これはシフトのある仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜日…

これはシフト制の仕事についてです。

  • これはシフトのある仕事についての話なのですが、一定の曜日に仕事できる人を募集している求人をよく見るのですが、もしも応募しようと考えているなら休み方やシフトの提出方法をあらかじめチェックしておくべきです。それはなぜかというと、過去に私は産休で休む人の代わりにと正社員の仕事についたのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。産休に入った女性が土日は必ず出勤していたので、私もそのような人と思われていたようです。なので「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフト変更の必要があり上の人に「代わりに出ていただけませんか?」と自ら連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日は一人だけなんて・・・。思い返してみると本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。
  • 退職|やっている転職活動中に、「経験としてこういった仕事に尽力してきまし…

  • 今がんばっている転職する活動の際に「自分はかつて、このような内容の仕事に尽力してきました」「過去の仕事によって、こういった技術を身につけることができました」と自分自身の成功体験などを十分にアピールしなくちゃと考える人はわりと少なくありません。でも、転職先の新たな組織で「将来、こうありたい」「私が話したような内容の仕事をするのなら貢献できると思う」と未来の姿を話してアピールを狙ったほうがよっぽど効果があります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。
  • このように近年の企業の労働環境の変移に当たって、働きざかりの世代の・・

  • このようにここ数年の企業の雇用に対する考え方のめまぐるしい変化について、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い世代が特に興味を持って見ているようです。大方、転職と自らのキャリアアップを同時に考えているのでしょう。そのため、働き手といった人たちの「流動化」が年々増えてきているので、加えて、この先、より広い世代で転職についての関心が高まっていくはずです。このようなことから、労働者の転職は当たり前になり、「終身雇用制度」があった時代には、「会社を辞めて転職」はそれだけで印象が悪く、転職しようにもうまくいかない人もたくさんあったのです。時代が変化し現在やっている仕事のみに執着する必要も益々無くなったともいわれています。
  • 転職活動を行うときに、今の会社を辞めてからという人もいますが・・

  • 転職活動を行う際に、まず今働いている会社をきちんと退社してからと考える人もいるでしょうが、その場合にはボーナスがいつもらえるのかを見積もっておきましょう。ボーナスがもらえる企業は星の数ほどありますが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスをもらえる日まで長くないのであれば、ボーナスをもらってから辞める意向を伝えるというやり方も得をする方法です。ボーナスはそれなりに多くの額が入るはずなので、もらっておかないともったいないとも言えますから、この職場を辞めようと思ったらボーナスの支給日について知っておくほうが賢いやり方です。
  • 退職|就職のため職探しをするときに注意したほうがよい募集内容・・

  • 転職するため仕事探しをする際に気を付けて欲しい求人は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長めというものです。こういった案件は、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれていることが多々見受けられるます。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間とか45時間といった感じで求人の記載内容に時間が併記されているものです。毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、あらかじめ給料形態に残業代を入れておくというものになります。(注・合法です)仮に『みなし残業代50時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代を含めると、これだけの給料です」という求人になるわけです。けれども、悪質なブラック系の求人では記載しておくべき『みなし』を記載していないこともザラですのでよく注意をしておきましょう。
  • 知人からの紹介を通じて転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

  • 友人の紹介で転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。それも悪いとはいわないけどそこでの労働環境や、それから労働条件に関する情報について、友人知人からの口コミを判断してしまうとトラブルになることが多いです。口コミの中でも一人の個人の口コミ情報というものは主観的な色合いが強く、客観性に乏しいためです。要するに友人・知人から見たら働きやすい職場であっても、自分にとってはイライラするだけの場合だってあるのです。でもその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミのみで判断せずに、しっかり自身の目でチェックしておくようにしましょう。
  • もし転職前、現在の職場の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、…

  • もし転職することを、現在の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の空気が悪くなる可能性があります。周囲との付き合い方によっては、問題はないこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。そればかりでなく、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、軽々しく転職のことを周囲に伝えるのはお勧めしません。上記のようなトラブルを回避するためにも、今所属している仕事場では、真面目を装いましょう。注意をしておくことで、良い関係のまま会社を辞められるはずです。さらに、円満退職できれば、退職後も、あなたが困ったときに相談できるチャンスも手に入るはずです。会社の大きさに関係なく、どこの企業も、人とのつながりがとても重視されるので、退職前のトラブルは、可能な限り回避しておきましょう。
  • 退職|転職活動は、希望する企業とのやりとりというより、人事や採用担当の面接係員との…

  • スムーズに転職したい時は、企業とのやりとりよりも具体的には「担当面接官」との勝負ともいえます。面接で成果を出すためにも、先ずはあまり意識せずに焦らずに対応しましょう。例を挙げると「お見合いする」と捉えておく向かうと緊張がとけるかもしれません。更に大事なことは面接を介してまずは自分の人間性を判定してもらうので悪い評価になるような言動は注意しやめましょう。そして品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力ある人物と思ってもらうことができれば、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。
  • 派遣社員として働いています。労働契約法によりやむを得ず…

