたのですが、たいへんにだらしない態度を見せられ、かろうじて面接が終わりました。しかしながら、約束の日を過ぎても、採用結果はまったく告げられず、もどかしくなり、私のほうから問い合わせると、「郵送で今日、送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達でそんなわけでまた問い合わせたところ、なんと、「残念ですが不採用です」、と有無を言わせずに電話を切られてしまったのです。あまりの対応に呆れ返ってしまい言葉も見つかりませんでしたが、正直なところ、不採用で良かったと感謝しています。

転職活動時には、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠だとされています。

転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠といえます。大部分の会社は履歴書に加えて職務経歴に書かれている内容で面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚の書類の作成が大切なポイントといえます。必要事項を埋めるだけでなく、内容を魅力的なものにすることが大切です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、できる限り自分のできること書き綴りましょう。さらに、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。部門の残業時間を何%減らしました、などわかりやすく書くのが望ましいです。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、より良い内容に改善していきましょう。自分の価値が高まるように、転職エージェントを利用することも転職を成就するための有効な手段です。

退職|求人関連の情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場・・

求人広告には、大部分の場合はたいていの会社では月の給与が明記されています。この月収の部分をチェックする時には、注意深く確認する事が欠かせないです。その額の多い少ないだけ見て判断してはいけません。何故かというと場合によっては、月収の金額の中身が「毎月15時間分の残業」を含んでいるかもしれません。何があるかというと残業代の金額を含めて計算することで魅力的な案件のように見せかけ、募集していることも珍しくありません。それ以外にも、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている可能性が考えられたりします。こうして「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には近づかないほうが良いでしょう。

退職|将来的に転職活動をするという時は、気になった求人(あるいは職種・・

これから先、転職活動をするという時は、気になった求人(もしくは業界)があったら、マメに「〇〇業(気になる業種)、ブラック」とインターネットで調べておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントの情報では、業界のマイナス部分について、教えてもらえない、と思っておくべきです。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、インターネット検索でカンタンにおおまかな実態を理解できます。そのような面を知らずに入社してしまうと、後々にしっぺ返しを食らう可能性が高いです。だいたい求人が出されていた理由が「仕事がキツイからなかなか人が定着しない」というケースが少なくないのです。気になった案件について、下調べをした上で応募しましょう。

退職|転職期間中には、自分の好きなことに没頭することに加…

転職期間では、自身の趣味に没頭したり、体力の向上を意識しておくと良いと思います。仕事を再始動したとき、趣味に夢中になっていたことで気付かないうちに集中力が養われています。さらに体力アップしているために、その場の社員さんたちと比べると疲れにくい身体になっているということを自ずと認識することができます。そのため、退職したら自分の好きなこと趣味に時間を充てることと、体力アップを図ることをしておいて損することはありません。転職後、その職場であなたと同様の趣味の人とめぐりあうことができれば、仲良くなるキッカケになるので、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

大きな会社は「定期採用」がメインなので、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。

大半は大きな会社は定期採用中心です。ですから、転職希望者には適していません。そればかりか、都心を離れるとその見込みがずっと低くなります。例外的に、製造業の企業においては、地方の工業団地界隈に工場を持っていることも少なくありません。そういった地方の工場に的を絞れば、事業分野の拡大などの際に「途中採用」を併せて行っているので、この機会を見逃さないようにするのです。地方の工場に転職したい場合、希望する企業についての予備知識をあらかじめ知っておきましょう。ホームページを覗いて、求人の予定がないか、マメにチェックすると良いでしょう。

退職|以前は求人誌には、募集要項の中に「性別」まで、当たり前のように記載されていました。

数年前の求人情報に雇用側が求める人材の「性別」が書かれているのがほとんどでした。しかし今現在では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、雇用する際、男女差別がないようにしないといけない事が決まり、求人情報の概要に「性別」の表記ができなくなりました。そういった時代になったのですが、募集する側には性別に拘らず採用するとは限らないのです。現実問題として、男性必要なのに、女性が募集にやってきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が来てしまい、といったようなトラブルが少なくありません。例えば、「女性が活躍している仕事場です」と記載のある求人募集の場合は、求めているのは女性だと読むのが良いです。