「シフト制」の業務についてです。

これはシフト制の仕事についてです。

シフトのある仕事についてです。特定の曜日に勤務できる人を募集する求人を結構見ますが、休む手順やシフトの出し方については面接の際にチェックしておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は以前出産のため休む人の代わりに正社員として仕事に就いたのですが、私のシフトが土日が固定シフトで新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前にいた女性が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私もそのように思われていたみたいです・・・。ですから「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変わってもらうときは、職場の先輩たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自分で交渉しないといけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。思い返してみると本当によく我慢してやってこれたと思います。

いい転職をしようと転職活動の際に「今までにこうい・・

今やっている転職活動をしているときに、「自分はこれまでずっとこういう仕事を長く続けました」「仕事の中で手にした技術は、、、です」とそれまでの自分自身の実績・セールスポイントをがっしりアピールしようと考える人はよく目にします。が、転職希望する新たな企業で「機会があればこういった仕事をしたい」「私が言ったような内容の業務ならぜひ貢献したい」と未来の展望を話して自身をアピールしていくほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

このように現在の雇用事情が目まぐるしく変わってきた・・

ここ最近の企業の労働背景が慌ただしく変わってきたことに関して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い人たちが特にチェックし、気にかけているようです。大方、転職とキャリアアップを考えているのでしょう。こういった背景から労働者・サラリーマンといった層の「流動化」が年々大きくなっているので、次第に今後、転職への注目が増えると考えられます。このような社会情勢の中、一つの会社に縛られない生き方は当然のことと認識されていくでしょう。「終身雇用制度」が実在したしていた頃には転職者をする人は、それだけで経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思い通りにいかないこともたくさんあったのです。社会の流れが変わり現在の会社に執着する必要は段々と薄れてきています。

新しい職を探すのに、まずは今働いているところを辞めて…

転職活動をスタートする際、働いている会社の退社手続きを終えてから転職しようと考える人もいますが、それなら次のボーナスがいつ入るのかを事前に確認しておくのが無難です。ボーナスのある企業は多いですが、ボーナスがあるのであれば、ボーナスが入る日が目前に迫っているのであれば、支給日を待って辞めるという手も良い手です。ボーナスはなかなか大きい額になると思うので、もらわなきゃ損ということも断言することができますから、職場を変えようと思い始めたらいつまで待てばボーナスが入ってくるのかを確認するのを忘れないようにするのが良いです。

転職するため職探しをするときに注意すべき求人情報は、…

就職のため職探しをする場合に注意したほうがよい求人情報は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束される時間が長めであるというものです。このような求人内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合が多いです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間とか45時間という感じで求人の内容に時間が書いてあります。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、前もって給料形態に残業代を組み込む、といったことです。(ちなみに、これは合法です)仮に求人に『みなし残業代45時間込』という表記は「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料です」という意味になるわけです。ただし、悪質な求人情報ではこの『みなし』という言葉自体がことも少なくないので注意をしておきましょう。

退職|友人や知人からの紹介を通じて転職する先を見付ける人がいます。

友人や知人の紹介で転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。しかし、転職をした先の労働環境やその他の労働条件といった部分について知っている人の口コミを信用しすぎるとあまりキケンです。というのはある特定の人の口コミというのは、主観的な色合いが強く、客観性に乏しいためです。要するに友人の立場では居心地の良い職場であっても、自分の価値観に照らし合わせたときには、イライラするだけの可能性があります。でもその逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミを過剰に信用しないように、最後は自分の目で確かめておくことも大切です。

もし転職することを、今勤めている会社の人たちがそのことを知ってしまうと…

転職することが、今の会社にいる人たちがあなたの退職を知ると職場の空気が一変することがあります。周りとの付き合い方によっては、問題はないこともありますが、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。酷い場合には、残業時間を増やされることもあるので、軽率に「転職します」と周囲に言うのはお勧めしません。上記のようなトラブルを避けるためにも、今現在の職場では、真面目な態度でいましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い状態を最後まで保ちつつ、最高の形で会社を辞めることができます。しかも、円満退職となったなら、退職後も、あなたが困った際には相談できるチャンスも手に入るはずです。業種などに関係なく、どこの会社も、人とのつながりは大切なので、退職前のトラブルは、充分に注意しておきましょう。

退職|転職は、最初の第一歩は希望している企業そのものより・・

転職活動では、企業とのやりとりよりも採用担当の面接係員とのやり取りが重要といってもいいでしょう。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、ゼッタイに面接だからといって平常心で対応しましょう。例を挙げると女性とお見合いをする心構えで向かうと良いかもしれません。とくに面接官は第一にあなたの内面的な部分を判定してもらうので悪い印象を与える態度は注意しやめましょう。常識的な社会人らしくきちんと整った服装を意識してください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に企業に適した人材と認識されれば、かならず良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

