これはシフトの仕事に関する話なのですが、一定の曜日に勤務できる人を募集している求…

退職|「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、同じ…

  • シフトがある仕事についての話です。一定の曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと考えているなら休み方やシフトの出し方を面接の際にチェックしておきましょう。それはなぜかというと、私は過去に、出産のため抜けた人の代わりに正社員として働き始めたのですが、土曜、日曜が固定シフトで新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。産休に入った人が土曜、日曜は休むことなく出勤していたので、私自身もそのような人と思われていたようです。なので「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の上司に「日曜日に休みたいのです」と自分で交渉しないといけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。思い返すと「よく耐えた」と自分でも驚きです。
  • 転職活動をしているときに、「自分は振り返るとこういった価値のある・・

  • がんばっている転職活動で「自分はこれまでこのような種類の仕事に尽力してきました」「これまでにこのような技術を身につけました」と成功体験などをよく伝わるようにアピールする人はしばしば目にします。ですが、転職先となる新たな企業で「可能ならばこのようなことをしてみたい」「こういった内容の仕事をするのなら積極的に貢献したい」と未来の姿を話して自分自身をアピールする方が過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。
  • このように昨今の労働環境の慌ただしい変移をにおいて、社会人の中で…

  • 昨今の企業の雇用に対する考え方の激変ぶりに際して、全世代の中で若者の世代ほど鋭く感じ取っているようです。それはたぶん、今後に備えようとしている段階のような気がします。従って、サラリーマン・労働者といった層の労働市場の「流動化」が顕著となっているので、なおさら、今後、益々若年層以外の層にも転職の関心度が強くなっていくのだと思われます。このようなことから、転職はより身近なものとなっていくのでしょう。「終身雇用制度」が実在した頃は、「転職」をする人は、経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思うようにいかず、困っていた人もあったようです。しかし時代が変化し今現在の会社だけに執着する意味も必要性もあまりなくなったように思います。
  • 退職|仕事を変えようとするときに、まず会社を辞めてからといった方法もありますが…

  • 仕事を変えようとするときに、とにかく今の会社を退職してからという考えを持っている人もいるようですが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときにはボーナスの支給日を見積もっておきましょう。ボーナスがもらえる企業は星の数ほどありますが、社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスの支給の日が目前に迫っているのであれば、支給日を待って辞職するというのも良い手です。ボーナスは結構大金なので、もらった方が良いと断言することができますから、退職をする際にはいつまで待てばボーナスが入ってくるのかをまず第一に確かめておくと賢明な方法です。
  • 就職のため仕事探しをするときに注意して欲しい求人情報は・・

  • 転職するため職探しをする際に注意すべき求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長めのものです。こういった案件は、給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースがよくあります。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、30時間・45時間というように(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記されているものです。これは、毎月これくらいの残業が想定されるため、あらかじめ給料に残業代を入れておく、といったシステムです。(ちなみに、これは違法ではありません)仮に求人に『みなし残業代25時間込』とあれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料になります」という意味になります。ただし、悪質な求人では、告知しておくべき『みなし』を意図的に表記してないこともザラですので要注意です。
  • 退職|知っている人からの紹介によって転職する先を探す人もいるでしょう。

  • 人による紹介で転職の先を見つける人もいます。ただし、その場の労働環境、労働時間などの大切な部分を友人からの口コミを信用しすぎるとあとで後悔するかもしれません。言うまでもなく、そういう口コミは性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。紹介した人にとっては、働きやすい職場に映っても、自分にとってはそうではない可能性なのかもしれません。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミのみで判断せずに、自身の目でしっかりチェックしてみてください。
  • 退職|再就職の前に、今勤めている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと…

  • 転職することを、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知るとその状況が一変するかもしれません。周囲との付き合い方によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。時には、残業時間を意図的に増やされる仕打ちも考えられるので、むやみに転職のことを口にするのは考えものです。上記のような状態を避けるために、今の職場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。そうすれば、良い空気をギリギリまで残したまま、心置きなく会社を退職できるはずです。しかも、円満退職になれば、退職後も、困った際には相談できるチャンスにも恵まれるでしょう。規模などに関係なく、どんな企業でも、人との縁はとても重要なので、会社を辞める際のトラブルはしっかり回避しておきましょう。
  • 転職は、最初の第一歩は希望している企業そのものよりも、…

  • 転職は、最初の第一歩は企業そのものというより、どちらかというと「担当面接官」とのやり取りが大事といえます。其のためには、先ずは面接が始まるときに平常心で対応することを心がけましょう。お見合いをする意識で望むと良いでしょう。面接がはじまると第一歩としてあなた自身の「人間性」を判断してもらうのでマイナスな印象につながる態度は気をつけてぜったいに控えましょう。なおかつ社会人らしい整った服装を意識してください。オーラを感じさせることができればいいです。魅力ある人物と面接官に思ってもらえれば、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。
  • 派遣として勤務しています。労働契約法の関係で残念で…