  • 派遣として勤務しています。派遣法や労働契約法のおかげで不本意ですがずっと働いていた勤め先での仕事を辞めることになります。同じ派遣である方の中には、派遣で勤務している会社で正社員の条件をゲットした方もいるのですがそれはぶっちゃけ仕事の実力とは関係なく派遣先の上司の扱い方が上手な方でそのおかげで採用されたとしか考えられません。業務上のスキルよりもおじさんに媚びる能力の方が大事なんだねーと他の派遣の同僚と派遣先の会社でいつも文句を言っています。
  • 退職|とある古物商の求人にて、書類審査を通過し担当者から面接日時を告げられました。

  • ある古物商の会社で書類選考に合格しました。すぐに相手方から面接の日時を教えてもらいました。けれど、当日行ってみると相手の面接の準備が全くできていない状況でした。しばらく待って、所長らしい人が面接担当をしてくれたのですが、始終たいへんにやる気のなさそうな態度を見せて、かろうじて面接が終わりました。でも、2週間後と言われた結果の連絡が一切もらえず、待っていられず、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で今日、送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達なのでそんなわけで再度問い合わせてみた結果、どういったわけか、「残念ですが不採用になりました」、と有無を言わせずに電話が切られてしまいました。あまりのことにしばらく絶句してしまったのですが、ハッキリ言って、不採用で良かったと思っています。
  • 退職|転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を必ず準備しなければいけません。

  • 転職活動時には、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だと考えられています。ほとんどの会社は履歴書及び職務経歴書に記載されている内容によって面接するかどうかを判断するため、まず第一にこれらの書類の作成が大事といえるでしょう。単に必要事項を埋めるだけにとどまらず、記載内容を魅力的なものにすることも大事です。「職務経歴書」は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり記入してみましょう。さらに、現在の仕事で挙げた実績を、たとえば売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などわかりやすく書くのが得策です。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを利用してみるのも選択肢として考えておきましょう。
  • 退職|求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合は…

  • 求人情報には大部分の場合は多くの株式会社では月にもらえるお金の記載に目が行きますよね。この月収の箇所を頭に入れる時には、深く確認する事が必要です。数字だけ見て判断しないようにしましょう。というのは場合によっては、月収の額の内訳に月20時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。何があるかというと残業代をトータルすることで金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも少なくないのです。また基本給プラス歩合給で、歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている可能性が考えられたりします。こういった「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件にはスルーしておくのが無難といえます。
  • あなたが転職活動をしているなら、気になる求人(または職種)…

  • 転職活動をしているなら、気になった求人(または業界)があれば、きちんと「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索しておきましょう。求人票や転職エージェントからはまずその業界のマイナス点は知ることはできません。インターネットで調べればネット検索を通じていとも簡単に多くの事例に触れられるはずです。そのような手間を惜しんで会社に入ると、のちにしっぺ返しを食らうおそれがあります。そもそもその求人募集が出ている理由が「仕事の内容がキツイから人が辞めて穴が開く」といったケースが少なくないため、興味をもった案件や業種については、下調べをしてから応募しましょう。
  • 転職期間中は、趣味に没頭する他、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れ…

  • 転職先を探している間は、自分の好きなことに打ち込んだり、体力を損なわない生活をしておくと良いと思います。新たなスタートを切ったとき趣味に集中していたことで気付かない間に集中する力が上がります。加えて、体力アップしているために、他の社員たちと比較すると疲れない身体になっている、と自覚します。そのため、退職してからの生活は、自分の趣味に時間を充てることと、体力アップをしておくことをしておいて損することはありません。また、その職場にてあなたと同じ趣味を持つ人と知り合えたのなら、すぐに仲良くなれるので、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。
  • 大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので・・

  • 一般的に見て大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職で入る事は中々難しいものです。それに、地方ではその見込みはとても低くなりそうです。ただし、製造業の場合、地方の工業団地近辺に製造工場を置いているとても多いです。そういった工場は、事業分野の拡大をする際に「人員募集」をしていることがよくあるので、その機会に転職も悪くないと思います。そのためには、地方の工場を転職に考える場合、転職を希望する企業についての予備知識をあらかじめ収集しておきましょう。ホームページを覗いて、スタッフの募集予定はないか、暇があればチェックしてみましょう。
  • 退職|今までの求人誌に雇いたい人の「性別」までもれなく明記されていました。

  • 数年前は求人情報に「性別」がもれなく明記されていました。しかし現在では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、雇用において、男女差別がしてはならないという決まりになり、応募条件のなかに男女の文字を見ることはなくなりました。そんな風に時代が変化したものの、募集情報を出す側は、男性・女性のどちらでも良い、とは心のうちでは考えていません。ですから、男手が希望のジャンルに女性が応募してきたり、逆に女性希望なのに、男性が来てしまい、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。例として、「女性が活躍する職場です」といった内容の案件は、これは女性を望んでいると読み取ることが良いでしょう。