あなたが転職活動をされているのなら、良いと思う求人(もしくは業界)…

退職|転職活動をするのなら、気になる求人(業種)を見た…

  • これから転職活動をされるなら、気になった求人(あるいは職種)があったら、しっかり「〇〇業、ブラック」とインターネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントの情報では、その業界に関するマイナス要素について、アドバイスしてもらえません。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、簡易的なインターネット検索によっていとも簡単に本来の姿を理解できるでしょう。そのような現実を知らずに仕事を始めてしまうと、あとで落胆してしまう可能性もあります。だいたい求人が出されていた理由が「内容がキツイから人がすぐに辞めてしまう」というケースがかなり多くあります。気になる案件・業種については、下調べをしてから応募することを心がけましょう。
  • 転職先を探している期間は、趣味に没頭したり、体力の低下を招かないようにしてお…

  • 転職期間では、趣味に時間を費やすほか、体力の向上を意識しておくと良いでしょう。再就職先が決まり、いざ仕事を再始動したときに、趣味に没頭していた影響で、気付かないうちに集中する力が養われます。加えて、体力アップしていることでその場の社員と比べると疲れない体になっているということを認識します。ということで、退職して転社先が決まるまでは自分の好きなことに没頭することと、体力アップを図ることをしておくのがベストです。また、職場のなかで同様の趣味の人と出会えれば、友達になれるキッカケにもなります。ですから、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。
  • 一般的観点からすると大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなの・・

  • たいていの場合は大きな会社は定期採用中心です。ですから、転職で入る事は中々難しいものです。おまけに、地方でとなると転職のチャンスがきびしくなります。ただし、製造業の企業の場合においては、都市部でない地方の工業団地付近に製造工場を置いている可能性があります。また、そのような工場なら、事業拡大時等に中途採用する事が結構あります。このタイミングに転職するのもいいでしょう。そのためには、地方の工場に転職したいと考えているなら、その地方の工業団地の会社を事前に得ておきましょう。その企業のHPをチェックし、求人がないかときどき確認すると良いでしょう。
  • 何年か前までの求人情報では、雇用側の希望する「性別」…

  • 数年前の求人情報では、募集要項の中に「性別」が、きちんと書かれていました。ところが今現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、雇用時、男女差別があってはならないルールが決まり、求人情報のなかに「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そういった変化があるものの、働き手を募集する雇い主としては、実はどちらが希望と言う想いがあるはずです。そのため、実際は男性希望の企業に女性が応募してきたり、女性希望の会社に男性が応募してくる、といった感じのトラブルが多々発生しています。仮に、「女性が活躍している仕事場です」の記載がある場合、求めているのは女性だと解釈しておいたほうがトラブルを回避できます。
  • 退職|転職活動をするとき、いろんな経路で情報を収集するのが通常だと思います・・

  • 転職活動を開始するにあたって、様々な手段で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは本当に役に立ちます。以前、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせとしてその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、別の角度から見れば、書き込みの内容が嘘であれば、会社としては放っておけばいいようにも思えます。しかしながら、本当は『クロ』で「本当のことを書かれてしまったので、はやく火消しをしよう」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることで注目されるので黙認しますが、悪い口コミが多いのは、それだけトラブルに遭遇するリスクが高い地雷企業であると判断して問題ないでしょう。何より、本当にいい会社であれば煙は立ちません。
  • 最初に転職をするのであれば、注意しなければいけない・・

  • 初めて転職を行う際、注意すべきことはどうして現在の仕事を去るのかを頭の中で整理しておくことだと考えられます。その理由が根本問題なので、必ずやっておく必要があります。問題解消が見込める会社を選びましょう。既卒者の転職活動は、学生時の就職活動とは性質が大きく異なり、今の仕事を行いながら就職活動をしていくことから、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。理由を明確にせず転職活動をしてしまうと、途中で行き詰まってしまう場合があります。「必ず転職したい!」「現状をなんとか変えたい!」という強固な情熱がない場合は、転職活動をスタートするのはやめておきましょう。
  • 退職|転職時の面接に関してですが企業側からクールビズでも大丈夫です…

  • 再就職をする際の面接での身なりは企業側からクールビズでもOKとと書かれている場合もあります。しかし、なかには、クールビズの格好は本当は失礼なのでは?と考えてしまいます。クールビズに関する不安を懐に感じている人に進言したいのは、企業側からクールビズでも良いとされているのであれば、言われたことを守った方が正しいです。迷ってしまい、夏の真っ盛りの時期にクールビズでないと相手に暑苦しいと思われます。ですから、企業側からクールビズでもOKと書かれていたらクールビズでいくのが望ましいです。
  • 退職|転職期間ではそういう風にしたいわけではないのに気が緩んでしまい・・

