これから先、転職活動をされるなら、良いと思う求人(OR 業…

今から転職活動をするのなら、気になった求人(業種)を見つけたと・・

  • 転職活動中に、気になった求人(あるいは業界)を見るたびに絶対「〇〇業、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票・転職エージェントの言葉からはまずその業界のマイナス点は、アドバイスしてもらえません。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、インターネット検索によってカンタンに一発でおおまかな実態を理解できます。そういう手間を惜しんで入社すると、のちに落胆してしまうおそれがあります。その求人が出ていた理由が「内容がきつく、人が辞めて穴が開く」ということも多くを占めるため、気に入った案件や業種については、下調べをしてから応募しましょう。

  • 転職期間中は、自分の好きなことに打ち込んだり、体力づくりを意識しておくと…

  • 転職先を探している間は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いと思います。転職先が決まり、仕事復帰した時に、趣味に集中していたおかげで知らない間に集中する力が高められます。そしてまた、体力アップが図れていることで、他の社員さんよりも体力が持続するということを認識することができます。というワケで、退職してからの生活は、趣味に没頭することと、体力をアップさせる努力をしておくのがベストです。再就職先が決まり、同じ会社内で同じ趣味の人と出会えれば、友達になれるキッカケにもなります。ですから、好きなことをとことんまで極めることも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • 退職|たいていの場合は大企業は「定期採用」で人材を確保します。ですか・・

  • たいてい一流企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。そればかりか、都会エリア外だとより状況が容易ではないでしょう。例外として、製造業の企業の場合には、地方の工業団地などに製造の拠点としていることも多々あります。また、そのような工場なら、事業拡大をする際に中途採用することも珍しくありません。このチャンスに転職するのも悪くないでしょう。地方の工場での転職をされる場合は、希望する会社についての情報をまえもって得ておきましょう。その企業のホームページをチェックし、求人の予定がないか、ときどき確認されることをお勧めします。

  • 一昔前の求人誌に雇用側の希望する「性別」が明確に記載されていました。

  • 今までの求人誌では、必要とする人材の「性別」まで当たり前のように記載されていました。けれども男女雇用機会均等法が施行され、採用時、男女の差別をしてはいけないルールが敷かれ、応募資格のなかに男女の性別を記載しないようになりました。けれど、募集情報を出す会社は、性別に拘らず採用するとは限らないのです。実際に、男手を希望の企業に女性の応募が殺到したり、その反対に女性が欲しいのに、男性が来てしまい、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。もしも、「女性が活躍している仕事場です」とアピールする案件では、希望しているのは女性だと認識したほうが良いです。

  • 転職活動をするにあたっては、いろんな経路で情報を集めるのが通常だと思います・・

  • 転職活動を開始する際、様々な方法で情報を収集することが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは本当に有益です。過去に、悪い口コミをサイトに載せられたと言って運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の復讐としてその手の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、裏を返すと、ウソばかりの投稿だったなら、会社としては気にする必要はないはずです。でも、実態は『クロ』で「周囲に気づかれたら恥になるから、火消ししなくては!」と思っているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いと言う事はその分トラブルに遭遇する確率が高い、といえるでしょう。というか、いい会社には煙なんて立ちません。

  • 人生初の転職を行う際、重要なのはなぜ現在の仕事を辞めたいか・・

  • 人生で初めて転職をする際、頭に入れておくべきなのはなぜ現在の仕事を去る必要があるのかをはっきりすることです。その理由が根本問題なので、やっておくのが無難でしょう。その後問題を改善してくれそうな企業を決めていくのです。社会人の転職活動は新卒の就職活動とは違って、働きつつ、転職活動を行っていく必要があるため、時間と体力が必要でしょう。それゆえ理由を明確にせず転職活動をすれば、途中で行き詰まる可能性が高くなります。何としても転職したい、現状に変化を加えたいという強固な情熱がない場合は、転職活動を始めるのは、やめておきましょう。

  • 職を変える際の面接での身なりは会社側からクールビズでもOKと…

  • 転職時の面接に関してですがクールビズで良いとと連絡が来る場合もあります。しかし、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは本当は失礼なのでは?とマイナスに考える人もいます。そのような考えを抱え込んでしまっている方々に伝えたいのは、クールビズでも大丈夫だと言われている面接のときは言われた内容をそのまま行動に移したほうが不安要素がないです。迷って、汗をかく時期にしっかりとスーツを着用すると相手側に暑苦しく感じられますから、会社側からクールビズでお越しくださいと事前に聞かされたのならクールビズで大丈夫なのです。

  • 転職の間は、知らず知らずのうちに時間がある分、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。

  • 転職するための期間中は、そういう風にしたいわけではないのに時間に余裕がある分、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。ですが、そうした過ごし方は避けたほうが賢明です。不思議なもので、緊張感のない、だらけてしまった生活を続けると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。そのうち、働く気力も失い、生活が苦しくなり困ってしまうかもしれません。そのまま、悪いサイクルがさらにつづき、次の職場が決められません。転職先が決められなくなるのは、給料を最優先に考えてしまうからです。給料を最優先に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですから、お金に縛られないように暮らしていくためにダラケタ生活は、しないように気を引き締めましょう。