  • 派遣で働いています。労働契約法のからみで馴染みのある就業先でのお仕事を終わらせなければなりません。同じ派遣である人の中には、派遣の勤務先から正規社員のポジションをつかみ取った人もいるのですが選ばれた理由としてはぶっちゃけ仕事の能力というよりは派遣先上司へのあしらい方が得意な人で引き立てがあったよう。仕事を遂行する能力よりもおじさん転がしの能力の方が大事なのかなーと選考に漏れた他の派遣仲間と派遣先の会社で不満をたれる日々です。
  • ある古物商の人員募集にて、書類選考をクリアしました。2、3日…

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査に受かりました。2、3日して担当者から面接の日時を教えてもらいました。当日、時間通りに指定場所に向かうと、なぜなのか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。所長らしき人が面接に応じてくれましたが、終始たいへんにだるそうな対応の状態のままかろうじて面接が終了しました。ですが、予定日になっても結果連絡が一切来ず、しびれを切らし、私から問い合わせると、「郵送で今日送った」と言われましたが心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達なので仕方なく再度電話をしたところ、なんと、「結果は不採用でした」、とその直後、電話を切られてしまいました。あまりのことにしばらく絶句してしまったのですが、素直に、採用されなくてよかったです。
  • 転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書が必ず必要です。

  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だと考えられています。会社のほとんどは履歴書や職務経歴書に記載されている内容を考慮した上で面接するかどうかを決めるため、まず第一にこれらの書類の作成が大切です。ただ穴を埋めることにとどまらず、内容を魅力的なものにすることが大事です。「職務経歴書」は、これまでの職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を書いておきましょう。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。たとえば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、など明瞭に記してみましょう。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、よりよい内容にしてみましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを活用してみるのもよい転職をするための有益な方法です。
  • 求人関連の広告には、大部分の場合は大部分の職場では月の給与が明記されています。

  • 求人についての情報を見てみると、とうぜんまともな企業では月の給料が記載されているはずです。ただしこの部分を調べれる際は、しっかり確認する事が欠かせないです。その額の多い少ないだけを見て判断してはいけません。何故かというと案件によっては、月収の額の中に「毎月10時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。何があるかというと残業代をあえて含めることで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしている所があるからです。さらに「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる企業もあったります。そういうわけで、その手の「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件にははじめから相手にしないほうが無難です。
  • 退職|これから先、転職活動をするという時は、気になった求人(業種…

  • これから先、転職活動をするという時は、良いと思う求人(OR 業界)を見付けるたびに100%「〇〇業、ブラック」でネットで検索を掛けてみましょう。求人票・転職エージェントでは、まずその業界に関するマイナスにあたる箇所は、知ることは不可能です。もしも、やましい箇所がある場合は、インターネット検索を活用することで瞬時におおまかな実態を理解できます。そうした手間を惜しんで仕事を始めてしまうと、あとになってしっぺ返しを食らうおそれがあります。だいたいその求人が出ている理由が、「内容がきつく、すぐに人が辞めてしまう」といったケースも多くあります。目に留まった業種や案件に関しては、疑問点を払拭した上で、応募するようにしましょう。
  • 転職期間中には、自分の好きなことに時間を使ったり、体力を損なわない生活を習慣化しておく…

  • 転職期間中には、自分の趣味に時間を使ったり、体力を損なわない生活がベストです。いざ仕事復帰した際に、趣味に夢中になっていたことで気付かないうちに集中力が高まっているのです。そしてまた、体力づくりも同時にできているため、その場の社員さんたちと比較すると疲れない体になっているということを自覚します。そんなわけで、退職してからの生活は、自分の趣味に時間を充てることと、体力をアップさせる努力をしておいて損はありません。転職後、同じ会社内であなたと同じ趣味の人と知り合えたなら、親しくなれるきっかけになります。ですから、これまで挑戦してなかった事に手を出すのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。
  • 退職|たいていの場合は一流企業は定期採用中心です。ですから…

  • ほとんどの場合大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職で入る事は中々難しいものです。また、都会以外だと転職の確率がたいへん小さくなります。例外的に、「製造業」の場合であれば、都市部でない地方の工業団地近辺に製造工場を置いていることもとても多いです。また、そういう場所では、事業拡大時等に「途中採用」をしていることがよくあるので、そういった好機を見逃さないようにするのです。そのためには、地方の工場に転職しようと考えているなら、希望する会社についての下調べから得ておきましょう。その企業のHPをチェックし、人員募集の有無など、マメに確認しておくと間違いがありません。
  • 昔の求人誌には、雇用主の希望する「性別」が書かれているのがほとんどでした。

  • かつては求人情報に雇用側が必要とする「性別」について、当然のように記載されていました。ところが最近では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、雇用する際、男女差別があってはならないルールができて、求人情報の中身に「性別」が記載されなくなりました。けれど、求人する会社側には本当のことを言えば、どちらが希望と言う想いがあるのです。ですので、本当は男性必要とする案件に女性の応募が殺到したり、女性が必要な案件に男性がエントリーしてきたり、というような問題に悩まされるないとは言い切れません。たとえば、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールしている場合、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と認識しておく無難です。