これはシフト制のある仕事についてです。

退職|これはシフトのある仕事についてです。

  • これはシフトの業務についてです。毎週、一定の曜日に働ける人を募集している求人をけっこう見るのですが、休み方やシフトの出し方については面接の際に尋ねておいたほうが良いです。過去に私は出産のため抜けた人の代わりに正社員としての仕事をはじめたのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った女性が土日に必ず出勤できる人だったので、私も同じタイプと思われていたようです。なので「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」と私自身が連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い出す度、「本当によく耐えたな」と。

  • 今やっている転職活動の際に「振り返るとこのような仕事に従事しまし…

  • がんばっている転職活動中に、「私は今までずっとこういう仕事をしてきました」「今までに手にしたスキルは、、、です」と自身の経歴を強調してアピールしなくちゃと考える人は少なくありません。ただし、転職先となる再スタートを図る組織で「機会があればこういうような仕事をしたい」「私が言ったような内容の仕事をするのならできれば貢献したい」と将来のプランでアピールする方が過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

  • このようにここ最近の企業の雇用に対する考え方の激変ぶ・・

  • このように今の時代の雇用事情が大きく変わったことを、若年層ほど注目度が高いといわれています。十中八九自らのキャリアアップと転職とを考えているのでしょう。そのため、サラリーマン・労働者などの流動化が進んでいるようで、さらに後々若年層以外の層にも転職の関心が増加していくと思います。このような状況下の中、転身することは誰しもが身近な出来事として捉えるようになるのです。定年まで勤め上げることが良いとされていた時代には、「転職」にはそのことだけで良くないイメージがつき転職が思い通りにいかないことも多くあったようです。ところが、時代の変化もあり、今現在の会社のみに執着する必要も減っているように感じます。

  • 転職を考え始めたときに、とにかく今勤務している会社を辞職した後で…

  • 新しい職を探すのに、とにかく今働いているところを辞めてからと考える人もいるでしょうが、その場合には会社がいつボーナスを出すかを気にしておきましょう。ボーナスがもらえる企業はほとんどですが、社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスが振り込まれる日まで数か月しかないのなら、その日を待ってから退職するという方法も賢い方法です。ボーナスは結構大きな額なので、もらい損ねたら損ということも明白ですから、転職を考える時にはボーナスの支給日について知っておくほうが賢いやり方です。

  • 就職のため仕事探しをする場合に特に注意すべき求人情報・・

  • 就職活動中に気を付けて欲しい求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束時間が長めであるというものです。このような募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれている場合がたいへん多いです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間とか45時間といった感じで求人の内容に時間が併記されているものです。毎月これくらいの残業が想定されるため、最初から給料に残業代を組み込んで計算しておくということです。(合法です)例えば求人に『みなし残業代50時間込』という表記は「記載時間分の残業代を入れれば、これだけの給料です」という意味になるわけです。しかし、悪質な求人には記載しておくべき『みなし』という言葉がないこともザラですのでしっかり気を付けてください。

  • 知っている人からの紹介を通じて転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 知っている人の紹介をキッカケにして転職する先を見付ける人がいます。とはいってもそこでの労働環境や、その他の労働条件などを知人からの口コミ情報を信用しすぎると後々キケンです。というのも、そういう口コミというのは客観的な要素が排除されやすく、主観が入ってしまうからです。友人にとっては、心地よい職場だとしても、自分自身には、そうではない場合なのかもしれません。でもその逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミのみで判断せずに、最終的には自分の目でしっかり確認しておきましょう。

  • 転職することを、今の会社の人たちがあなたの退職を知ると…

  • もし転職前、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の空気が一変するおそれがあります。働く環境次第では、問題はないこともありますが、やっかみや意地悪される可能性もあります。また、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、軽はずみに転職のことを口にするのは注意が必要です。上記トラブルを避けるために、現在の職場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうしておけば、良い状態をギリギリまで残したまま、最高の形で仕事を辞めることが出来ます。さらには、何の問題もなく円満退職できれば、転職後、何かあったとき、アドバイスをもらえるような良好な関係性を持っておくことができます。業種や規模に関係なく、どのような会社も人とのつながりがとても大事なので、転職前のトラブルは、できるだけ警戒しておきたいものです。

  • 退職|転職活動といえば、希望している企業そのものより、どちらかと言えば面接係員と…

  • スムーズに転職したい時は、企業そのものというより、具体的には「担当面接官」とのやり取りが肝心といえます。採用担当の面接官に良い印象を与えるために、まずは面接が始まる前に焦らずに対応しましょう。女性とお見合いをする気持ちで望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。更に大事なことは面接係員は第一歩としてあなたの内面的な部分を判断してもらうのでマイナスな印象につながる言動は気をつけてぜったいに控えましょう。なおかつ良識ある社会人らしさが伝わるように、転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって採用したい人材と感じてもらえれば、転職活動はかなり楽になります。