  • 退職|職を変えた場合には、大体の場合、以前の仕事の記憶は美化されます。

  • 職を変えると、高い確率で前の仕事は大方は美化された記憶となります。本当のところ現在の仕事内容にダメな点があるから、それを解決するためにせっかく転職したはずにも関わらず、過去を思い返すと転職後の会社よりも「前の職場のほうがよかった」と感じるのです。それというのは至極当然で、前職は日々の業務に慣れていて、今よりも楽に日々の業務ができていたからというのが大きい理由ですが、実際は「退職なんてしないほうが良かった」というほど、前の仕事の方がやりがいも全体的な待遇が良い可能性もあるはずです。

  • これから転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうな・・

  • 転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうならできれば「失業手当」をもらっておきましょう。この手当てはあなたが勤めている会社で「雇用保険」を支払っているのなら、必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。そして手続きは「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、働いている企業の都合での退職や、残業時間によっては、ただちに受け取ることが出来たりもします。さらに「失業手当」の金額は、会社で最後となる勤務月の直近の給料がもとになって支給する額を割り出されるので現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

  • 失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業状態でなければもらえませんが・・

  • 失業者に給付される失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。それまで働いていた期間によって変動し、90とか120日とか決定されるのですが、世の中にはこの事実を知らない人がいたりします。失業を続ける限り給付されると思い込んで失業保険で食べていけばいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき大急ぎで転職活動を開始しても好条件のところを探すのは困難です。転職を希望する会社の面接担当もアホウではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といった箇所は大よその想像が付く。状況次第では、面接時にそのような質問を食らう可能性もあります。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、採用されることはまずありません。

  • 長年接客業で働き続けてきましたが、年齢を重ねるに・・

  • 長きにわたって接客業で仕事をしていたのですが、年齢を重ねると共に立ち続けなければいけない仕事は体力的につらくて、座って仕事ができる事務系のお仕事への転職を志して活動しました。事務の経験がないとなかなか厳しくて、そこで接客経験も活かすことができる受付兼医療事務になりたいと思い資格を取得して個人病院に転職することができました。周りはベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においても複雑。夜のシフトばっかり押し付けられて、接客業時代よりも帰る時間が遅くなったのですが、最初はキャリアの形成時期と受け入れて頑張ります。

  • 退職|転職する際、今勤務している会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要があります…

  • 転職を予定しているのなら現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、自分からすすんで退職願を出して会社を去る、いわゆる自己都合退職のケースでは失業保険をすぐに受け取れません。手続きを行い、失業したことが認められてから3か月経ってやっと受け取れるのです。なので、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則を理解していない人が、ハローワーク側に落ち度があると主張してそれが原因となりハローワークの担当スタッフと揉めているのを見たことがある。例外として、社員側の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したケースでは、失業認定されてから即座に失業保険をもらえます。

  • 退職|転職を成功させたいのなら、計画的な徹底した情報を集めることが不可欠です。

  • 転職することをスムーズなものにするには、行動する前に行動をするようにしましょう。それには昨今は名前を知られていない小さな会社らしくもなく公式ホームページで企業を紹介しているケースがよくあるから、インターネット検索で自分の知りたい情報を調べておくとそれとその企業についてわからないことを整理しておくと相手の会社を知るのが容易です。それと公式ホームページの他に、「転職サイト」を利用するのもお勧めです。さらに、インターネット以外の方法として、転職の候補している職場を自身の目で判断してみるのも良いと思います。

  • 退職|転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。

  • 転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。担当者から「転職理由をお聞かせください」といった形で、聞かれることはほぼ間違いありません。そのとき、どれだけ正論だと思っても、前の職場の「人づきあい」「働く環境」に関しての不満を絡めた返答などは、できれば話さないほうがいいでしょう。なぜかというと、仮にそういった不満を回答すると、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスをダメにしてしまいます。ですから面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることがとても重要です。あくまでも「新しい職場においては、自分の能力をより発揮し、御社に貢献していきたいと考えています。」のように仕事に対して前向きな受け答えが重要です。

  • 転職エージェントは大規模であるほど、多数の案件が…

  • 大規模な転職エージェントは、潤沢な案件があるといえますが、それと同時に転職を希望するライバルも大勢います。それゆえにあなたが気になる企業を探し出したとしても、そのエージェント担当者が難しいと判断すると応募してもらえないこともかなりありますし、企業から見てあなたより高く評価されるライバルがいれば、そのライバルを優先することも考えられます。このように大規模な転職エージェントの場合、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱い案外応募できないので、考えを変えて中小クラスのエージェントたちに対し、気になる会社や案件を伝えておき、応募できないか、と尋ねておくと自分の利益を考えて行動してくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。