ある会社に派遣されて働いています。

退職|派遣社員として勤務しています。

  • ある会社に派遣されて働いています。派遣法と労働契約法により残念ながら長期間働いた会社での仕事の契約が終了します。派遣仲間の中には、派遣先から直接雇用のポストを手に入れた方もいるのですがその理由としては正直に言うと仕事の実力とは関係なく派遣先上司へのあしらいがうまくて引き立てがあった模様。仕事を遂行する能力よりも上司正社員を転がす能力の方が大事なんだねーと他の派遣のメンバーと勤務先で愚痴を言ってます。

    とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に受かりました。その…

  • ある古物商の会社で書類選考に合格しました。2、3日して相手方から面接の日時を教えてもらいました。しかし、当日、指定場所に向かうと、手違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待っていると、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、終始非常にやる気のなさそうな態度を見せて、淡々と面接を終えました。けれど、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、気になったので、自ら問い合わせてみると、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未着でそこでふたたび、電話をしたところ、どういったわけか、「残念ですが不採用になりました」、と勝手に電話が切られてしまいました。あまりのことに呆れ返ってしまいましたが、率直に、不採用で良かったと感じています。

    退職|転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠となります。

  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が大事です。ほとんどの企業は履歴書及び職務経歴書に記載されていることを見て面接するかどうかを決めるため、ともかくこれらの書類の作成が大切といえます。ただ文字を書くだけにとどまらず、内容の充実を図ることも大事です。「職務経歴書」では、これまでの職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き綴りましょう。さらに、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。前年比の売上を○パーセントアップを達成した、などわかりやすく書くのが得策です。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、上手な文章を引き出したりしてブランディングのために活用をはかることも転職を成功させるための有効な手段だといえます。

    求人広告には、普通の企業では月の給料が記載されているはずです。

  • 求人についての情報誌やサイトを見てみると、とうぜん多くの会社では月の給与等が記載されています。しかしこの月収をチェックする時には、注意して確認する事が大切です。数字だけ見てわかってしまってはいけません。そのわけは案件によっては、月収のなかに月15時間残業の場合が含まれているおそれもあります。それは残業代の金額を含めて金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも少なくないのです。それ以外にも、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せているケースもあるんです。そういうわけで、こういった「不誠実」極まりない案件は、はじめから相手にしないほうが無難です。

    転職活動のとき、気になった求人(業界)があれば、きちん…

  • 今後転職活動をするという時は、良いと思う求人(もしくは業種)を見付けるたびに忘れず「〇〇業、ブラック」でネットで調べておくべきです。求人票や転職サイトの担当者では、その業界のデメリットなどは、教えてもらえないのが普通です。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、ネット検索を活用することですぐに多くの事例に触れられるはずです。そのような検索をしないまま、入社すると、あとで入ったことを後悔してしまうおそれがあります。その求人が頻繁に出ている理由が「内容がきつく、人が辞めて穴が開く」というケースが多くを占めるため、興味をもった案件や業種については、注意してください。

    転職期間中には、自分の好きなことに時間を使うほか、体力を低下させないようにしておく・・

  • 転職先を探している間は、「趣味」に没頭することに加え、体力の低下を招かないようにしておくと良いと思います。勤め口が見つかり、復帰した時に、趣味に興じていたことによって知らない間に集中する力が養われています。さらに体力づくりも同時にできているため、その場の社員たちと比べると疲れない身体になっている、と認識します。ということで、退職後は自分の好きなことに力を入れることと、体力アップを図ることをしておくのがおすすめです。また、その職場で同じ趣味の方と巡り会えれば、親しくなれるきっかけになるので、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

    一般的に見て大きな会社は「定期採用」がメインです。ですから・・

  • 一般的に大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職で入りたい場合は、タイミングを考慮しなくてはいけません。そればかりか、都心以外だとその機会はとても少なくなりそうです。とはいえ「製造業」の企業あれば、都市部でない地方の工業団地界隈に拠点としているとても多いです。さらに、そういう工場に的を絞れば、事業分野の拡大に伴って「途中採用」をしていることが多々あるので、この好機に転職を考えるのも悪くありません。そのためには、地方の工場に転職しようと考えているなら、希望する会社についての下調べからまえもって得ておきましょう。その企業のホームページを覗いて、求人の予定がないか、しょっちゅうチェックされることをお勧めします。

    昔の求人情報には、求める人材の「性別」まで書かれているのが普通でした。

  • 一昔前の求人情報には、雇用側が必要とする「性別」について、記載されているのが一般的でした。けれど今現在では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、採用時、男女の差別をあってはいけないルールが決まり、応募条件の概要に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。それでも、働き手を募集する雇い主としては、男性・女性のどちらでも良い、とは心のうちでは考えていません。なので、本当は男手が希望の業種に女性の応募が殺到したり、女性が必要な案件に男性が来てしまい、といったようなトラブルが少なくありません。たとえば、「女性が活躍している仕事場です」と記載のある求人募集の場合は、雇用主が働き手は女性を必要としている、と解釈しておいた方が良いです。