退職|派遣で会社で働いています。派遣法と労働契約法により残念なこと…

派遣で働いています。派遣法や労働契約法のせいで残念ですがずっと働いた就業先での仕事があと数週間で終わります。同じ派遣である方の中には、派遣の勤務先から正社員の地位をゲットした方もいるのですが採用された理由としてははっきり言って仕事の腕がよいというよりは派遣先の上司へのごますりが得意な方でそのおかげで採用されたように思えます。テクニカルスキルよりもおじさんにゴマをする能力の方が必要なんじゃないのと別の派遣のメンバーと派遣先の職場で愚痴を言う日々です。

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をパスしました。2、3日…

ある古物商の人員募集にて、書類審査に受かったので、先方から、面接予定日を連絡してもらいました。ですが、面接日当日、指定場所に向かうと、どうしたものか相手が面接の用意を全くしていませんでした。ようやく、所長と思しき人が面接中も半ば聞きというか、始終驚くほどやる気のなさそうな態度を見せて、面接は終わりました。予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、ガマンできなくなり、私から問い合わせてみたところ、「郵送で今日送った」と告げられました。しばらく待っていましたが、届くことはありませんでした。そこでもう一度連絡をした結果、「今回は見送らせてもらいました」と有無を言わせずに電話が切られてしまいました。私は呆れ果てて言葉も出ませんでしたが、内心、採用されなくてよかったです。

退職|転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書が重要です。

転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が必須だとされています。大半の企業は、履歴書と職務経歴書に記載されていることを考慮して面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚の書類の作成が重要といえます。ただ穴を埋めさえすればいいというわけではなく、記載内容が充実していることも大切です。「職務経歴書」は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり書き出しましょう。さらに、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。例をあげれば残業時間を何時間減らしました、などわかりやすく記載しましょう。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、上手な文章を引き出したりして自分のブランディングのために転職エージェントを利用することも一つの手です。

求人関連の情報では、ほとんどの場合、まともな株式会社・・

求人についての情報を見てみると、大部分の場合は大部分の会社では月にもらえるお金が記載されているはずです。だけれどもこの月収の欄を見る時には、注意して確認する事が大切です。その額の多い少ないだけ見て納得しないようにしましょう。そのわけは会社によっては、月収の内訳で「毎月10時間分の残業」を含んでいるかもしれません。残業代をトータルすることで好条件であるかのように見せ、人材を募集している場合もあります。このほか、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せているケースもあったります。ですから、こうして可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社はスルーしておくのが無難といえます。

転職活動のさなか、気になった求人(OR 職種)があれば…

転職活動のさなか、良いと思う求人(もしくは職種)があれば、必ず「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで検索してみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からはその業界に関するマイナスにあたる箇所は、知ることはできません。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、ネット検索によってカンタンにすぐに現実を知ることができます。そうした検索をしないまま、入社すると、直後にガッカリしてしまう可能性が高いです。だいたい求人が頻繁に出ている理由が「仕事内容がキツイから人がすぐに辞めてしまう」というケースが少なくないのです。気になる業種や案件に関しては、疑問点を払拭した上で、応募することを心がけましょう。

転職期間のあいだは、自分の好きなことに時間を使うほ…

転職期間では、趣味に打ち込むほか、体力の低下を招かないようにしておくと良いと思います。勤務先が見つかり、いざ仕事を再開した際に、趣味に打ち込んでいたおかげで気付かない間に集中力が上がります。また体力を補っている事で、他の社員と比べるとスタミナがあると認識します。そのため、退職して次の仕事を始めるまでは興味のあるなことに力を入れることと、体力を維持させるように努力をしておいて損はありません。この先、職場のなかで同じ趣味の人と知り合えたなら、会話が盛り上がるので、趣味をとことんまで極めることも転職期間の自由な時間の使い方です。

一般的に見て一流企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、…

大企業は定期採用中心で、転職希望者には不向きです。加えて、田舎のほうでとなると転職の可能性がたいへん低くなるでしょう。例外的に、製造業の場合には、都市部でない地方の工業団地界隈に工場展開している事もはずです。また、そのような工場の場合、事業拡大の際に「人員募集」を行っているので、そういった好機に転職を検討してみるのも有りです。そのためには、地方の工場での転職を希望される場合は、転職を希望する企業についての下調べから得ておきましょう。その企業のホームページをチェックし、人員募集の有無など、時々確認すると良いでしょう。

今までの求人情報では、「性別」が記載されていました。

以前は求人情報では、募集要項の中に「性別」が、はっきりと書かれていました。けれど現在では、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、男女差別が雇用の際にあってはいけないルールが決まり、求人情報の中身に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。とはいえ、求人する会社側には男性・女性どちらでも同等に雇用するとは限りません。実際に、本当は男性を必要とするジャンルに、女性が募集にやってきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性が応募してきたり、というような問題に遭遇する可能性があります。もし、「女性が活躍している職場です」という内容の求人募集は、求めているのは女性だと認識したほうが無難です。