  • 退職|派遣社員として働いています。派遣法とかのからみで不本意にも…

  • 派遣というかたちで働いています。派遣法や労働契約法の関連で残念なことに長くお世話になった派遣先の会社での仕事を辞めなければいけません。仲間の派遣社員の中には派遣の就業先で正社員の地位を手に入れた方もいるのですが選ばれた理由としてはぶっちゃけた話仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司へのあしらい方が上手でそれで採用された様子。仕事の能力より上司にゴマをするスキルの方が大切なのかなーと抜擢されなかった派遣仲間の友人と職場で不満をたれる日々です。

  • とある古物商の求人にて、書類審査に受かりました。すぐ…

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査を通過し先方から、面接日時を教えてもらいました。にもかかわらず、当日、時間通りに行ってみると、どうしてか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。ようやく、所長と思しき人が面接に応じてくれましたが、呆れるほどけだるい表情を見せ、なんとか面接は終わりました。予定日を過ぎているのに、合否結果すらなく、もどかしくなり、自ら問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と返答されました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達でそんなわけでもう一度連絡をした結果、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とその直後、電話を切られてしまったのです。私は呆れ返ってしまい言葉も見つかりませんでしたが、率直に、不採用でよかったです。

  • 退職|転職活動においては、履歴書と職務経歴書が必須です。

  • 転職活動を行う場合、「履歴書」「職務経歴書」を用意しなくてはいけません。大多数の会社は履歴書及び職務経歴書に書かれている内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、どうあってもこの2枚の書類の作成が重要なポイントといえます。ただ文字を書くだけでなく、内容を充実させることが大切です。「職務経歴書」では、過去に経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を記載します。さらに、現在の職務で挙げた実績を、残業時間を何時間減らしました、など具体的に記します。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。ブランディングのためにうまく活用することも転職を成功させるための有効な方法です。

  • 求人関連の情報を見てみると、たいていの会社では月の給料が記載されているはずです。

  • 求人についての情報を見てみると、普通の企業では月にもらえるお金がしっかりと記載されていますよね。だけれどもこの部分を頭に入れる際は、しっかり確認する事が欠かせないです。その額の多い少ないだけ見て判断しないほうが良いです。何故かというと会社によっては、月収の額の内訳に月15時間残業の場合を含んでいるかもしれません。残業代をトータルすることで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも考えられます。このほか、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている企業もあります。だから、その手のよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は注意が必要と言えるかも知れませんね。

  • 将来転職活動をするという時は、気になる求人(または業界…

  • これから転職活動をするという時は、気になった求人(または職種)を見付けるたびにマメに「〇〇業、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントの情報では、まずその業界に関するマイナスとなる面は、知らせてもらえません。もしブラックな面があるなら簡易的なインターネット検索によって多くの事例に触れられるはずです。そういう手間を惜しんで会社に入ると、あとでガッカリしてしまう可能性が高いです。その求人が出ている理由が、「仕事の内容がキツイから人がすぐに辞めてしまう」というケースも多くあります。目に留まった案件について、疑問点を確実に払拭した上で、応募しましょう。

  • 転職先を探している期間は、自分の好きなことに没頭した・・

  • 転職先を探している期間中は、趣味に没頭する他、体力を損なわない様にすると良いでしょう。仕事が決まり、仕事復帰した時に、趣味に興じていたおかげで知らないうちに集中力がアップします。さらに体力を補っている事で、他の社員たちと比べると体力が持続するということを自覚します。というわけで、自分が興味のあるなことに力を入れることと、体力アップをしておくことをするのが何より良い事なのです。転職後、その会社であなたと同様の趣味の方と出会えれば、会話も弾むので、これまで挑戦してなかった事に手を出すのも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • たいていの場合は大手企業は「定期採用」で人材を確保します。ですか…

  • 一流企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。そのうえ、市外地でとなると転職の可能性がたいへん小さくなります。でも、製造業に関連する企業においては、地方の工業団地界隈に製造工場を置いているよくあります。さらに、そういった地方の工場は、事業拡大などの節目に中途採用することも珍しくありません。その好機に転職も悪くないと思います。地方の工場に転職しようと思うなら、希望する会社についての予備知識をあらかじめ得ておきましょう。公式サイトを見て、人員募集の予定がないか定期的に確認しておきましょう。

  • 以前は求人誌では、募集条件の中に「性別」まで、書かれているのがほとんどでした。

  • 昔の求人情報には、雇用主が必要とする「性別」について、記載されているのが一般的でした。けれど今では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、採用時、男女の差別をないようにしないといけないルールができて、募集要項の詳細に「性別」を明記できなくなりました。けれど、働き手を募集する雇い主としては、男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。そのため、男手が欲しい案件に、女性が募集にやってきたり、女性が必要な案件に男性が応募してきたり、でも不採用となる可能性が高くなります。仮に、「女性が活躍している職場です」といった内容の案件は、女性を希望しているのだと捉えておく良いといえます。