  • 再就職先を探している間は、知らず知らずのうちにダラケタ生活になってしまいます。しかし、そうした生活を習慣にするのはキケンです。というのも、緊張感のない、だれた生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響が出やすいためです。気づけば、仕事をしようとする意欲がなくなり、お金が回らなくなって困る事態となりかねません。そんな状態になると、生活も仕事も悪循環になり次の仕事が決められません。再就職先を決めることができないのは、もらえるお金を最優先に考えてしまうからです。給料を第一に転職先を探すことになるとやりがいを求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですので、お金に縛られない生活をしていく上で、だれた生活は、しないように気を引き締めましょう。
  • 職を変えると、だいたいの場合は以前の会社の仕事でのほとんどの記憶は美化されます。

  • 仕事を変えた際には、だいたいの場合はそれまでの仕事でのたいていは美化された記憶となります。現実には今の職務に不満を覚えるから、良い方向に進みたいとどうにか再就職を決めたはずなのに、気がつくと、どうしてかわからないけれど「前職のほうが良いのでは?」と思うことは多いです。それというのも普通で、前の職場では仕事の手順に慣れていて、簡単に日常の業務をこなせていたからというのが一番の理由にあるでしょう。けれども「やっぱり退職などするべきでなかった」と思うほど、前の会社の方が労働環境が良い事も考えられます。
  • 転職活動を考えている人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのな・・

  • 年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら忘れずに「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。失業手当は今働いている会社で社員に「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取れます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、勤めている会社都合の退職だったり、残業時間次第でただちにもらえる場合もあります。このときの、もらえる「失業手当」の金額は、最後に働いた月の直近の給料を基に支給する額を算出されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。
  • 失業した際に受け取れる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、…

  • 失業した際に受け取れる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、給付される期間について規定があります。給付期間は、これまでの勤続期間によって変わり、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、なんとこういった現実を知らない人が一定数います。失業を続ける限りもらえると思い込んで失業保険が給付されるからと遊び続けている人もいますが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り焦って職を探し始めても良い結果にならない可能性が高いのです。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」位はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。相手によっては、面接の時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、9割がた受かりません。
  • 長期間接客関係で仕事を行ってきましたが、年齢的に立った仕・・

  • 長きにわたって接客関係で働いていたのですが、加齢が原因か立ったままのお仕事は体力的にハードなため、事務系のお仕事へ転職することを目指して行動しました。事務の経験がないとけっこう厳しくて、だから接客の経験も活かせる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も取って個人病院に転職をしました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係においてもややこしい。いつも夜のシフトを押し付けられて、接客業で働いていた時より帰る時間も遅いのですが、最初の頃はキャリア形成をするんだと受け入れて頑張ります。
  • 転職のために今勤務している会社を退社する時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりません…

  • 転職を予定しているのなら失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、もし自らの希望によって退職願を提出して会社を去る、いわゆる自己都合退職においてはすぐさま失業保険が出るのではなく手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3ヶ月経ないともらえないのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経てばもらえると勘違いしている人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してその結果としてハローワークのスタッフと大声でやりあっているのを見たことがあります。なお、労働者側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定を受けたのち直ちに失業保険を受け取ることができます。
  • 退職|後悔しない転職を目指すのなら、最初に情報を収集することを徹底してみましょう。

  • 転職を成功させたいのなら、事前に行動するようにしましょう。それには今は名前も知らないような小さな企業であろうともHPで会社を紹介している場合がほとんどですので、インターネットを駆使して色々と必要事項を調べておくとそれとよくわからないことなどをチェックしておくと相手の会社を知るのが容易です。加えて公式サイトに加え、「転職サイト」を利用するのも意外な発見があるはずです。そのほか、インターネット以外の方法として何よりも転職候補にしている職場を自分自身で見てチェックしてみることも大切です。
  • 退職|転職のための面接では気を付けておきたい点があります。

  • 転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。担当者から「転職理由をお聞かせください」とかなりの確率で質問されます。その際、いくら正論だと思っても、前の仕事場での「人づきあい」「働く環境」が良くなかった回答は、できるだけ話すのはやめておきましょう。というのも、こういった話をしてしまうと、採用の可能性をダメにしてしまいます。面接時には前向きな発言がかなり大切です。、実際の理由とは違っていても、「新しい職場では自身の能力を十分に発揮し、会社にも充分に貢献していこうと思います。」のようなアピールの仕方が必要とされます。
  • 「就職エージェント」の大手になると、様々な案件を扱って…

  • 就職エージェントの大手に限って、豊富な案件を持っているという長所がありますが、他方、競合する転職希望者も多いです。そのため気になる企業を探し出したとしても、担当スタッフの側が望みがないと判断すると応募してもらえないこともよくありますし、企業から見てあなたよりも有能だと評価される人がいると、そのライバルを優先することも考えられます。大手エージェントの場合は、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱い非常に難しいので、策略を変更して規模が大きくないエージェントに対し、候補としてる会社や案件を伝えてみて、応募できませんか?と相談してみると、自分の利益を考えて働きかけてくれることもあるので、そのような感じで利用してみるのも良いと思います。