    転職活動を始めるとき、様々な経路で情報を集めることが多いと思います・・

  • 転職活動を始めるにあたって、色々情報収集されるとは思いますが、転職に関する口コミサイトの利用を強くおすすめします。一時期、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたということで、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の復讐でその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、異なる視点から見れば、ウソの書き込みなら、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。でも、現実は『クロ』で「このままではマズイと思い、はやく火消しをしよう」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが多いのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇する心配をしなければいけないと判断して良いでしょう。というか、善良企業の場合煙など立ちません。

    退職|最初に転職を行うにあたって、頭に入れておくべきなの…

  • 人生初の転職をする場合、注意すべきことはなぜ現職を辞めなければいけないのかをハッキリしておかなくてはいけません。その理由の有無が転職の今後を決めるといっても過言ではありません。その上で問題を解消できる企業を決めていってください。卒業してからの転職活動は、学生時の就職活動とは違って、今の仕事を勤めながら就職活動を行っていく必要があることから、時間と体力がなければやっていけません。ゆえに明確な理由が頭にない状態で転職をしようとしたら、途中で行き詰まってしまう危険があります。どんな手段を使っても転職したい、現状を変えたいという強固な気持ちがなければ、転職活動にゴーサインを出すことはやめておきましょう。

    退職|職を変える際の面接についてですが会社側からクールビズでも大丈夫で・・

  • 転職の時に行われる面接時の身なりはクールビズでも大丈夫ですよと事前に言われる場合もあります。しかし、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは本当は良くないのでは?と思いがちです。そのような思いを懐に抱いている人たちに申し上げたいのが、会社側からクールビズで来ても良いとされたのであれば、書かれている内容を素直に聞き入れたほうが安心です。迷いすぎてしまい、汗がでる時期にクールビズではなくスーツを着込んでいくと相手に不自然なイメージを持たれてしまいます。ですから、会社側からクールビズでもOKと言われたらクールビズで行く方が好ましいのです。

    転職活動中は、そういう風にしたいわけではないのに時間に余裕があるため・・

  • 転職の間は、どうしても、時間があるため、気が緩んでしまい、ダラダラと過ごしてしまいがちです。・・であったとしても、そんな生活を常態化させるのはキケンです。人というのは、だれた生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。気づけば、仕事をしようとする意欲が湧かず、生活が苦しくなり困る事態となりかねません。そのまま、悪いサイクルがさらにつづき、転職先を見付けることが難しくなってしまいます。転職先を決められないのは、もらえるお金を第一に考えてしまうためです。お金を一番に考えざるを得なくなると仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラけた姿勢は、しないように常に意識を持ちましょう。

    職を変えた場合には、だいたいの場合は以前の会社の仕事…

  • 職を変えると、大体の場合、前の会社の仕事でのたいていの記憶は美化されます。本当のところ今の職に問題があるから、そういった思いをクリアするためにやっとのことで再就職を決意したはずなのに、時間が過ぎるとともに不思議と「前の職場のほうが良いのでは?」と思う機会が増えてきます。当たり前で、以前の職では業務を把握していて、楽に日常の業務が淡々とこなせていたからというのがもっとも理由にあると思います。その一方、「やっぱり転職なんてしないほうが良かった」と心底後悔するほど、前職のほうが環境や職場環境も良いケースもあります。

    退職|近いうちに転職活動をする人のなかで、次までの仕事に期間がある方は…

  • 今年中に転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これは現在の会社が社員に「雇用保険」を払ってくれている場合は、申請をすればだれでももらえます。また、手続きについては「ハローワーク」で行います。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、今の企業の都合や残業時間によってはただちに受け取れることもあります。「失業手当」の金額については、最後となる月の近々の給料を基準にして算出されるため、企業に繁忙期や閑散期がある方は「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

    失業者が受け取れる失業保険は、失業していることが給付の必要条件です…

  • 失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、給付される期間が定められています。給付期間は、これまでの勤続期間によって変わり、90日とか120日とか決められるのですがこの事実を知らない人がいたりします。失業を続ける限り給付されると勘違いして働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き焦って仕事探しを始めてもロクなことにならない可能性が高いです。転職候補となる会社の面接官もバカではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった内容はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。状況によっては、面接時にそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、9割がた受かりません。

    退職|長年接客業で働き続けてきましたが、歳をとるにつれて立ったまま行う仕…

  • 長く接客業で務めていたのですが、加齢とともに立ち続けなければいけない仕事は体力的につらくて、座り仕事である事務系のお仕事への転職を視野に入れて行動にうつりました。事務の経験がないとなるとわりと難しくて、だから接客経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと思い資格も取って個人の医院に転職をしました。周りは超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係も複雑。夜間のシフトばっかり押し付けられ、接客の仕事をしていた時よりも帰宅時間が遅くなったのですが、初めはキャリアを作る時期だと諦めて頑張ります。